スポンサーリンク

外遊び屋です。
キャンプは楽しんだもの勝ち!他人に迷惑をかけなければそれ以外は自由と思います。
安全性の自己責任っていうところはちょっと難しいですけどね。
硬い話はともかく!
キャンプは「楽しい」と思えば他人に何を言われようが関係ありません。
かつてカヤックガイドの先輩はカヤックをこう表現しました。
「カヤックは自然に逆らわなければ他人と競わなくてもよい。何より自分と競う事もない」
ちょっとグッときました。キャンプも競う訳でも評価されるものではない。
自分が楽しければ!と言ってもSNSの「いいね」は嬉しい物ですね。人間難しい(笑)
その前振りの上で!今回も失敗たっぷりの素人丸出しのキャンプレポです。
「そんなことする必要あるの?」
「必要無くても楽しそうだからするんです」!
ちなみに久しぶりに火付けに失敗です(;^_^A

1 フェザースティックづくりでナイフの使いやすさを知る!

ラプカ
到着後焚火の準備です。
今回使いたかった焚火台はMAAGZのラプカです。
手作りで溶接の跡が非常に綺麗!
また今回は風防を着けていますがフレームが魅力的でフレーム越しの景色も好きな見て楽しむ焚火台です。
もちろんそれだけじゃないですけどね。
このラプカをしこたま楽しもうと着火もいつもと違う雰囲気で行きました。
それが
薪を割る
薪を割り、小割を作り
フェザースティック風
フェザーを作って火を起こす。これだけ。
しかしキャンプは発見が多いですね!
最近好んで薪割りに使っていたのが

共柄鉈!
エビ鉈とまた違った雰囲気で縄のグリップに曲線が美しい鉈です。
ガシガシ使って大きな薪もぱっかんと割ってくれる爽快感が気に入っています。
しかしこの日は小枝という事で、ナイフ一本で挑みました。
共柄鉈と違いますが、割る時のナイフの自重と言い、そのまま削る作業に入れるスムーズさといい、ナイフのスマートさを楽しませてくれました。
使っているのは

ユニフレームのブッシュクラフトナイフ!握りやすいグリップでシリコンなのでショックを吸収してくれるのもありがたい素人にはピッタリのナイフなんです(^^
なので外遊び屋との相性もばっちり!
フェザースティックの失敗
不器用な外遊び屋はもちろんうまく削れるはずもなく削りかすを集めて
焚火に着火
着火しました!
が・・・敢え無く秒殺!どうやらこの薪湿気ています(;^_^A
薪作り
拾った薪を切ったものなのでちょっと早かったかな。
ブッシュクラフトナイフもそうですが良い刃物と出会うと使いたくなりますからね。

素人キャンパーは道具を使うだけでも十分に楽しいんです。
必要があるとかではなく単に使いたいだけ(笑)

スポンサーリンク

2 結果着火剤に頼る焚火の火起こし!

時間をかければフェザーで火がつけれると思いますが、楽しんだので着火剤に変更しました。
結果的には
ラプカに火が入る
すぐに着火に成功!
このフラットな火床がラプカのお気に入りのポイントです。
焚火台って灰が集まるシステムになっています。それに蓄熱されて火持ちがよくなったり、火が着きやすかったりします。
しかしラプカは勝手に炭は集まらないし、薪も中心に向かて集まらず、なんなら転がっていくこともあります。
それを組みなおしたり、薪を置いていくのが楽しい焚火台です。
ラプカ
直火に近い感じの楽しみ方が出来ます。
いい感じ・・・。

3 最後に

まずは火を起こしただけのレポートとなりましたがお気に入りのアイテムを使うのも素人的には楽しいんです。
特に今回ナイフやノコギリはついつい使いたくなります。
実際「使わなければいけない」時には面倒に感じますけどね(;^_^A
単に焚火を熾す。それだけでも色々な使う道具もあり、違う火のつけ方もあります。

これだけで素人キャンパーは楽しめるです。
キャンプ飯
キャンプ飯のレビューはまた後日!

 

 

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう