スポンサーリンク

外遊び屋です。
冬キャンプは人も虫も少なくまったりとじっくり時間の過ごせるキャンプが楽しめます。
しかしその冬キャンプの敵の一つが風です。
乾燥する時期でもあり、風が強いと焚火をする事が危険になり火器が使えないという事もあります。
だからと言ってキャンプ自体はやめたくない!
テントに籠ってコタツ、そして外の音を感じながらのおこもりキャンプは人気のあるスタイルの1つ!
ポタ電を使って冬ならではキャンプ飯レポートです。

1 テント内をあったかく!マットは多め!

さて残念ながらこの日は風が強く焚火が出来る状態ではありませんでした。
周りが芝なので風が吹いて危険!無理は禁物です。
おこもりキャンプならばと
マット多めのオコモリキャンプ
下からの冷気を遮断するためにマット多めです。
ここに
おこもりキャンプのテント内
焚き火テーブル2つとマットの上にルーマニア軍のポンチョを敷きます。
少し温かくなるかなと(;^_^A

そして要となるポータブル電源を設置!
ポータブル電源
537WHのEB55です。
これから電源をとって
電熱ベスト
電熱ベストをオン!

延長ケーブルで長くしてあるのでひざ掛けとして使えばコタツ代わりになります。
また寝る時にも寝袋に入れることで温かくなるので電熱ベストは冬キャンプにホント便利です。

この上に
アウトドアブランケット
軽量でコンパクトになるのに暖かいブランケットをかけてコタツ代わり完了!

今回一人ですがサイズ的には2人でも温まれそうなコタツが出来ました。
ぬくぬくとしながら大好きなアニメを見ながらまったり乾杯!
おこもりキャンプ
この時間がたまりません(笑)

スポンサーリンク

2 テント内で安全暖かキャンプ飯!

さてお酒を飲みながら見ているとつまみが欲しくなります。
とはいえ本日は焚火調理出来ず、テント内です。
そんな時に便利なのが
二段式電気飯盒
2段式の電気炊飯器!
これは消費電力が300Wほどなので広くポータブル電源で使えます。
しかも

同時に3つまで調理できるので、時間と電力を節約しながら楽しむことができる炊飯器なんです。
でもお米を炊くわけではありません。
今回は下の段に
牡蠣の土手鍋
牡蠣と白菜そして
赤味噌
赤味噌を使って土手鍋風!
そして上の段には
牡蠣バター
牡蠣とバターとニンニクにぽんずを変えてバター焼き風にします。
牡蠣三昧!なんせ
牡蠣の売り出し
牡蠣が値引きされていたのでたっぷりと買ってきました(^^
これを炊飯器に入れて
電気炊飯器で調理
まつこと10分程度!
これで
牡蠣の土手鍋完成
土手鍋とニンニクバター炒め風が完成です。
牡蠣土手鍋
プルプル!
今年の牡蠣は小さいと聞いていましたが、味は濃厚!やっぱりうまい!
さらに
牡蠣バターニンニク炒め
ニンニクバター炒め風も完璧!
ウマイ!
良いあてが出来、満足です。
テント内で調理すると水蒸気が出るので少しテント内が温かくなる気もします。
コタツで温かく食べるものでも暖まる。
そして目の前にはお気に入りの動画!
なんていい時間でしょう!
家ではついつい色々動いてしまうので、こうやって止まってダラダラすることができるのもキャンプならではですね。
うまい!

3 最後に

今回はポータブル電源を使ってのおこもりキャンプ飯でした。
寒さ対策ももちろんできるし、温か料理が安全に楽しめるのも便利です。
何より「今日は風があるから中止!」とキャンプを諦めないで済むのも大きなメリットですね。
いや「焚火を楽しむんだ!」など絶対やりたいことがあった場合は諦めるしかありませんけどね(;^_^A
キャンプもご安全に!
今回使ったポータブル電源は「BLUETTI EB55」です。大容量ながら2日この雰囲気で使えています。

また商品スペックなどは下から

 

 


 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事