ユニフレームの10年前の新旧アイテムで焚火デイキャンプ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
久しぶりにテーマで遊びたいな~って思っていた朝・・・
天気予報が雨から曇りに変わりました!
ならば!ちょっと楽しくユニフレームのアイテムをメインに遊ぼうじゃないかと
急きょ焚火デイキャンプに出発です。
いや・・・最近購入した
竹が焦げだす
ユニフレームのファイアグリルsoloを使いたかったんですね。
また外遊び屋のアイテムがちょっとユニフレームに傾いているので
そのあたりを集めて行ってきました。
かなり昔のユニフレームのアイテムも登場です。
どんな楽しみ方が出来るかな?

1.今は廃盤!砂浜にピッタリのサンシェード!

今回は雨の可能性もあったので、タープを張るよりテント的な方が良いと判断していました。
また目的地が砂浜なので自立する方が良いな~って思ったのもあり・・・
ユニフレームのサンシェード
既に廃盤になっているユニフレームのサンシェードを持って行きました。
カヤックガイドの大先輩からいただいたものです。昔はガイドしている時にお客さん用に使っていたものとか。
いや、なかなか優秀なのが、付属しているペグがプラペグで酢案浜に強い!
また前もたっぷり出ているので中まで砂が入りにくいんですね。
よく考えてあるサンシェードです。フレームなどもごつく10年以上前の物と聞いていますが
全く今でも遜色なく使えます。いや・・・いい物をいただいた!
ドーム型に近いので設営も楽なんですね(^^
ポップアップのテントよりアウトドア感も出てお気に入りです。
シェードを張ってテンションが上がったところで、
早速焚火の準備に入ります。

スポンサーリンク

2.やっぱり使い心地良い「燕三条乃斧」

今回使うと決めていた焚火台が
先日発売されたばかりのファイアグリルsoloです。
大きさが30cm以下なので薪をちょっと使いやすく成形しなければなりません。
バトニングというほどの事をしているわけではありませんが
コツコツと薪で叩いて割っていくのがどんどん楽しくなるんですよ(^^
というのも
燕三条乃斧でバトニング
刃厚が5mmとそんなに分厚くないので薪に食い込みやすいんです。
またグリップがしっかり衝撃を吸収してくれるので続けて薪を割っていくのに負担になりません。
詳しいレビューは

今回もこれでこんこん割っていくので・・・
燕三条乃斧で薪割り
サクッと薪を作ることが出来ました(^^
いやこの後もまだ割ったので倍近くの薪を作っています。
ホント薪割りが楽しいって思える斧に出会えたのは幸せです(^^
ついでにこれでフェザー的な物もできないかとチャレンジしましたが・・・
フェザースティックもどき
これはナイフで作りました。基本的に毛羽立っていれば火が着くので
あえて丸くすることは少なくなりましたね。でもこの油断が後で大きな公開となります。
ちなみにやっぱり斧では削れませんでした。研ぎなおせば行けるか?とも思いましたが
まぁそこまでしなくてもいいかと。

3.ファイアグリルsoloに着火する!

せっかくなので
火打石で着火する
最近のマイブーム火打石で着火します。
火打石の石を変えただけで劇的に着火率が上がったので楽しくて仕方ないんですね。

火打石難しいな~って思っている方!

ぜひこの方法をお試しください。不器用へたくそな外遊び屋も3回ほどで
チャークロスの着火
チャークロスに火が着きました(^^
最近ここまでは失敗無しです。
後はこれをアサヒモをほぐした物に包んで先ほどのフェザーもどきに火が着けば完成です。
着火準備ができる焚火台
すぐに煙が上がって来ました。
中々の効率です(^^
さらに吹くと・・・
着火にここまでは成功のファイアグリルsolo
炎が上がって毛羽立った部分に引火しました!
こうなれば成功だろうと一生懸命写真に収めようとしていると・・・
徐々に下火に・・・これだと燃えているのが分かるでしょ?
数十秒後・・・ただの種火へと戻りました・・・くぅ!
もう一度やろうかと思ったのですが、お尻が決まっているので
この種火に着火剤を入れて・・・
焚火に着火!
もちろんそりゃ焚火がちゃんとできます。
まぁ取り合えず炎が上がるまで成功するようになったという事でいいじゃないですか。
このまま食事の準備に入りますが、長くなるので今回は着火編だけです(^^

4.最後に 

今回はユニフレームのアイテムをメインにデイキャンプを組み立てました。
10年前のシェードもまだまだ現役!さすがユニフレームと感心です。
またファイアグリルsoloは楽しいですが、やっぱり小さい分薪を選びますね。
それでも可愛いのでユニフレームファンとしては満足の品物です。
焚火・・・やっぱり癒されます。

 

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事