キャンプの灯りに迷ったら!ランタンの選び方!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
梅雨が明ければキャンプシーズン!という方も多いでしょう。
外遊び屋的にはできれば寒い方が好きなんですが
夏は日が長いのでランタンを付ける時間が短く、夜の調理なんかもやり安いというメリットはあります。
それでもキャンプに欠かせないランタン!
おススメランタンは数限りなくありますが、今回はスタイルに合わせて使い別けるランタンの選び方を紹介。
というか外遊び屋がどんな感じで持って行っているか?そんなところです。
ランタンには灯りという重要要素がありますが、雰囲気を盛り上げてくれるアイテムであることも事実!
このあたりを踏まえながら紹介します!

1.ファミリーなど多人数なとき

いったい何個のランタンが必要だろう?って疑問は誰しも持つもの。
ファミリーなどの不慣れな人がいることを考えると

こちらに記事に書いた通りですが、
ランタンというより場を照らす照明的な物が良くなります。
特に不慣れな方がおられるときにはLEDを使うのが無難ですかね。
外遊び屋は

ゴールゼロのライトハウスを使用しています。
元々はカヤックキャンプだったため燃料系は持ち運びたくなかったんでLEDは重宝しました。
また自家発電可能なので万が一の時にも頑張れば再点灯できるというのも魅力でした。
今でも防災用として家の取り出しやすいところにあります。
また色々な人を招待したときには持って行きますね(^^
扱いやすいですから。
この経験から複数置くことが前提なら明るさは400ルーメンくらいあれば結構明るいです。
ちなみに明るいランタンを1個設置だけだと影が出来て見にくいです。
なのでイメージとしては全体の照明と手元ライトを持っておく。この位ですかね。
手元ライトは

可愛いたねほおずきが結構気に入っています。かなり点灯時間も長いですからね。
詳しいレビューは

こちらをごらんください。ただ値段がな~って方は
こちらも外遊び屋は使っています。200時間以上点くので安心して使えます。
ちなみにタイムセールでは2,000円以下になるので時間に余裕があるときには、待ってみても良いかと思います。

スポンサーリンク

2.ソロキャンプなどの少人数な時

焚火をする方はほぼ焚火で足りるんじゃないかと思いますが、
手元ライトがあれば十分に足ります。外遊び屋はたねほおずきと先ほどのライトを持って行きます。
単にずぼらなので電池切れが怖いので。
ただ大人数の時もそうですが、ランタンに雰囲気を求めるのもソロだとその気持ちが強くなります。
やっぱりね・・・
ランタンに火を入れる
オイルランタンは欠かせないかな~と思います。
外遊び屋が使うのは

やっぱり自然の味が出る銀色です(^^
オイルの管理は

一応ガソリン携行缶に入れています。そこまで必要かとよく言われますが
ワンミスが許されるものではないので一応ね。

スポイトを使用して入れています。
ただこの系統のハリケーンランタンを使っている方は結構多い!
なので

こんなのもいいなと思っているところです。
ただオイルランタンは覚悟しておいていただきたいのが
決して明るくないということです。これでいわゆる「照らす」というのはかなり無理があります。
なので・・・期待せずに(^^;
ちなみにオイルランタンのオイルには虫除けオイルがあります。

殺虫ではないので虫が来ない訳ではなく、来る数が減るといったところですが
外遊び屋には相性がよく香りもいいし、確実に虫も減りました。
虫除けは1つだけで頼れないので複数組み合わせの1つには良いですよ(^^
オイルランタンの詳しい使い方は

3.雰囲気のあるランタン

ランタンは灯りだけじゃないので雰囲気あるものも持っていると、キャンプの気分が盛り上がります。
先ほどはその例としてオイルランタンを上げました。
でもオイルの扱いがちょっと不安だな~っていう方には

コールマンの名品ルミエール。
さらにキャプテンスタッグの

同じようなモデルがあります。テーブルに一つあると雰囲気出ますよね。
他にも
UCOキャンドルランタン
キャンドルランタン!
コンパクトになるので徒歩などの移動でも安心して持ち運べるうえに
キャンドルなの非常に扱いやすいです。
また・・・

虫を寄せにくいキャンドルもあるので、これを付けて灯りにすれば
蚊除けの効果も発揮してくれます。なかなか最近お気に入りのアイテムですね(^^

先ほどの画像にはこのランタンに

フラットリフレクターが付いております。
これが着いた方が雰囲気があって好きですね(^^

4.最後に 

どのシチュエーションにも欲しいのがヘッドライトです。
懐中電灯としても使えるし、やはり頭の動きに合わせて照らせるのは細かい仕事をするときには便利です。
具体的にはローブの張り直しや料理ですね。この時に暗いと結構やりづらいですから。
あと指向性があるので、夜の闇で物音がした時にそのあたりを照らせます。
案外ランタンではその場所を照らすことができないのでドキドキしなければなりません(^^;
外遊び屋的にはあんまり大きくない物がいいですね。大きいと邪魔なので常に首にかけていて邪魔にならないサイズ。
そんなのが良いと思います。
とランタンのシチュエーション別を書きたかったのですが、書きたいことが多すぎてカオス化しました。
またうまくまとめて書きたいと思います。
ランタン・・・好きなんですよね・・・・。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事