夏キャンプの絶対外せないポイント!3つの虫対策!2020年度版
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
遂にこの時期になりました。
その相手は・・・虫!特に「蚊等」と名指しをします。
先日友人がファミリーキャンプを楽しんだそうですが、
ブトにやられてその後家族からの非難が凄いと言っていました。
本人も寝れないほど痒いと・・・。
外遊び屋も経験があります。
しかも今年は相方も夏キャンプに行きたいと言い出したので
鉄壁の虫対策を行う必要があります。
100歩譲って暑くて寝れないはその日限りですが、「痒い」というのは後日まで響きます。
しかし虫対策は簡単にできるものではない!これさえ押さえれば大丈夫!というものはないので
3重の策で今年は挑む予定です。これまでの実績と合わせていきたいと思います!

1.夏キャンプの虫対策①到着時の対策!

キャンプは基本的に虫たちのエリアにこちらからお邪魔するという概念です。
それが野営地であろうと、無料キャンプ場であろうと、高規格キャンプ場であろうと
キャンプ場は虫たちのフィールドです。そこに我々がお邪魔するので、まず行った場所には虫たちが居る。
そう思っておいた方がいいでしょう。これを申し訳ないながらちょっと避けてもらう。
それが第1の対策になります。そのアイテムが・・・

やぶ蚊がいなくなるスプレー!なんか安くなりましたよね。
前買っていた時は900円位したと記憶しています。
主に庭キャンプでお客さんが来る時に撒いておくと確かにやぶ蚊が少なくなるんですよね。
気持ちの問題かもしれませんが。とりあえずこれを撒いておけば夜の間効いてくれます。
さらに今年ちょっと気になるのが

マダニにも効くスプレー。キャンプの最初にこれを撒いておけばちょっと安心かな。
どちらかは持って行きますね。

スポンサーリンク

2.夏キャンプの虫対策②空間の対策

とりえあず最初に空間を作り、その後にその空間に虫を寄せないという過程です。
森林香が強力と有名ですが、外遊び屋は普通の蚊取り線香です。
特にキャンプ場では

大型の蚊取り線香を使用します。12時間とありますが10時間程度で考えておくのが無難かな。
これを自分たちが過ごすスペースの四隅に置いて結界を張るイメージです。
日本の蚊取り線香はどれも結構効果があると思っていますので、安めの物を数置く方のが外遊び屋流です。
ただ!大型やジャンボは普通の蚊遣りに入らない事があります。
とくに外遊び屋のお気に入りの
塩味を付けながら食べる
豚の蚊遣りには入らないんですね( ;∀;)
なので大きい物が入る蚊遣りが必要です。
外遊び屋は去年Seriaで発売された
Seriaの蚊遣り
このタイプを使用しています。これなら大きい物を使えますからね(^^
ただ火がむき出しなので小さなお子様がおられる場合は十分にご注意ください。

3.夏キャンプの虫対策③体の対策

最後の防衛はやはり肌になります。まずは露出を減らすという事です。
たまにキャンプ場に行くと上半身裸の方がおられますが、蚊や虫の事を思うとちゃんと着ておいた方がいいでしょう。
出来れば長袖長ズボンがいいです。それでもよく刺されるのが・・・「首」が着くところです。
手首・足首・首ですね。特に足首は気づきにくいので長い靴下を履いていた方がいいです。
外遊び屋は釣りですが、足首を集中的に噛まれてかなりきつい思いをしたことがあります。
蚊と言っても油断召されるな!土地によって、また体質によっても腫れ上がります。
この時は足が腫れて翌日クツがはけなかった上に、履くとこすれて痒くなる!なので・・・十分に対策を!
また虫よけスプレーも有効です。
外遊び屋が絶対の信頼を置くのは

高いです。でも子供や赤ちゃんにも安心して使える優しい虫除けです。
実は外遊び屋は無人島キャンプに行く途中に虫除けスプレーを忘れたことに気が付き
とりあえず寄った島で唯一売っていた虫除けがこれでした。
高いけど仕方ないので買いましたが・・・効果絶大!
人がいない無人島でのキャンプは蚊もかなり飢えていてある程度寄ってくるのですが
これを使った時は全く刺されませんでした。もちろん行った島との相性もあるのかもしれません。
でもそれ以来の信頼を置いている虫よけスプレーです。
ストックもあるのでこれで今年は乗り越えたいと思います。
ただ・・・庭キャンプなどでは

最安値のこちらを使用しています。ちなみにホームセンターでは2本で700円位で売ってます。
効果もあるので普段はこちらですね(^^

4.最後に 

虫除け3つの対策を紹介しました!
ただもう一つ対策は行います。
虫除けランタンですね(^^
外遊び屋は
ハリケーンランタンとビール
ハリケーンランタンに虫除けオイルを入れて一応対策します。

外遊び屋的には効果を感じています。
もう一つが
青い虫除けキャンドル
UCOの虫除けキャンドルですね。
オイルランタンが持って行けない局面でも簡単に持ち運べるので重宝しています。

こちらはコンパクトになるので持ち運びにも便利。

カヤックで行く離党キャンプの時に便利ですね。
8時間くらい燃えてくれるので1本あれば十分に一晩持ちます。
一応2本持って行きますけどね(^^
今年は万全の態勢で挑みますよ(^^

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事