スポンサーリンク

外遊び屋です。
比較的温暖な瀬戸内海沿岸に住んでいるので、冬キャンプの冷え込みもそこまでではありません。
-3℃くらい?
これでも寒く感じますけどね(;^_^A
冬キャンプは寒い事は覚悟していますが、やっぱり温かく過ごしたいのは人情という物ものです。
しかしあまりかさ張るものも持って行きたくない!そんな時に便利なのが電熱ベストです。

この電熱ベストは着るだけでなく、テント内でも寝袋でも有効な温かアイテムとなります
今回はこの電熱ベストの外遊び屋的キャンプの使い方と、選ぶ時に参考にしてほしいポイントを紹介していきます。
これ一枚で電熱寝袋や、マット、コタツの代用が出来ますよ!

1 コタツに寝袋に!電熱ベストで寝る時も温かく!

電熱ベストはモバイルバッテリーに接続して服が温かくなるというベストです。

アウターとして着るというより、アウターの中に着ることで熱を閉じ込めて温かくするベストです。
これだけですが、温かくなりますよ。
ヒートパネルの数などで温かさは変わりますが、モバイルバッテリーの重さだけでカイロより温かくなる冬には便利な温かアイテムです。
しかしキャンプでは着るだけでな他の使い方で温かくもなります。

ひざ掛けに使ってコタツ代わり!

おこもりキャンプでテント内でぬくぬく過ごすというのも冬キャンプのスタイルの一つです。
牡蠣バターニンニク炒め
お気に入りの動画を見ながらキャンプ飯を食べだらだらと外の夕景をみるのも悪くありません。
この時にひざ掛けに電熱ベストを使う事でコタツ気分で温まれます
アウトドアブランケット
下の黒い物が電熱ベスト!さらに熱を閉じ込めるためにアウトドアブランケットを使用しました。

ブランケットの効果と相まって暖かいんですよね。
ソロでコタツキャンプ!でも荷物を軽くしたいって時には便利な使い方です。
ただ本家のコタツほどは温かくないですよ。あくまで雰囲気で暖かいといったくらいです。
でもこの上半身をコタツに潜り込ませる感じ!なかなか良いです(笑)

寝袋に入れて中からあたためる!

寝袋に湯たんぽを入れる方も多いですが、その感覚で中に敷いて使います。
着て寝ればいいのですが、あまり厚着をすると窮屈に感じる方も多いはず。
そんな時には下に敷いたり、中で上からかけるすることで温かくなります
寝袋
さらに上からブランケットをかけても温かくなります。
寝袋の上からかけてスイッチを入れてもあまり温かくならないのでご注意ください。

この一枚で色々なシーンが温かくなります。また移動時は着れるので携行にも便利です。

スポンサーリンク

2 冬キャンプの電熱ベストの選ぶポイント!

外遊び屋が使ってみて「これがあると便利だな」というポイントをあげていきたいと思います。

安心のために温度制御機能付きが便利!

温かくなるとウトウトすることもありますし、なるべく温かくなりたいと温度を上げすぎることがあります。
低温火傷などの危険も出てくるので、安心安全のために高温にならない制御機能付きの物が便利です。

衛生面も考えて丸洗い機能付き!

寒いとはいえ温かくするとじっとりと汗をかくこともあります。
またキャンプでは思いもよらぬ汚れなどの可能性もあります。
そんな時の為にも丸洗いできるものが便利です。
電熱ベストは電気機器なので、どれでも洗濯できるとは限りません。
購入前にはしっかり注意してください。

2つ以上のスイッチ機能が便利!

電熱ベストはそれぞれ入っているヒーターの枚数が違います。また前面と背面など設置されている場所も分かれています。
この時前面だけ、背面だけ、両方とスイッチが別れている方が無駄な電力を使わずに節電できます
寝袋でかけている時にも全部ついている必要が無い事もありますし、コタツなら背面だけでかけておいてもあったかいです。
キャンプで長く使えるようにスイッチ機能が別れている物が使いやすいです。

意外と便利!モバイルバッテリー付き!

一番気を使うのは「何時間持つか」というところだと思います。
大きなバッテリーを使えば長時間持ちます。しかし大きなバッテリーって重いんですよね。
電熱ベストを買って今持っているモバイルバッテリーを使う場合にはその重さもチェックしておいてください。
案外肩の凝る重さの時があります。
また自分でバッテリーを用意したときにはそのバッテリーで何時間くらい持つかの目安が難しい時があります。
面倒な場合はモバイルバッテリー付きのベストを選んだ方が確実です。
約何時間使えるなど書いていますし持ち歩ける重さになっています。
もちろんこのバッテリーは通常のモバイルバッテリーとして使える物もあるので、ベスト専用でない物がおススメです。

3 電熱ベストを探してみよう!

今はワークマンなどでも販売しているので、実店舗でも簡単に手に入ります。
外遊び屋が今使っているのは

ヒーターが15枚入ってバッテリー付きの物です。
16時間使えるので1泊のキャンプなら十分の時間が使えます。
洗濯もでき、背面にたっぷりのヒーターがあるのかけても温かいです。
またAmazonでは格安品が沢山あります。

バッテリー付きで5000円を切るくらいの物もあります。
値段は色々あるので好みに応じて選ぶことができますよ。

5 最後に

冬キャンプの寒さ対策に電熱ベストを紹介してきました。
着て行けるというのはホント便利です。移動の時の場所をとらないので。
しっかり寒さ対策して楽しい冬キャプを楽しみましょう!

 

 

 


 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事