スポンサーリンク

外遊び屋です。
先日海キャンプに行ってきました!
食にこだわりいたい外遊び屋!今回はかならず炭火が必要と判断しコンパクト焚火台をサブで持って行きました。
笑S B-6君
頼れる相棒B-6君!
コンパクトになり
炭火
家でも大活躍しています。
このB-6君のお陰で
うちわえびを炭火で焼く
炭火焼きを作ったり
B-6君で炭火焼き
つぼ焼きにしたりと大活躍でした。
コンパクトで持ち運びやすくてよい焚火台です。

笑’s「B-6君」を50回以上使用してレビュー!驚く耐久性と使い安さ!
ただもう少し軽い物があってもいいかなと思いました。
ちょっと気になるものをピックアップしたので比べてみたいと思います。

1 気になる3台の焚火台!

早速3つ紹介していきます。
まず気になったのが

Pedoleco 小型バーベキューコンロ!組み立て式でコンパクトになります。
使いやすそうなものと、平らになるのがちょっと魅力です。
続いてが

キャプテンスタッグのコンロ!こちらも平らになるので持ち運びやすく、燃料がサイドから入るのが便利なアイテムです。
そしてもう一つ!
焚き火台 焚火台 バーベキューコンロ 五徳 超軽量 携帯便利 組立簡単 1~2人用 收纳袋付
組立が簡単な廉価版コンロ!この3つを比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

2 3つの焚火台を比較してみよう!

早速それぞれのスペックを比較していきたいと思います。
●展開サイズ!
Pedoleco:約22.5×22.5×13cm
キャプテンスタッグ:1約5 × 17 × 14.5 cm
廉価版コンロ:約15 × 12 × 14 cm
大体同じくらいですかね。Pedolecoがちょっと大きいですが、実際三角形なので感じ的には同じくらいかなと思います。
●収納サイズ!
Pedoleco:約27×22.5cm(収納袋のサイズ)
キャプテンスタッグ:約20×18cm
廉価版コンロ:約21× 14 cm
Pedolecoが本体のサイズを見つけられれなかったので、収納袋のサイズです。
サイズ感的にはどれも変わらないので持ち運びは簡単そうですね。
●重量!
Pedoleco:約530g
キャプテンスタッグ:約290g
廉価版コンロ:約125g
どれも決して重くはないので、ザックに入れておいても問題ないレベルかな。
●価格!
Pedoleco:5,380円
キャプテンスタッグ:1,698円
廉価版コンロ:2,080円
全てAmazonでの値段です。Pedolecoは高く見えますが、45㎝の耐火シート付なので一概に高いとは言えませんね。
でも耐火シートあるから単品で売って欲しいかな。そうすると同価格帯になりそうなんですけどね~。
大きさ的には廉価版のコンロかな~って思います。
キャプテンスタッグの燃料補給が楽な点も魅力なのですが、上部が狭くなっているので実際焼ける範囲は狭いかな。
もっとも魅力を感じるのはもちろんPedolecoですが、値段が他の倍以上と考えると二の足を踏んでしまいますかね。
ちょっと重いし。そうなると可もないのですが、不可もない廉価版コンロが最も理想に近いのかなと思います。
値段は今300円OFFクーポンも出ているので買いやすいんですよね。

3 最後に

さて急ぐことは無いので、じっくり考えていきたいと思います。
実際B-6君ありますからね。
これを忘れた時用に、どこかに滑り込ませておきたいと思っているくらいなので主力で考えていません。
となると

その用途ではこの魅力の高い焚火台はちょっともったいないかな。じっくりとお付き合いしたいタイプでもありますしね。
また

キャプテンスタッグの物もアルストの五徳としても使っていきたいところですが、今回はちょっと違うかな。
どちらかというとウッドストーブとかそんな感じだし。
となると結局

最も安いこれですかね。でもどうせならワンサイズ上の
こちらもありかな。ちょっと大きいくらいです。
あっ!結局ぶれてきてるやないか~~~!!

 


 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事