DODの新商品!「オシリピッカリーノ3世」は可愛いLEDランタン!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
DODからまた楽しい物が出ましたよ!
名前がいい!「オシリピッカリーノ3世」。
余談ですが歴史上3代目がしっかりしているとその組織は長く続くと思っています。
3世だから3代目という訳じゃないですが、この商品がうまく言えばオシリピッカリーノ家は安泰でしょうかね(^^
失礼!
このまるで蛍のような名前の商品はLEDランタンです。
オイルランタンも人気ですが、ベアボーンズなどオシャレでかっこいいランタンも大人気です。
そこに新たに参入してきたのがこの「オシリピッカリーノ3世」です。
どこかレトロで懐かしいこのランタンを詳しく見ていきたいと思います。

1.DODの「オシリピッカリーノ3世」っていったい何?

名前がいったい何なんだと思うかもしれませんね(^^;
しかも商品ページの始まりが面白い!
「LOOK AT MY BUTT LIGHTING」とあります。Google翻訳によると「私のお尻の照明を見てください」という意味だそうです。
やっぱり蛍なんでしょうね(^^
その全体写真が

(出典:DOD公式HPより)
こちらです。これはタンで

(出典:DOD公式HPより)
ブラックの2色です。確かにブラックは蛍っぽい!
フレームが足に見立てるといよいよ蛍っぽく見えます。
でもこのフレームがレイルロードランタンの彷彿させますね。
なるほど!

スポンサーリンク

2.DOD「オシリピッカリーノ3世」のちょっと気になるポイント!

蛍の様でレトロ。なるほど懐古的なランタンですが気になる点もおあります。

(出典:DOD公式HPより)
ちょっと面白いなと思ったのが真下に影が出来ない構造だそうです。
外遊び屋的にランタンを直上にかけることは少なかったのであまり気にしていなかったのですが、確かに下に影のできやすいランタンあるよなと思いました。
この構造なら

(出典:DOD公式HPより)
テントの屋根に吊るしても満遍なく照らしてくれそうです。
さらに気になったのが

(出典:DOD公式HPより)
無段階調光!しかも弱くすると60時間点灯するそうです。
これいいですね!常夜灯として夜中にずっとつけれいられますし、いざという時に防災用にも心強い!
USB充電でバッテリーとしても使えるので防災用品と見ても優秀かなと思います。
オシャレだけではなく実用性も高い!個人的には暖色系なので落ち着く雰囲気にしてくれそうです。

3.DOD「オシリピッカリーノ3世」基本スペック!

オシリピッカリーノ3世の基本的なスペックを見ておきたいと思います。
●サイズ:直径9.7×高さ15.2cmハンドルを立てた状態:(約)H22cmUSBケーブル長さ:(約)30cm
意外と小さいというイメージです。ベアボーンズのレイルロードランタンほどは大きくないですね。
●重量:410g
これなら安心してテントの天井に吊るせる重さです。重いとフレームに負担がかかりそうで怖い(^^;
●明るさ:最大250lm最小20lm無段階調光
結構明るいです。スノーピークのたねほおずきが60lmほどなので250lmあればファミリーでも遜色なく使えると思います。
●点灯時間:5~60時間(最大明るさ~最小明るさ)
最大だと冬場には夜中にバッテリー切れを起こしそうなので、ちょっと控えめで使った方が良さそうです。
ただ最低限の灯りであれば60時間ですからね。安心して使えます。
●その他:防水性:IPX4
防水性もある程度ある様です。
●価格:7,700円(税送料込)
DOD公式オンラインショップのみの発売です。意外と高くないなというイメージを持ちました。

4.その他魅力的なLEDランタン!

オシリピッカリーノ3世もなかなか楽しそうなLEDランタンです。
雰囲気も悪くないですからね。しかしこのタイプのランタン。ベアボーンズが発売してから人気ですね!

吊り下げ型ではちょっとお安めのこんな感じなのもあります。かわいいな~って思い欲しい物リスト保管中(^^;
明るさも380lmなので十分にあります。とにかく手が出やすい価格(^^;
またロゴスからは

ちょっと可愛めの物も出ています。また先ほど

こんなのも見つけました(^^;
色々あるんですね。ランタンも。ちなみに外遊び屋は

コチラを使用しています。2000円位で買えて無段階調光の暖色。最大240時間くらい点灯する便利なLEDライトです。
詳しくは下の記事をご覧ください。

5.最後に 

DODまた面白ランタンを出してきましたね。ファミリーのランタンとしてもソロのランタンとしても良さそうです。
名前はちょっと言いづらい環境があるかもしれませんが、性能は悪くなさそうです。
オシリピッカリーノ3世!頑張れ3世!

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事