スノーピーク13年使えるクッカー「ケトルNO1」の実力レビュー!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
恐らく外遊び屋が初めて自分で購入したクッカー!
それがスノーピークのケトルNO1です。
その実物がこちらです。
スノーピーク「ケトルNO1」
13年間ことあるごとに実践投入されてきた強者です。
焚火にハマる前はイワタニのジュニアバーナーと共にカヤックキャンプで愛用しているコンビでした。
この「ケトルNO1」!実際使っているとケトルだけでなくクッカーとしても優秀!
13年使い続けた感想と使勝手の良さを詳しく紹介していきたいと思います!
迷っているなら買いだと自信を持って言えるクッカーです!

1.スノーピーク「ケトルNO1」はソロでもファミリーでも使える!

まずはスノーピーク「ケトルNO1」の基本スペックから!

弦もありハンドルも付いているクッカーです。
使っているうちに
スノーピークケトル「NO1」を13年使った姿
ちょっと黒がかった銀色に変わってきます。
いわゆるケトルの様にヤカン型ではなく横に注ぎ口が付いているクッカーといったイメージです。
弦を上にあげて火から遠くして置けば、熱くて火から下ろせないという事もないですし、ハンドルがあるので湯も注ぎやすく扱いやすいケトルです。
●サイズ:φ120×80mm
●容量:0.9ℓ
それほど大きなサイズではありません。しかし満水量が0.9ℓなのでたっぷり目のお湯が沸かせます。
カップ麺に必要なお湯の量が375mlと言われるので、2つ分は楽に沸かせます。
コーヒーなら3人分くらいか4人分くらい淹れられますね。
コンパクトでソロ用と思われがちですが、ちょっと湯を沸かすのにいいサイズのケトルです。
●重量:255g
外遊び屋はULや登山をするわけではないのでこの重さがどうかという判断は難しいのですが、それほど重くは思っていません。
●材質:ステンレス
アルミが多いクッカーの中で素材がステンレスです。
そのお陰でアルミとはまた違った育ち方をしますね。
スノーピーク「ケトルNO1」
煤がアルミよりも取れやすい気もしています。しかも時間が経つにつれて黒が効いた銀。いぶし銀のイメージになってきます。
この育ち方もいいなぁと思いながら見ています。
大きさ的にはソロ用と思いがちですが、湯を沸かすという点に関しては複数人数でも対応できるケトルですね。
クッカーとしてはソロ用、ケトルとしては多人数対応出来るイメージです。
ソロ用クッカーとしては
スノーピークのケトルNO1で作るさっぱりさーめん
スタンダードにインスタントラーメンを1つ作るのにちょうど良いサイズです。
ただ作るのはラーメンだけでないし、このケトルとしての形状が便利なんですよ!
このケトルNO1はクッカーとしても色々使い安い優秀なアイテムです!

スポンサーリンク

2.スノーピーク「ケトルNO1」でお米を炊く!

スノーピークのケトル「NO1」はお米を2合まで炊くことが出来ます。
ケトルNO1でお米を炊く
この時は1合少々でしたが、2合炊いた事もあります。
お米炊くだけならデュオや3人まで行けるかな(^^
スノーピーク「ケトルNO1」でお米を炊く
綺麗に炊けています。
注ぎ口が蒸気を逃がしてくれるので吹きこぼれにくく、また吹いてもそこから出るので検討が着きやすいです。
蓋はきっちり締まるわけではないので、重りの薪を置いたりしますが、蒸気が抜ける分周りを汚す心配が少ないです。
1合ならほぼ吹きこぼれることはありませんが、2合炊くときはそれなり覚悟が要ります(^^;
この注ぎ口。いい仕事してくれますよ!(^^

3.スノーピーク「ケトルNO1」はパスタも作りやすい!

再びこの注ぎ口を使用します。
ケトルNO1でパスタを湯がく
高さのあるクッカーではないので茹でる時はパスタを半分に折っていますが、茹で上がった後この注ぎ口から湯切りをすれば簡単です。
ちょっとお箸で押さえておけばパスタが逃げることもほぼないでしょう(^^
パスタを湯がいた後ざるにあげて湯切りをするのが面倒だという方でもこれなら「パスタ作ろうかな」って気になります。
スノーピーク「ケトルNO1」でパスタ造り
お気に入りのバターとふりかけのパスタ!美味しいんですよね(^^
色々出来るのでただのクッカーよりも使い安いという点も多々ありますよ。
先日このケトルNO1でワンバーナークッキングに挑戦しています。

いつかいいレシピを集めて一つの記事にしたいと思います。
ケトルとしても使い安く、ソロ用のクッカーとしても優秀な流石スノーピークと思えるアイテムですよ。

3.スノーピーク「ケトルNO1」と似ているクッカー!

優秀でお気に入りのクッカー「ケトルNO1」ですが、2022年6月現在価格が暴騰しています。
外遊び屋が買った当時は2,000円ちょうどでした。そこから値上がりし、スノーピークのオンラインショップでは2,700円となっています。
これ自体は原材料の値上がりなど想像できるのでスノーピークといえども無茶な値上げとは思っていません。
ただ品薄になっての転売価格が

6,000円台や

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スノーピーク(snow peak) ケトル No1 0.9L CS-068
価格:8304円(税込、送料無料) (2022/6/27時点)

8,000円台となるとちょっとそれは違うな~って思います。
ならばとちょっと同じようなクッカーを探してみました。
こうなると強い鹿番長ことキャプテンスタッグ!

こちらのケトル!弦はありませんがこのハンドルが

横に付け替えることが出来る上に

収納時にはコンパクトになります。
これで値段が1,724円です(Amazon価格)
いや流石鹿番長!助かりますといった感じですかね(^^
ちなみにチタン製の同じ形状の物もあります。

ただやっぱり弦が欲しいなぁという方には

ちょっと大きめですがPEAKS&TREESのマルチキャンプケトル!
1ℓですが

弦もハンドルも付いています。
ただお値段は3,960円とややケトルNO1やキャプテンスタッグの物より高めです。
というのもこちらは新潟県燕三条地方の国内生産です。
スノーピークもある地方ですね。そこで作られたケトル!なので多少は高くなるかなと思います。
意味のある値段なら検討の余地があるかなと思います(^^
スノーピークも国内生産なのかな?ちょっと見つけられなかったので分かりませんでした。

4.最後に 

スノーピーク「ケトルNO1」の使用感などを書いてきました。
実際13年使っていますが、変形や不具合は全く出ていません。
ホントしっかりしたアイテムだなと思います。それゆえに人気は高いんでしょうね。
早く価格が正常に戻って欲しいなぁ。

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事