ピコグリル398の耐久性などレビュー!100回使っても飽きない焚火台!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
もっとも使用頻度の高い焚き火台がピコグリル398です。
UCOキャンドルランタン
携行性、燃焼効率、そして薪を選ばないので焚火をするのが楽で楽しい焚火台です。
絶対的な信頼感を持っており
カヤックキャンプ
予想外の事ばかり起るカヤックキャンプには必ず携行する焚火台です。
焚火台コレクターの外遊び屋が100回使っても飽きることのないであろう焚火台!
今回は何度使ったかわからない使用しても魅力を感じるピコグリル398の魅力や耐久性、そして自由度の高さを熱くレビューしていきたいと思います。
ファンが多いのも納得の一台です。

1.ピコグリル398は頼れる焚火台!

ピコグリル398はキャンプユーチューバーのヒロシさんが使用して一躍有名になった焚火台です。
ピコグリル398
A4サイズの収納で厚さは殆どありません。
この専用の収納ケースの中には
ピコグリル398
フレームとロストルが入っています。
組み立て方は簡単です。
ピコグリル398
まずフレームを四角に広げます。全部くっついているのでパタパタと広げるイメージです。
慣れないうちはどちらが上か迷う事もありますが、使っているうちに煤が付いて上になる側が分かりやすくなります。
開いたらこの上に
ピコグリル398
ロストルをはめて完成!ものの1分で組み上がる簡単な焚火台です。
組立サイズは38.5cm×26cm×24.5cm、収納サイズは33.5cm×23.5cm×1cm 。
使用時は3人くらいでも火は囲めますが、クッカーは3つ乗せるのが精いっぱいくらいです。
アルミクッカー
外遊び屋はソロかデュオで使う事が多いです。
収納が薄い上に、重量が約450gなのでカバンの中や、ザックの背中のところ。
カヤックキャンプではハッチの一番上に置いています。
カヤックのパッキングでピコグリル
紙のような収納サイズなので、隙間に滑り込ませるのにぴったりです。
ピコグリル
燃焼効率は最高!太い薪もくべることが出来、燃やし尽くしてくれます。
またカヤックキャンプの時などは
UCO キャンドルランタン
大きな薪もそのまま入れられるので、細工をしなくてもいいのもお気に入りのポイントです。
持ち運びしやすく、燃焼効率もよく、そして汎用性が高い!これ以上ないというほどの焚火台の誉め言葉が並びます。
しかしこの軽量!耐久性も少し心配になります!

スポンサーリンク

2.ピコグリル398は耐久性高い!熱変形しないフレーム!

物を軽くしようとすれば、薄くしたり、中を空洞にしたりすれば案外簡単です。
しかし軽くしながら、丈夫な物を作るとなると一気にプロの技になります。
ピコグリル398は凄いなと思いました。たとえ何度、何時間焚き火をしていても
ピコグリル398
この可動部がスムーズに動くんです。またフレーム自体に歪みも全くありません。
可動部の動きには感動を覚えるくらいです。緩すぎず固すぎず、
ピコグリル収納時
買った時から同じスムーズさを担保してくれています。
ちなみに類似品を使っている友人もいましたが、この可動部がくっついてなかったり、また熱変形で離れなく無くなったり、フレームが歪んでしまったりした友人もいました。
同じような軽量な焚き火台ですが、ピコグリル398の耐久性には驚かされます。
ただロストルは一度交換しています。
原因は
キャンティーンで湯を沸かす
いつも満水のキャンティーンをロストル内に入れて湯を沸かしていたので、負担がかかったものと思います。
ピコグリル398の破損

ちょっとした破損ですが、このまま崩壊しても困るので、ピコグリル398を卒業かと覚悟しましたが