ユニフレームだけじゃない!お米を炊くのが楽しくなるキャンプギア!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンプクッカーは大体の物が蓋さえあればお米を炊くことは出来ます。
最悪蓋が無くてもお米を炊くこと自体は可能で、ちょっと上を閉じれれば完成する炊き方もあります。
新情報!絶対失敗しないキャンプでお米の炊き方!
色んなお米の炊き方があるなぁと思います。
ぶっちゃけ
タケノコご飯完成!
竹でもお米が炊けるんで何とでもなるなぁと思います(^^
外遊び屋がもっとも信頼していて、失敗せず美味しいお米が炊けるソロ用のクッカーは
ご飯の炊きあがり
スノーピークのアルミパーソナルクッカーです。

スノーピーク「アルミパーソナルクッカー」20回以上使ってレビュー!
ホント使いやすいクッカーです。
しかし今回はちょっと毛色を変えて、キャンプであまり使わないようなクッカーの紹介です。
いやどれもお気に入りだけど、いつでも使えるという物ではないかな。でも美味しいので詳しく見ていきたいと思います!

1.風情のあるクッカー!釜飯!

なんだかんだと言って結構気に入っているのが
土鍋羽釜
陶器の羽釜です。
500円程度で買うことが出来て、形も良いし、また土鍋で炊いたご飯の様に美味しいです。
炊き上がり
うん!いい感じ!
焚き火では使ったことが無いのですが、アルコールストーブや、炭火。もちろんガスでも問題なくお米が炊けます。
炊き上がりも綺麗でお米も美味しいですよ(^^

中に保存食付きの物もあるんですね。ちょっと欲しいなぁ。
だいたい1合弱のお米が炊けるのと安価なのは便利なのですが、陶器というところがキャンプにはちょっと不便かな。
でもこの風情のあるたたずまいが好きですね~(^^

ホント楽天でも500円位で買えます(^^

スポンサーリンク

2.やっぱり美味しい南部の鉄鍋!

ダッチオーブンで炊くお米は美味しいと聞いたことがある方も多いはず。
圧力がかかるので中でお米が動いて、美味しく炊けるそうです。
ただ外遊び屋はダッチオーブンでお米を炊いたことがありません。理由は簡単。防錆に薄く油をひいているので、お米を炊くときに油が出るんじゃないかと不安なんです。
しかし、現在使っている
南部鉄器
南部鉄器の鉄鍋!
これは使用頻度も高い事とお米を炊きたいので防錆の為の油はしいていません。
それでも錆びないので使う事が一番の錆対策かもしれませんね(^^
こちらは焚火でもガスでも炭でもIHでも安心して使える鉄鍋!
羽が大きいので薪などに引っ掛けて五徳の代わりをさせることもできます。
便利なんですよね(^^
南部鉄器の及富さんの鉄鍋で決してキャンプ用ではないですが使い勝手の良い小型ダッチオーブンとして愛用中!
詳しい情報は及富さんの公式HPをご覧ください。
もちろん使いやすいので
お米
これで炊くご飯に失敗はありません。
炊きあがったご飯を蒸らすときにも高い蓄熱性で保温してくれているので、寒い冬場も冷めることが無く、食べる時にはアツアツなのが嬉しいところです(^^
ダッチオーブンの事をブラックポットというらしいですが、まさに一生もののブラックポットになりそうです(^^

3.新規購入!0.8合用羽釜!

先日購入しました!

0.8合用の羽釜です。
キャンプで羽釜と言えば

ユニフレームのキャンプ羽釜がメジャーです。
外遊び屋も
キャンプ羽釜
愛用しています。
ユニフレームのキャンプ羽釜3合炊きのレビュー!3年目の使用感を追記!
これで炊くお米はホント美味しい!この羽釜との出会いが、キャンプのお米炊きの概念を変えたと言っても良いくらいの存在です。
今でもお気に入りですが、相方も気に入ったため焚火での使用が禁止されております(^^;
煤だらけにしたくないらしいので。なので一人用の羽釜が欲しいなぁとは常々思っていました。
そして出会ったのが

0.8合用!
ちょうど良いサイズ感です(^^
まだ使い込んでいませんが
ちょこっと家電
車中泊を想定してのちょこっと家電で炊いてみました。
羽釜
満足な炊き上がり!なによりウマイ!!
とりあえず焚火でお米を炊いてみたいと思います!
その時には詳しくレビューしたいと思います(^^

4.最後に 

こだわりのソロキャンプ用炊飯器を3つ挙げました。
どれも楽しいんですよね。そして美味しい!
外遊び屋的にはアイテムを使うのもキャンプの楽しみの一つなので、その日の気分で使うクッカーが決められる幸せもあるんですね。
まだまだ可能性はあるクッカーたちなのでお米以外の出番も多くなりそうです(^^

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事