冬キャンプがグッと楽なる!かさ張る冬用アイテムをコンパクト化!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
冬のキャンプは人も虫も少ないので、より楽しい時間が過ごせます。
一方で寒さ対策は重要になります。
冬キャンプの0度まで耐える寒さ対策!手軽にできる対策と注意点!
秋や冬キャンプの寒さ対策!無電源でもあったかく過ごす方法!
しかしこれらの対策にも問題があります。それが荷物がかさ張る事!
徒歩キャンプなどの荷物が限られる場合はもちろんのこと車の積載にも防寒具は大きな場所を取る存在です。
この荷物がかさ張る!という問題を解決できるのではないかというアイテムを提供していただきました!
それが
コンパック
こちらのCOMPACKの圧縮袋です。使ってみてちょっと感動しました!
これを使えば冬キャンプの荷物が小さくなるのはもちろんカヤックキャンプも楽になりそうです!
ちょっと詳しくレポート指定と思います!

1.COMPACK圧縮袋の効果が凄い!

さて冬の寒さ対策の代表格と言えば
寝袋
冬用寝袋です。これがホントに大きい!外遊び屋はモンベルのバロウバック#1を使用しています。
これ一つで冬は安心!という訳ではありませんが、もう5年以上冬キャンプを支えてくれている寝袋です。
収納サイズはモンベルの公式HPで∅22.8×45cmとなっていてそれなりに大きさがあります。
3人分の寝袋を車に乗せると積載スペースを圧迫するのはいつものことでした。
しかしこれを
COMPACK
COMPACKの圧縮袋に入れて、圧縮をかけてみました。
COMPACK
なんと半分程度!今回実験で寝袋の収納袋ごと入れたのでこのくらいですが、寝袋だけで圧縮かければまだ小さくりそうです。
圧縮前は手に乗せてカメラで画像を撮るのが大変でしたが、圧縮後は簡単に撮れるくらいの大きさ!これはいいなぁ!
さらに
COMPACK
グランドシートを入れてみます。
グランドシートは240×220センチのタープとしても使えるシートです。
タープの設営
コチラで使用中(^^

こちらのシートも
COMPACK
COMPACK圧縮袋にいれて圧縮をかければ
COMPACK
このサイズ!これは便利!!
商品紹介には30%から50%を圧縮できるとあります。
たしかにいい!これならテントも圧縮できるのでカヤックにバックパックキャンプにも便利そうです!
また濡れた物を入れても圧縮できるので雨や夜露に濡れたテントなどのナイロン袋撤収の時にもコンパクト収納出来るのも魅力ですね。
冬キャンプだけじゃなく、荷物をコンパクトにしたいときに着替えや上着、そしてテントも小さくできそうです!

スポンサーリンク

2.COMPACK圧縮袋の便利な大きさ!

圧縮袋は色々ありますし、実際使ってきました。
このCOMPACKの圧縮袋が便利だなと思った一つの点が大きさです。
COMPACK
50×70cmとかなり大きいで点です。
このサイズであれば先ほどのタープにもなるシートも余裕で入りますし、最近話題のー11℃まで対応してくれるコールマンの寝袋も難なく入ります。

この収納サイズが約52×29×38cmなので半分くらいにあるのかなと思うと積載が楽になりそうです(^^
また寝袋だけではなく

アメニティドームSもフライシートなどを収納出来コンパクトにできる様です。
この圧縮袋のサイズ!ホント助かりそうです(^^
夏のカヤックキャンプもテントが小さくできて運搬できそうです(^^

3.COMPACKの圧縮袋は使い方も簡単!

圧縮袋で今までカヤックで使っていたものは、弁が付いており絞り込んだ後その弁を締めるといった作業が必要でした。
体重掛けて絞り込んだままこの弁を締めるのが案外手間でした。
しかしこのCOMPACKの圧縮袋は逆止弁になっており扱いが簡単でしたよ。
COMPACK
使い方は袋に分かりやすく書いています。
COMPACK
中に収納物を入れたらこのジップロック的な物をしっかりと閉めます。
コンパック
白いガイドが付いているので、それをスライドするだけでしっかりと閉めることが出来ました。
そして
COMPACK
丸め込むようにして空気を圧縮していくと
COMPACK
こちらの逆止弁より空気が勝手に抜けていきます。
ゆっくりと絞り出せば
COMPACK
ドンドン抜けていきます。当然ですが抜けたら入ってこないので絞り込む方に集中できることが便利ですね(^^
COMPACK
完成!ホント手軽!そしてこの大きさ!冬の時期のカヤックキャンプも楽になりそうです(^^
外からの水分にも強いですからね(^^
開ける時には上のジップロックを開けば簡単に取り出せます。扱い簡単!
ただ
COMPACK
注意書きにもありますが、凸凹の場所で使用すると穴が開く可能性があるので十分にご注意ください。

4.最後に 

COMPACKの圧縮袋を紹介してきました。
この圧縮袋2,000円と手の出しやすい金額ですし
COMPACK
なんと3枚組です。ヘタに100均で布団の圧縮袋買うよりも安く付きそうですね。

また静電気対策も施してあるので、袋の出し入れも簡単でしたね。パチッと来ることもないそうです。
いやこれは便利!カヤックキャンプ行きたいなぁ!
クラウドファンディングで目標を達成した商品だそうですが、分かるわ~って感じです(^^

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事