スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
連泊キャンプになると不安になるのが電源です。
スマホやタブレットはもちろんの事、ランタンや簡易なホットブランケットまで
USB電源が必要な事はたくさんあります。
ポータブル電源やモバイルバッテリーなど対策はありますが、
「減る」という事は連泊など不安になります。
電源サイトも常に良い場所にあるとは限りませんからね。
そんな時に充電できればいいなぁって考えていました。
結果行きついたのがソーラー充電です。
そして色々探して行きついたのが
バイオライトのソーラーパネル5plusです。

今回はこのソーラーパネル5plusの購入レビューです!
意外と・・・使わないと分からないことが多かったです。

1.開封してみる

それではバイオライト「ソーラーパネル5plus」を開封していきます。
裏面です。


①立って調整できるよ
②日時計で調整してね
③直接充電もできるよ
っていう事が書いてあります。
さらに!

2時間の充電で満タンになるよ。
さらに
①スマホを1回
②デジカメなら1~2回
③タブレットなら25パーセントくらい。
この充電でいけるよってことが書いてあります。
できればもうちょっと分かりやすく書いて欲しい・・・。
では早速製品を出していきます。

はい!もうほぼパネルです。
こちらは・・・

こんな薄さです。かなり薄いです。でも曲がることは無いです。
ただこの厚さだと割れそうです。取り扱いに気を付けなければ!

こちらにUSBを入れて充電をします。

こちらのコードが付属しています。
iPad用のコードは各自で準備する必要があります。
差し込み口のあたりがバッテリーになっています。
そして・・・

日時計が付いております。
黒点が中央に来るように立てればMaxで充電できるようですね。
そして・・・

先ほどの差込口の裏側がメーターになっています。
4つのランプがあり、充電中は点滅しています。
これが1つ→4つの順で充電効率が高くなっていきます。
ちなみに普段は隣の電源ボタンを押すとどのくらい今バッテリーがあるか分かるようになります。

こんな感じですね。現在充電中です(^^

スポンサーリンク

2.分かりづらい説明書

説明書があるんですが・・・

こんな感じです。

非常に分かりづらいです・・・。
先ほどの充電効率と角度に気を付けてって事が書いてありました。
なるべくもう少し分かりやすくして頂きたい・・・(^^;

3.スマホを充電してみる

充電は十分ではないのですが、スマホを充電してみたいと思います。

バッテリーは3ほどです。
では充電開始!

現在62%時間は3時42分です。
これが・・・

約30分で20%ほど回復しました。
この時は充電を止めていますが、まだ充電できる状態でした。
結構しっかりしたバッテリーですね。

4.基本スペック

続いて基本スペックです。
●大きさ:幅25.7cm×高さ20.8cm×厚さ2.4cm
大体A4サイズより少し小さいくらいです。
●重さ:390g
●入出力:USB及びマイクロUSB電源
●パネル出力:5W 
●バッテリー:2200mAhリチウムイオン電池, 8Wh
スマホ1回充電できるくらいです。
タブレットは充電するには他のバッテリーに一度充電する必要がありますね。
ちなみに完全防水ではありません。IPX4です。よく分からん・・・
どうやら生活防水だそうです。雨には弱いという事ですね。

5.分かりにくかった点

実はもっとも分かりにくかったのは付属バッテリーからスマホに充電するときの
バッテリー残量の表示です。
ランプは前述の通り4つなのですが、充電を始めると2つになります。
え?減ってる??って心配になりましたが、製品ページの取説にかいてありました。
「充電するときは2つしか点きません。」
つまり100%と50%の表示しかないんですね。
25%刻みだと思っていたのでちょっとびっくりしましたね。

もう一つ・・・バッテリ容量の読み間違い(^^;
これは外遊び屋の完全なミスです。2,200mAhです22,000mAhではありまえん。
モバイルバッテリーも探していたので2万台と勘違いしましたね。最初は(^^;
雲泥の差があります。皆様はそんなミスはないと思いますが自戒の意味で恥を晒します・・・。

6.フィールドテスト

キャンプに持って行きました!

ただ・・・この日は豪雨に合い殆ど使えませんでした。
夕方に晴れたのでちょっとやってみたところ・・・
30分ちょっとの充電で30%ほど回復しました。
結構・・・充電してくれますね。

7.感想

実際ちょっと頼もしいと思いましたが、最初はよく分からずにイライラしました。
まぁ使いこなせば分かるんですが、最初は想像がつかなかったんですね。
ちなみに外遊び屋はポータブルエアコンを使う予定でバッテリーも買いましたが、
昼間にこいつを充電してくれるので結構安心しますね。
特にスマホとタブレットは生命線ですからね(^^
ちなみに薄くてそのままの持ち運びに心配なので

100均のクッションバックに入れることにしています。
PC用なんですかね(^^;

8.比較してみる

実は他にも

大容量のモバイルバッテリーのソーラーも購入しました。
詳しいレビューは後日しますが
容量は抜群に大きい24000mAhなので基本的には電源より充電が進められる品です。
単純比較するのもアレですが、ソーラー充電はバイオライトの方が早く感じました。
まぁ所感ですけどね。
それでもこの容量がソーラーで充電できるのはありがたいです。

ちなみにAmazonタイムセールで4,000円で購入しました。
まぁ・・・ありですね(^^

9.最後に

実際購入を決断したのは友人との会話で西日本豪雨災害の話になった時でした。
意外と身近でも大きな被害もありましたし、外遊び屋も不安な気持ちになりました。
実際備蓄も大切ですが、作れるようにする必要があるなって感じたのが決め手ですね。
忘れてはいけない体験です。
ちなみにソーラー充電のモバイルバッテリーも購入しましたが、充電効率は
バイオライトの方がいいですね。値段も9,000円ほどなので防災として持っているのもいいでしょう。
普段からバッテリーを充電してポータブルエアコンを回すっていうのもできますからね。
購入の際のご参考になれば。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

スポンサーリンク

 



おすすめの記事