スノーピークとユニフレームの焚火台で作る温かキャンプ飯レポ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
久しぶりに人を招いてのキャンプ!基本はソロキャンプか相方とのデュオキャンプなので人が居るとちょっと緊張します(^^
何が緊張するってやはりキャンプ飯です。お米を炊くのでさえ人前だと未だに緊張してしまいます。
何ででしょうね。1人だと失敗しないのに(^^;
そんな緊張を解くために最も使いなれたアイテムを総動員して挑みました!
スノーピークとユニフレームのアイテムたちです。
基本メーカーにはこだわらない方ですが、確かに使い勝手の良いアイテムが多いです。
このアイテムでキャンプ飯!成功するか?レポートです!

1.火起こしも緊張!でもスノーピークの焚火台Lなら大丈夫!

到着して設営も終了したところで、早速焚火です。
焚火は外遊び屋も含めて、来た方も大好きなので、着火にもたついてかっこ悪い思いはしたくありません(^^
いつもは適当に薪を放り込んでいきますが
薪割り
まずはガッツリと薪割りです。
小割を作っておけばまず、間違いないだろうといったところ。
取引先より廃棄予定の物を拾ってきて研いで使っている鉈でバッサリ割ってやりました。
この共柄鉈、土佐打ちとあり無骨感も手伝って見た目がかっこいい上に、割りやすいので重宝します。

この後ぷちもえファイヤーも使う予定だったので小さいものまで作りましたが、
薪割りが楽しすぎてしばし周りを忘れていました(^^;
DODのぷちもえファイヤー使用レビュー!二次燃焼でコンパクト!

パカパカやっているうちに、楽しんでいるのが1人だけという事に気が付き
焚火に着火
早速着火です!
薪を丁寧に割っただけあって、すぐに燃え上がりました。
大きな太い薪も問題なく乗せられるスノーピークの焚火台は人数が多い時に重宝します。
実際「重くて使いにくい」という意見もありますが、自重による安定感は焚火に慣れていない人でも安心して楽しめます。
なので初めての1台としてはホント良い焚火台でした(^^
この炎を眺めながら
乾杯
乾杯!
この後に使う鉄瓶も待機です。

スポンサーリンク

2.キャンプ飯用にユニフレームの焚火台登場!

今回のキャンプ飯はお肉も焼くつもりでした。
またお米も炊くので炭火と焚き火の二つがあると便利だなという事で
ユニフレーム ネイチャーストーブ
ユニフレームのネイチャーストーブ登場です。
こちらで炭火で肉を焼きます。
ちなみに炭は焚火に放り込んで着火する手抜き着火!簡単なので(^^;
このネイチャーストーブを選んだのは焼く面積が確保できるのと、煙突効果で熱が上昇するので
遠火でもじっくりとお肉が焼ける点です。
ステーキ
脂が多いお肉は、強火で焼くと表面が焦げてしまい中が若干レアになる可能性があるので
時間をかけて焼く方法をとりました。赤い肉が苦手な方もいたので(^^
ステーキ
じっくりと時間をかけて焼いていくと
ステーキ
完成です。悪くない仕上がり(^^

 

3.安定の焚火料理!パエリア!

もう1つは初めて使う
パエリアの素
パエリアの素を使ってのパエリアです。
具材は必要無いという缶詰なのですがちょっと寂しいので
パエリア
海鮮ミックスを足しました。
これで
パエリア
炊いていきます。一応基本は炊飯器で炊く缶詰なので、そのまま炊けばいいかなと(^^
こんな時は失敗無いクッカー!スノーピークのアルミパーソナルクッカーです(^^

これで作れば!
キャンプ飯
晩御飯完成です!
なかなかうまく炊きあがりました!
パエリア食べながらお肉を食べ
ステーキ
さらにお肉を追加で焼いていきます。
焚火台を2つ使うと忙しいのですが、あったかい物が同時に作れるので便利でした。
評判はかなり良く、外遊び屋もほっと一息です(^^

3.最後に 

お腹いっぱいになり、あとはまったり雑談タイム!
鉄瓶
鉄瓶で沸かしたお茶やコーヒー!そしてウィスキーのお湯割りを飲みながら話す時間は充実でした。
炎はいいねぇ!なんてことも話題に上がるとキャンプやってよかったなと思います。
また今回使っている五徳は

キャプテンスタッグのゴトクスリムです。クッカーを置きながら薪の組み換えなんかもできて便利です。
スノーピークにユニフレームに鹿番長!その他多くのメーカーさんのお陰でキャンプ楽しめているな~って思います。
なにより!みんなが喜んでくれてよかった(^^

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事