5,000円で二次燃焼系の焚火台の使いやすいサイズを探す!
スポンサーリンク
Pocket

20を超える焚火台を愛でるキャンパー外遊び屋です。
焚火台コレクター化していますが、ホントに楽しいのが焚火台の世界!
作っている方のこだわりや、機能美が詰まっており、観賞用としても使いたいくらいです。
共感してくれる方はキャンパーしかいないですけどね(^^;
その焚火台で気になるのが二次燃焼系の物!
二次燃焼系の焚火台は外遊び屋は
ユーラーの焚火台
ヨーラーの格安の物と

コンパクトでカヤックキャンプで活躍する
南部鉄器
コニファーコーンのパイロマスター2です。
二次燃焼できてコンパクトな焚火台!コニファーコーン「パイロマスター2」!

どちらもめっちゃ楽しい焚火台ですが、ちょっとコアな物なので、
もう少し一般的に使える二次燃焼系の物が欲しいなと思っています。
運搬に便利で、使いやすいサイズの二次燃焼系の焚火台を探していきたいと思います!

1.二次燃焼系の使いやすいサイズはどのくらいか?

最も最初に思い浮かんだのが

こちらの二次燃焼系!お値段なんと12,800円とこのタイプにしては破格に安いと思いました!

サイズも33×34と意外と使いやすそうなところです。
なによりも価格が魅力的ですが、収納がかさ張ることがネックとなりました。
加えて、格安になったとはいえ12,800円はちょっと気軽に買える値段ではないので
これは見送りとしました。でも・・・いつか手を出すんだろうな。

このことから考えるとやっぱりそれなりにコンパクトで、値段的にも5,000円位。
薪はそこそこ選ばなければ大丈夫かな。そんな感じのイメージを持ちました。
これを基にすれば思い当たる物がありましたよ(^^

スポンサーリンク

2.コンパクトならキャプテンスタッグのファイアブースト!

コンパクトに収納できる二次燃焼系の焚火台と言えば今年キャプテンスタッグより発売された

ファイアブーストかな。
キャプテンスタッグの二次燃焼焚火台ファイアブーストストーブで弱点克服!
発売された時にも欲しい!って思いました。
組立サイズが250×奥行220×高さ280mm、網サイズ:(約)240×160mmと決して大きくはない物の
それなりに薪を収容できるサイズではあります。
なにより

コンパクト収納!
さらに

綺麗な二次燃焼です(^^
値段が5,000円台から7,000円台と行き来しているので、ちょっと予算オーバーですが、
タイミングさえ謝らなければ5,000円ちょとオーバーくらいで買えるアイテムです。
なかなか魅力的ですが、ちょっとコニファーコーンと被るかな~。折り畳みっていうところが。

3.可愛さで選ぶならDODのぷちもえファイヤー?

もう1つ可愛さで選ぶなら

DODのぷちもえファイヤー!
外遊び屋にしては珍しいDODのアイテムです。
いや発売当初から気になる存在でした。
DODより「ぷちもえファイヤー」新発売!人気の焚火台にプチ!

なんかかわいい感じで使えそうな上に

程よいコンパクト感。

ちょっと薪を選ぶ感じの炉のサイズ。
100%使いやすいわけでないけども、スキル次第で便利そうと思わせてくれます。
値段も現在5,000円台後半を行き来しており、予算通りと言えば予算通りです。
ただ・・・ちょっとアグリなキャンパーとしてはオシャレキャンパーの使うDODは気恥ずかしさがあります。
製品が悪いわけじゃない自分の問題ですけどね(^^;

4.最後に 

さてどちらにするかな。
個人的に目新しいのはDODですね。キャプテンスタッグの方はコニファーコーンとやや被るので。
一方で、使いやすそうなのはキャプテンスタッグかなとも思います。
あぁ・・・考えるだけでワクワクする。
そして相方と相談して決めたいと思います!

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事