アウトドアナイフをカスタマイズ!伝統工芸の「真田紐」が熱い!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
日本の伝統工芸をキャンプに取り込みたいなと思っています。
というのも伝統工芸も日用品として発展してきたものだし、知識が無いから使いこなせないだけで
きっといろいろ使えるはず!日本文化にもっともっと触れていきたいと思っています。
その一つが南部鉄器で現在使いこんで色々試しています。
南部鉄器
キャンプギアへのチャレンジ!南部鉄器を使いこなしたい!海焚火編!
かっこいいんですよ!これが(^^
そして今回ちょと試してみたくなったのが
真田紐
真田紐と呼ばれるこちらの紐です。
日本全国で作られており、茶器や、お菓子の紐として利用されているそうです。
しかし元々はその強度から武士の武具を閉めたり、重量のあるものを吊るしたりするのに使うタフな紐だそうです。
これはキャンプと親和性が高そうです(^^
どんなことに使えるかちょっと検討しながら試してみたいと思います!

1.真田紐ってなんだ?

今回手に入れたのは
真田紐
外遊び屋が本拠地を置く瀬戸内海の一角!瀬戸大橋のある岡山県の真田紐です。
繊維の町と言われる児島で作られているそうです。なんだか歴史と地域の特色を感じますね。
そのパンフレットも頂いてきました。
それによると真田紐とは戦国時代の英傑真田昌幸・幸村父子が九度山に幽閉されていた時に織り、
それを行商人が「真田が作った強い紐」ということで売って歩いたことが噂となり「真田紐」として広まったそうです。
縦糸と横糸で織られた紐で伸びにくく強度が強いので甲冑の締め紐や刀の下げ緒、
千利休の発案で茶道具の霧の箱にも使われるようになったそうです。
詳しくは倉敷組紐HPをご覧ください。
歴史好きの外遊び屋としてはルーツだけでも結構萌えます(^^
真田昌幸父子の発案!武具として使用されており、強度が強い紐!萌えポイント炸裂です。
でも真田父子の幽閉と千利休では時代が逆な気が・・・。
もともとあった紐を真田父子が作って、それの名前になったのかな(^^;

スポンサーリンク

2.倉敷の真田紐の詳細を見てみよう!

真田紐にも色々な幅の紐があり、ニーズに応えてくれそうです。
今回は3分の物を2本購入しました。1本400円で2mでした。
真田紐
この位の太さ9㎜だそうです。デザインも色々ありましたが、外遊び屋のサイトに合いそうな色を選びました。
2分や1分の物も触ってみたいですね。色々な発想が浮かびそうです(^^
折り目も綺麗です。そして色々見るうちにこの真田紐は刀の柄に巻かれる事もあるという事も知りました。
これは・・・興味深い!!
日本の伝統工芸を使って、日本刀の柄に巻く!是非キャンプナイフで巻きたい!
またこの真田紐って全国各地でも作られており、デザインも様々です。
ということは自分の好きな地域の真田紐を使って、自分好みに仕上げることが出来る!
その巻き方が日本刀と一緒にできたりとバリエーションも豊富で自分オリジナルができる!
魅力的じゃないですか(^^
ならばちょっとアウトドアナイフでも試してみよう!ということでナイフの柄に日本刀の巻き方を試してみたいと思います。

3.アウトドアナイフに真田紐を巻いてみる!

アウトドアナイフにパラコードを巻くという方もおられて、流行を見せています。
ならば真田紐を巻いても問題ないだろう!そしてオリジナリティが出るだろうって思いました。
今回巻いてみたのは
ブッシュクラフトナイフ
ユニフレームのブッシュクラフトナイフです。
外遊び屋のお気に入り(^^
ユニフレーム新商品!「ブッシュクラフトナイフ」使用レポート!

これに柄巻きを施してみたいと思います。
真田紐
完成予想図はこんな感じです。なんか・・・悪くないなぁと(^^
それでは早速
真田紐
取り掛かりたいと思います。紐の巻き方は「柄の巻き方」で勉強させていただきました(^^
まず最初・・・意外と難しく画像を撮るのを忘れるくらいでした。
ナイフの画の形も一定ではないので巻きにくかったんですね。
いや・・・いいわけです。自分が無類の不器用であることを忘れておりました(^^;
そこで
電工ナイフ
電工ナイフを使ってちょっとイメージ作り。この巻き方ではないですよ(^^;
でも何となく感覚を掴みました。
これで再度挑戦!
真田紐
大分形になってきましたが、まだちょっと・・・
解いて巻きなおします。
真田紐
大分形が整いました(^^
最後の決めが結構大変!
真田紐
反対から見ると、まぁ何となく同じくらいの大きさで一列に並んだので第一回としてはこれで満足としておこうと思います。
思いのほか巻くのに力が要るんですよ。しかも指先の力で普段使わないから結構疲れる(^^;
また最後の決めが大変なので今宵はここまで(^^

4.最後に 

まだまだ色々使えそうです。
ちょっとペグに結んでもいいなと思っています。抜きやすくなるし、目印にもなりますからね(^^
色々な地方に真田紐はあるようですし、楽天で探してもいろいろ見つかります。
1mくらいのもであれば200円未満で見つけることが出来ます。

腰に巻く用の太い物もある様です。

鉈に巻くのか・・・これはいろいろ使い道がありそうですね。
ただちょっと見た感じ、販売単位が1mで既に切れている物が多いようです。
ユニフレームのブッシュクラフトナイフで2mでちょうど良いくらいだったので、
ナイフ等に巻く場合は長めの物を選ばないと足りない可能性がありますのでご注意ください!
まだまだ真田紐!可能性ありそうです(^^

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事