煙が出ないバーベキューグリル!調理も絶品「ロウリュ」の魅力!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
おうちキャンプを始め、手軽に外空間でアウトドアを楽しめる環境になりました。
一方で日本の住宅事情の悲しさから、煙は気にしなければいけないので、少し二の足を踏むのも確かな事です。
今回提供いただいたのは無煙バーベキューグリル「ロウリュ」という煙を出さない構造のバーベキューグリルです。
ロウリュ
都会の狭い戸建ての庭やベランダでもバーベキューがしたい!」という想いから作られたバーベキューグリル!
焼肉というより、アメリカンスタイルのグリルといったイメージですかね。
しかしホントに無煙なのか?煙が出るとすればどの位な物か?
また実際に調理はどんな感じでできるのか?そんな疑問がありましたが、確かに煙は出ないし、キャンプ飯の幅が広がります。
かなりハマって使ったのでこの無煙バーベキューグリル「ロウリュ」を詳しくレポートしたいと思います!

1.無煙バーベキューグリル「ロウリュ」の煙の出ない構造!

まずはロウリュの詳細から見ていきたいと思います。
ロウリュ
箱型のバーベキューグリルで、食材を中に入れて輻射熱で焼いていく方式です。
いわゆるバーベキューグリルという言うよりはアメリカンスタイルに近いようなイメージでしょうか。
ロウリュ
中はただの箱ですが、
ロウリュ
給気口の上に網を置き
ロウリュ
その上に水受けと網を置いて
ロウリュ
サイドに炭を入れる構造です。
バーベキューグリルで煙が起きる要素は大きく考えて2つです。
1つは不完全燃焼を起こした時、そしてもう一つ食材の脂が炭に落ちた時。
ロウリュは炭を使う事で、不完全燃焼を起こさず、また炭の上に食材を置かず輻射熱と温めらた蒸気によって火が通るので
炭の上に脂が落ちる心配が全くありません。この2点を克服したことにより「無煙」を実現しているわけです。
なるほど!という構造です。

スポンサーリンク

2.無煙バーベキューグリル「ロウリュ」でちゃんと焼けるのか?

ちょっと不安になったのは、直接火の上に置かず、蒸気の力と輻射熱、そして対流によって食材に火を通すという事。
あくまでもイメージですが、少し水分が多めの物になるのではないかな?
そんな不安がありました。最初に取り組んだのはスペアリブです。
これなら蒸し焼きでも美味しく食べられるし、オーブンで焼いたりもするので、この構造にはピッタリじゃないかと考えました。
作り方も簡単ですからね(^^
ロウリュ
火を熾したロウリュの中に一晩ニンニクたっぷりの焼肉のたれに漬け込んだスペアリブを置きます。
そして片隅に
ロウリュ
カップにビールを入れて蓋をします。
ビア缶チキンなどビールで蒸すことで食材が柔らかくなるので、その効果を狙いました。
ロウリュ
蓋をして待つこと5分少々!
ロウリュ
焼き色がついてきました!正直蒸し焼きに近いと考えていたのでこんなに早くに焼き色がつくとは思っていませんでした。
さらに蓋をする事5分程度!
ロウリュ
なんと!お肉に焦げが出来てきました!これにはびっくり!
ホントにオーブンの様に焼けている!
さらにトウモロコシを入れて10分弱ほど。
ロウリュ
かなり焦げちゃいましたが、しっかり焼けています。蒸し焼きでなく、焼けています!
いやイメージと違いました。輻射熱で焼けたんです(^^
実際食べると20分程度ですがしっかり中まで火が通り、ビールの効果もあると思いますが、かなり柔らかいです。
加えて身離れも良いので食べやすい!そし脂で燻されていませんが、ほんのり炭で焼いた香りがします。
外パリ、中じゅわ、香りも立つスペアリブと相成りました。これはスゴイ!!
しかも調理中はまったく煙は立ちませんでした!「無煙バーベキューグリル」という名の通りです(^^

3.メーカーさんとのやり取りで思い付いた肉を柔らかくする方法!

早速使用した感想などを担当さんとやり取りをさせていただきました。柔らかく美味しかったという事。
すると対流と水蒸気で早く火が通るので中が硬くなる前に火が通るのではないか?
という事を教えて頂きました。詳しくは「火の通りの速さ(熱伝導率)について」をご覧ください。
ここでは火を熾したロウリュの中は200℃を超え水受けの水が蒸発してそれが早く焼けるポイントになっているのでは?
と書かれています。
なるほど!水受けは落ちた脂が煙にならないための物だと思っていたら、気化して熱を伝える役割もしていたんですね。
ということはここにビールを入れて使用すれば、どの食材もビア缶チキンの様に柔らかくでき、また煙も出ないのでは?
そう考えました。早速実験です!
ロウリュ
火を熾したロウリュの水受けにビールを流し込みます。350mlが必要でした(^^;
この上に