夏のキャンプに!おつまみとメインに使えるかに味噌でメスティンパスタ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンプ飯はこだわっても楽しいし、こだわらなくても楽しいです。
いや「手をかけない」ということもこだわりであり、そう思うとこだわらないキャンプ飯は無いのかなと思います。
外遊び屋は焚火をどうしてもしたいですが
うまかっちゃん
火熾しと、使用するクッカーは手がかかっても調理は楽にしたいという事もあります。
今回は調理が非常に楽だけど、こだわりのあるキャンプ飯にできる食材を提供いただきました。
「紅ズワイガニのかに味噌」です。
カニ味噌ってそのまま食べるだけじゃないんですね。しかも夏キャンプに嬉しい!ちょっと詳しく紹介します(※PR記事です)

1.提供いただいたベニズワイガニのカニ味噌紹介!

今回提供頂いたのは
カニ味噌
韓国紅ズワイガニのかに味噌です。カニというと、山陰やロシアのイメージでしたが韓国でも獲れるんですね。
まぁ近いですから、かに味噌が美味しい事は全世界の人が知っているわけですね(^^
この商品はYouTubeで堤下食堂とはんにゃ川島さんのチャンネルがコラボでも使用されています。
なんか・・・有名なカニ味噌みたいです。
内容はこの箱の中に80gのパックが6つ入っています。
結構しっかり食べれるセットですね。いろんなチャレンジもできそうです。
またカニ味噌は冷凍で送られてきます。
それを解凍させて食べるわけですが、キャンプ中には凍らせて持って行けば保冷剤代わりにもなるな~って思いますし、
80gって結構しっかりした量になります。なので調理にもふんだんに使えるな~って思いました。

スポンサーリンク

2.紅ズワイガニのカニ味噌を実食してみる

海産物も大好物な外遊び屋!カニ味噌は山陰で出会うと必ず食べる食材の一つです。
しかし缶詰等を買わないのは、ホントに味が大丈夫か?生臭さが出ていないか?という不安がありました。
今回は堤下食堂のつっつんの太鼓判もあったのでちょっと安心かな(^^
カニ味噌
メスティンの約半分くらいある大きさです。
カニ味噌
結構80gってしっかりした量があるんだな~って思います。
これはキャンプ中にちまちまお酒を飲みながらつまむには十分の量があります(^^
さらにちょっとびっくりしたのが、カニの身も入っています。
ほぐし身?細かくなったカニの身が入っている事で、食感も良く、またカニ味噌の濃厚な海の香りだけでなく、カニの甘みがふわりと鼻に広がります。

あ、ウマイ!

正直お酒が進んで仕方ありません(^^
しかもこの日はお気に入りのお猪口を使用!美味しい物とお気に入りアイテム!嫌が上でもテンションは上がります(^^

しかも相方と2人で食べてもたっぷりあるサイズ!
つっつんの作っていたパスタもやりたいという事で半分くらい使って
メスティンパスタ
メスティンで水を捨てないパスタづくりです。いや相方から強い「食べたい!」という要望があったので既に準備済みです(^^;
パスタ一束に水と牛乳を半分ずつリベットの下まで入れて、カニ味噌と塩こしょう、そしてバターをちょこっと入れて
カニ味噌パスタ
後はパスタが塊にならないようにほぐしながら混ぜて、水分が無くなれば
カニ味噌パスタ
カニ味噌パスタの完成です。
正直・・・うまいです!カニ味噌とバターの相性が非常に良い!相乗効果で濃厚さがアップしています。
また牛乳を使ったメスティンパスタは粘度が出てちょうど良いクリーム状になっているのでソースが良くパスタに絡む!
これはウマイ!
おつまみとして使い、そして締めでパスタに入れる!1つで2度おいしいカニ味噌でした。

3.最後に 

今回提供いただいたのは

こちらのカニ味噌でした。
カニのほぐし身が入っている事で、パスタもカニの風味が生きていました。
また6つ入っているので色々なことが挑戦できそうです。
大きめの海老を半分に切って、エビのカニ味噌焼きも作ってみようかな~って思っています。
焚火が使えない時のキャンプ飯にも持って行きたいと思います(^^

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事