テンマクデザインより設営簡単ワンタッチテント!ペポクイックキャビン発表!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
無骨系だと思っていたテンマクデザインもかなりオシャレな物も出すようになりました。
オシャレキャンパーではない外遊び屋はあまりオシャレを気にしませんが、今回のテントは好きなタイプです。
それが「ペポクイックキャビン」です。
もともと発売されているペポライトに接合できる構造です。
しかもワンタッチタープのように簡単に設営できるテント。キャビンと定義されていますね。
このタイプ!山小屋みたいでちょっと興味があるので詳しく見てみたいと思います(^^

1.テンマクデザイン「ペポクイックキャビン」の全貌を見てみよう!

まずは全貌から見ていきたいと思います!

(出典:テンマクデザイン公式HPより)
この小屋のような風貌が魅力的(^^
設営も簡単で

(出典:テンマクデザイン公式HPより)
ワンタッチテントと同じようなフレームです。
これならテントの設営に慣れない人でも簡単に張れます。
もちろん風対策の為にもペグダウンなどは説明書に従う必要がありますが、
フレームを知恵の輪のようにクルクル回すことは無いでしょう(^^
また

(出典:テンマクデザイン公式HPより)
別売パーツをつければ、土間ではなくせます。これ自体でテントとしての機能も持たせられます。
同じくテンマクデザインより発売中のペポライト

こちらと接合して2ルームテントとして使用可能です。

(出典:テンマクデザイン公式HPより)
これならドームテントなどもサイズを合わせれば同じように使えそうですね。
なかなか用途が広そうなテントです(^^

スポンサーリンク

2.ペポクイックキャビンに感じる魅力!

外遊び屋的には山小屋のような形状が無骨な感じでいいかなと思っています。
ペポライトが接合できる構造。これなら、薪ストーブが簡単にインストールできそうな感じです。
テントに穴を開けずに、断熱加工すれば壁面に設置できそうですし、跳ね上げを上げた状態での使用も良さそうです。
また扉に加えて大きな窓が2つあり、フルクローズにしても解放感がある程度担保できそうです。

(出典:テンマクデザイン公式HPより)
夏も冬も使えそうなテント!スカートもあるので虫の侵入もある程度防げそうです。

3.テンマクデザイン「ペポクイックキャビン」基本スペック!

ペポクイックキャビンの基本スペックを押えておきたいと思います。
●組立サイズ:(約)2,650×2,650×2,400(高)mm、ポール(約)2,600×2,600×2,400(高)mm(軒高1800mm)
●収納サイズ:(約)980×230×220mm(本体生地) 1000×200×200(高)mm(ポール)
設営サイズも結構広々して良そうですが2人までですかね。ペポライトと併用して前室ならもう少し行けそうです。
●重さ:総重量合計20.86kg
ちょっと気合のいる重さです(^^;
ポールと幕が別々で幕が8.23kg、ポールが9.83kgと別々で運ぶには何とか持っていける範囲かな。
●フライシート:側面ポリコットン、天面ポリエステル。
側面がポリコットンという事で近くでの焚火や、薪ストーブも扱いやすそうです。
ここが重いポイントですかね。
ちなみに価格は69,800円(税別)ちょっと値段が・・・(^^;

4.ワンタッチでできる山小屋のようなテント!

この構造のテントは他にもあります。
外遊び屋が最初にこのタイプのテントに興味を持ったのが
REVOベースサイドウォール300
ワンタッチタープとサイドウォールで構成されるREVOベース!
この山小屋の風貌に惚れ込み、購入をかなり検討を重ねました。
このブログで欲しかったユニフレームのRevoベース300!購入検討!」で詳しく書いています。
また格安品では

結構お安めの物もあります。でもちょっとメルヘンチック(^^;

5.最後に 

テンマクデザインのペポクイックキャビンが4月に発売されるという事でちょっと詳しく見てみました。
このタイプは興味を持ってみているテントなので、いずれどんな形か購入するかなとも思っているのですが
テンマクデザインのテントは他にも魅力的な物が多く、ペポライトの前のペポも魅力的なんです。
残念ながら欠品中みたいですけどね。
色々出してくれるメーカーさんなので今後も期待できそうです(^^

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事