荒天に強い!いざというとき頼れるキャンプテント!上位3つを発表!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
やってはいけないことをしてしまいました。
同系列のアイテムは数えてはいけないという外遊び屋のルールがあるのですが・・・
テントを数えてしまいました。その数9張・・・。
そんなにいるのか?と思いますが・・・来客用や気分転換用を入れると手放せないんですよね。
しかもそれぞれの良さがあるので全部去年1年間で出動しているんです。
なのでお蔵入りは無い状態です。ならば!この9張のうちいったいどれがお気に入りなのか?
スペック的に外遊び屋にあっているのか?
魅力と共に書いていきたいと思います。どれもね・・・他には代えがたい強みがあるんです!
では上位3張を書いていきます!

1.第3位テンマクデザイン 炎幕DX EVO!

炎幕DX EVO
今年買ったおニューなテントなのでお気に入りなのは当然です。
まだ使いこなし切れてない感じもありますが、その機能は申し分なし!
跳ね上げ部分がコットンになっているので焚火の火の粉に強い!
跳ね上げ部分を上げている状態で中の広さが330×190あるのでデュオ時のタープとしても使用します。
サイドもウォールがついているので日よけだけではなく急な雨や雪・・そして風の吹き込みを緩和してくれるのも魅力!
先日のキャンプでは急にヒョウに見舞われましたが、壁のお陰で吹き込みは無く、ちょっと鑑賞する余裕もあるくらいでした。
加えて・・・自重があるので風に煽られにくい!これまた先日のキャンプで風も出たのですが
しっかりペグダウンして置けば、薄手のポリのように煽られることはなかったですね。
むしろ焚火の風よけとなり焚火に強いテントというのはホントだなって実感しました!
ちなみに販売終了が決まっている商品でもともと30,000円程度の商品が現在特化で20,000円で購入できます。

30,000円の商品スペックが20,000円で手に入るのも魅力なのと、
長く使って廃盤品を愛でているっていうのもかっこいいなと(^^;
やっとしっくりと設営できるようになったのでもっともっと使いこなしていきたいと思います。

スポンサーリンク

2.第2位 モンベル ムーンライト7型

これは外あそ屋初のファミリーテントです。
カヤックキャンプから入った外遊び屋はファミリーのテントを持っていなかったんですね。
家族になった時に購入した思い出のテントです。
ムーンライト7型
相方もキャンプ慣れして、車内やソロ用テント2つ持って行くことも選択肢に入ったので
出番自体は減っていますので年間5回程度の出撃になっています。
しかし・・・中は非常に広くて大人4人寝ても全然余裕の広さ!
しかも外遊び屋一人で設営しても10分あればおつりがくるくらい手軽に立てれます。
なにより・・・長いフレームが無いので区画サイトで隣のサイトに迷惑をかけることが無い!
非常に優秀だと思いますね。無論ドーム型なので扱いやすい上に人気だったゆるキャン△の子が使っていたのは
このムーンライトの小さい2型くらいの物かな?
結構歴史あり、人気のあるテントです。今は使う人が少ないのかキャンプ場でもほとんど被らないのが嬉しい!
ホント入門者が最初に買うならこれっておススメしていますが・・・流行りの形でないからいつも却下されます。
設営の楽さ、中のスペース、重量とも申し分のないテントなのにな~。

ちなみに水曜どうでしょうの藤村Dが番組で使っていたのはムーンライトの5型だと思われます。
あのテントが7型だったら・・・喜界島のテント内の名台詞は生まれなかったでしょう(^^

3.第1位 モンベルクロノスドーム2型

モンベルミニタープ設営済み
タープが目立ちすぎた画像ですね(^^;
クロノスドーム2型と海
キャンプ場で使うよりもカヤックキャンプで使われる事がほとんどですが
ホントに信頼を置いています。
まず自立型のドームという事で設営が簡単!夜の上陸でも迷うことなくサッと設営できる手軽さです。
またペグが効きにくい砂浜でもとりあえずは立ってくれるのが魅力!
中に荷物さえ入れておけばそうそう飛ばされることもないですからね。
何より背が低いので風が吹いてもへっちゃらですが、中で座れる高さは確保されているのが嬉しい!
昨今ドーム型は入門者が使うものという風潮もありますが、タフなコンディションが想像される場合は
やはりこのクロノスドーム2型を選びますね。フレームもしっかりしているうえに軽量なので
テントとしての機能は十二分に担保してくれます。今年はカヤックキャンプに注力する予定なので
さらに活躍してくれると思います。ただ・・・天気が良かった時には
スーパーシェルターのポール
スーパーシェルターでまったり海を見ながらもいいなって思っています。
このあたり。使い別けですね(^^

外遊び屋のものは旧式の為現在の物とはちょっと違います。色は昔の方が好きだな。

お気楽キャンプの時にはこれでもいいかって思っています。
タープを持って行かなくて済むのが嬉しい!

4.最後に 

使ってる9張のテントの中から特に頼りにしているテントを選んでみました。
こうやって見ると上位2つは不動ですね・・・。何かある可能性が高い場合には頼りにしています。
実績もあるところが頼りにしている根拠です。
とはいえ・・・まだまだテント・・・増えていく気がするんですよね。
困ったものです。
それでも使ってみたいんだから仕方ないじゃないですか(^^;

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事