スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
高い物には高い物の、安い物には安い物の理由がありますよね。
キャンプアイテムコレクターの方ならアイテムで何度も経験済みかと(^^;
外遊び屋ももはや趣味と言えるほどこの繰り返しです・・・・
先日も・・・スリーピングマットで同じことしましたから(^^;
今回はテントのお話です。
これまで格安テントをいくつか購入しました。
後悔はないですが、知っておいてほしいこともあるなと思っています。
というのも・・・今庭キャンプ用のテントを買おうかなって思っているので自戒もこめて(^^;
その際に覚悟しておいた方が良いだろうなっていう点のご紹介です。

1.購入経験より

ちなみに今までの外遊び屋の購入歴です。
最初に購入したのが

こちらの一つ二つ前の型です。
いまでも来客用には使用することもあります。
前室もあって結構便利に使っていましたね。

前に見えるブルーのテントです。
そして・・・

今では珍しい2000円以下のテント!
詳しいレビューは
激安テントの使用レビュー!2,000円でテントが買える!
で書いております。
このくらいの価格帯ですね。
さらに・・・

庭でしか出番がないワンポールタープ!
こちらも6000円ほどの格安でした。
この3つを触って思った事を次項で書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

2.覚悟しておきたいこと

どれも良い商品ですが、あくまで値段相応といったところです。
そのいくつかの点をご紹介
①テント生地がやすっぽい!
テントの生地がホントにナイロンです。
ペラペラでパリパリです。
ホントにパリパリ音がするくらい。
テントはポリコットンなどでなくても
それなりのお値段で買うと生地が滑らかですが、
格安製品はかなりごつごつ感がでますね。
これって遠くからでも分かります。
前出の3つのテントの並んだ画像もブルーのテントが
シワが気になりますよね。なかなかシワが取れないんです。
(ものぐさのキャンパーの為張り方にも難あり)
他の方からも気付かれるので周りの目を気にする方は要注意です。

②ポールが惰弱
これも費用軽減の為しかたないんですが・・・
ポールが壊れやすいです。
2000円のテントは2度目の設営でポールが折れました(^^;
キャプスタさんとモンベルさんも比較したところ
ポールのしなやかさが全く違います。
ただ・・・2000円よりはしっかりしてますので、
この辺り・・・値段相応なんですね。
さらにワンポールは流石にしっかりしてますが…
接合の遊びが多いので風が吹くとテント自体がサンバを踊ることもあります。

ただ・・・この二点が欠点だからダメだよって話ではありません。
値段相応に遊んでくれるし、値段以上の経験と思い出をくれます(^^
期待しすぎるとだめですよってくらいですね。

3.買いたいテント

ここまで書いといてまだ格安テントに手を出すのかって話ですが・・・

出しますよ

だって・・・楽しいから(^^
今は庭用のテントを考えています。
今あるものは大きいんですね。
なので・・・小さくてこじんまりしたもの。
秘密基地に潜り込んでいる感じの出る物が欲しいなって。
庭だと環境を楽しむというより幕内を楽しむことが多いので。
それを勘案して探し中。
条件としては
①ワンポール
普通のキャンプでは全く使わないので庭キャンプくらいは
ワンポールでも良いかなって思います。
②できれば土間式
先日も幕内で過ごす為、中での調理が必須になります。
土間式の方がバーナーも気にせずに使えるので
外遊び屋のスタイルには合うかなって思っています。
換気は必須ですけれども(^^;
③6,000円以下
今回の記事の原動力です。庭だけなので安く収めたい!
ただ・・・それだけ(^^;
これで候補に立っているのが・・・・

フライのみですね。
隙間風が想定されるので換気なしでバーナー使用できるかな。
ただ・・・タープですね(^^;
もうちょっとしっかりしたのがこちらですね。
サイズも270X160なので・・・まぁありかなって。


土間式ではないのですが、形が気に入ったテント!
A型テントにあこがれはありますから、
これなら・・・その欲求も満たせるかもって思います。
庭でなら・・・いいかも。
設営場所も取らなそうだし!

4.最後に 

もちろん欲しいです!
でも書いたことは覚悟が必要だなって思いますね。
特にポールの惰弱さはテントの設営と維持に大きな問題になるので
ここだけはしっかり覚悟したいですね。
安いネット販売ですが現物をチェックできないのも事実!
口コミでしか見れないかな~。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

スポンサーリンク

 



おすすめの記事