スポンサーリンク

外遊び屋です。
ワンポールテントを冬用に欲しいと思って探していました。
タープ下で薪ストーブを焚いて暖気を中に取り込む。
外の空気を感じながら温かくキャンプをしたい。そんなスタイルに憧れました。
しかしワンポールテントの圧迫感に苦手意識があったので、あまりコストをかけずにやってみたいと思っていました。
その条件になかなか合う物が無かったのですが、YouTubeを見ていて思いました。
「DDタープのステルス張りで良いんちゃう??」
しかし外遊び屋が持つDDタープは3×3の為、中は広くありません。
ならば!さらに広く使えるように工夫できないか?と実験してみました。
実際うまく行ったと思います。
DODの激安ポールもぴったりでしたので詳しく紹介したいと思います。

1 DDタープのステルス張り!二股化の時の課題と解決!

DDタープに限りませんがタープやテントの中を広く使いたいときに使われる手段がポールの二股化です。
真ん中のポールを幕に添わせるように2本にすることで中が広く使えるようになります。
ステルス張りはセンターにポールを立てるのでこれが邪魔になって中が狭く感じていました。
ならばこのポールを二股化すれば問題は解決ではないか?
そう考えました。
しかし二股化したことのある方なら分かるはず。
二股化したときのポールの長さは通常より長い物が必要になります。三角形の高さと斜辺といえば分かりやすいですかね。
この斜辺にピッタリハマるポールって少なくないですか??
しかもDDタープはワンポールテントとして設計されている物ではないので必要な長さを出すことは面倒。
ならば!
中からポールで押し上げるのではなく、外から吊り下げればポールの長さは関係ないのじゃないか?
そう考えました。
ステルス張りの頂点は

リングが付いているのでここにぶら下げればいけるのではないか??
そう思いました!
となるととりあえずやってみたいという事で場所を見つけて実験!
ステルス張りの実験
これはいける気がします!本格的にやってみたいと思います!

スポンサーリンク

1 DODの激安ポールがピッタリ!吊り下げ二股化ステルス張り!

暗くなったのですが我慢できずに設営します。
DDタープステルス張り
ステルス張りのやり方は色々な方が説明されているので今回は触れませんが、綺麗に張れたと思います。
ステルス張り
弛みもなくポールも良い感じで安定しました。
今回使った二股化のパーツは

Ribitekの物。激安ながらしっかりしたロープが付いている事や可動部がスムーズに動くので気に入っています。
収納袋も生地が丈夫で、激安感がないんですよね(^^
格安アイテム購入レビュー!Ribitek二股ポールでテントやタープを広くできる?
これに合わせたのが

2本で1,500円ほどのDODのポールです。
これがぴったりでした。
ステルス張り
ちょうど良い高さにポールの位置を調整できるので、タープと地面の間に隙間が空きません。
このポールと二股化パーツのセットで中で設営すると、足が外にはみ出すようになります。
結果的に隙間が生じるので冬場が寒くなることは間違いないでしょう(;^_^A
今回これは回避できました!
外から高さ調整できるのでポールの長さが合わなくてもきっちり設営できるのがこの吊り下げ式の良い所だなと思いました。
使っているタープはDDタープの3×3ですが、大きい物を買っても買い直さずに行けそうです。
ポールも他の物がありますしね(^^

3 DDタープ3×3のステルス張り!二股化の居住性レポート!

設営は楽に、しかも理想的だと思いました。
しかし肝心なのは居住性!圧迫感や中でリラックスできるか検証です。
ステルス張りの内部
意外と広そう!
とりあえず寝る場所を作ってみます。
ステルス張りの内部
3×3は小さいタープの部類だと思いますが、なかは広く感じました。
端から端までが3mはありますし、高さも130cmくらいありそうです。
なので寝転がっても目の前に幕があって圧迫感を感じるという事はありませんでした。
ステルス張りの内部
手を伸ばすと幕に触れるので「高い」というほどではないですが、マットを敷く位置をもっと考えれば、殆ど圧迫感は無くなります。
ステルス張りの内部
天井も高いので176cmの外遊び屋が中で座ってくつろぐことが出来ました。
いや正直意外!快適な空間です。
ステルス張りの内部
せっかくなので入り口付近でチャーハンを作って動画を見ながらまったり!
いや感動!ワンポールテント!いったん買わなくて良さそうです(^^

4 DDタープの吊り下げ式ステルス張りの感想!

まずは広く感じました。これなら普通に中で過ごしても問題ありません。
いやむしろ快適です。風もしのげるので中は温かく感じました。
これで入り口付近で薪ストーブ使えばかなりあったかいかと思います。
一酸化炭素検知器は欠かせませんけどね。

日本語案内の物が安心できます。
ただポールが外に出た分吊り下げる場所がないのでランタンなどの設置が出来ませんでした。
一酸化炭素検知器も地べたより吊り下げたいですからね。
しかしこれには解決策があります。

強力マグネットフック!!
外と中で挟めば欲しい所にランタンなどは掛けられます。
これで解決(^^
駆使すれば快適な空間が出来そうです。
実際この実験がうまく行ったのでワンポールテントの購入は今回は見送りにしました。

5 最後に

思った以上にうまく行きました!
ワンポールテントの代わりとしてのDDタープ!これは良いです。
この冬はこれで楽しんでいけそう。
ステルス張りしてその前に風防を立てておけば風も防げるうえに薪ストーブのリフラクターにもなるので中が温かくなりそうです。
薪ストーブも折り畳み式でコンパクトタイプなので、これは荷物の軽減にもなるかもしれませんね(^^
15,000円で購入!CHANGE MOORE 二次燃焼薪ストーブをレビュー!

 


 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事