スポンサーリンク
Pocket

キャンプ飯の研究は日々の楽しみですが、
意外とキャンプ場では手抜きになる外遊び屋です。
何ででしょうね?家だとキャンプ気分になりたくてたくさんのクッカー使って
キャンプ飯にもこだわりを持つくせに・・・フィールドに出るとやたら簡単に作ってしまう・・・。
炭火と鍋が大活躍ですね。まぁ・・・フィールドではまったりしてしまうので
料理よりも焚火つついてお酒を飲んでたいんでしょうね(^^;
そんな中でちょっとこだわりたくなったのが薄型フライパン。
キャンプ用であるかなって思ったら・・・ありましたよ。スノーピークさんから火燕鍋!
今回はキャンプ用フライパンを追ってみたいと思います!

1.こだわりのフライパン

これまでも外遊び屋もフライパンに拘りを持たなかったわけではありません。
キャンプでも焼くという事は最も簡単な調理方法の一つです。

アルミクッカーでも炒めるのは失敗が無いですからね(^^
とはいえ外遊び屋がこだわっていたのは・・・
「肉厚」
焼くことに関してステーキしか想定してなかったんですね(^^;
そして手に入れたのが・・・

リバーライトさんの厚板!
蓄熱性が高いので

ステーキはカリっと・・・・

鍋でグリーンカレーなどの煮込み料理・・・

スープパスタ等々料理の幅が広がります。
フライパン1つで調理も豊富ですからね。
鉄フライパンは一つは持っておきたかったんですね(^^

スポンサーリンク

2.薄型フライパンを欲する訳

厚板があるので大概の事は出来るのですが、
厚板の場合熱するのに時間がかかります。
薄型は焚火でも火にかければすぐに温まるので
調理も早い!さらに・・・アイテムの知恵袋の友人から・・・
「ソトさん。炒め物には薄めのフライパンっすよ」
ってアドバイスを受けております。
曰「炒める時はフライパンが軽くないと食材が綺麗に振れないから味むらが出来るっす」
なるほどね。
確かに外遊び屋の調理では炒めるというものが少なかった。
これは・・・ちょっと使いやすいフライパンがあってもよいかなと。

3.スノーピーク「火燕鍋」

早速見つけたのがスノーピークさんより発売されている火燕鍋です。
まず薄型フライパンを探している時に普通のフライパンよりも
ちょっと変わったのが欲しいなって思いました。
加えて最近のブッシュクラフト系は被っちゃいそうなので避けました。
ここで出会ったのがこの鍋!
何が魅力って・・・
小さくなる中華鍋!
ここで炒め物するにはやはり中華鍋かなと。
形もいいし、揚げ物にも対応してくれますからね(^^
なにより・・・焚火で中華鍋振るってかっこいいなぁと。

特に詳しい説明無用な形状ですね(^^;
取っ手が取れて中に収まる仕様です。
なにより・・・燕三条で作られた和の中華鍋!
お値段も10,000円程度と・・・手が出ない訳ではないか~。

4.他の中華鍋

お値段的に・・・なんてこともあるので
ちょっと格安品も探してみました。

8000円ほどでちょっとお安いコンパクトになる中華鍋!
でも・・・8,000円ならもうスノピさんに流れるかな?(^^;
2000円ほどで鉄フライパン!
パール金属(キャプスタさん)から出ている中華鍋!
お値段易いし・・・最初にこれから入ればいいかも。
加えて・・・日本製・・・
これはこれでありかもしれない・・・

5.最後に 

意外とあるもんですね~。
スノーピークさんの火燕鍋も結構魅力ですね。
パール金属さんの安価にも心惹かれますけどね。
何がやりたいって・・・やっぱりマーボー豆腐でしょう!
水曜どうでしょうファンとしてはエビチリも外せませんけども(^^
中華鍋・・・欲しい物リストにめっちゃ入っちゃいました(^^;

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

スポンサーリンク

 



おすすめの記事