八千円薪ストーブ!ホンマ製作所のクッキングストーブレビュー!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
冬キャンプの憧れのギアの一つが薪ストーブ!テント内でぬくぬくという魅力もあるのですが、
一酸化炭素が怖い外遊び屋はタープ下や、デッキのシェード下での使用に限っています。
基本的にはメーカーさんも密閉空間での使用を禁止しているのと、
外遊び屋がいまいち構造や注意点を理解しきれていないのでテント内ではやらない事にしています。
とはいえ、楽しいアイテムであることには間違いない薪ストーブ!
その中から外遊び屋が入門編として選んだのがホンマ製作所のクッキングストーブです。
購入時のインプレッションは「ホンマ製作所のクッキングストーブ!初心者が薪ストーブ使用レビュー!」をご覧ください。
これから2シーズン目に入り、さらに楽しく遊べ出したので、2年目、使用回数30回程度の感想を込めて書いていきたいと思います。

1.ホンマ製作所「クッキングストーブ」基本スペック

ホンマ製作所のクッキングストーブは比較的に小さな薪ストーブです。

ずんぐりとしたドラム缶型のストーブ。
本体サイズ:φ350xH425(煙突含:940)mm
煙突サイズ:φ100mm
本体材質:鉄 / 煙突材質:亜鉛めっき鋼板
●付属品:エビ曲、半直筒、T笠、目皿

本体サイズが35cmの直径なので大きな薪は入りません。薪を使いやすく加工してやる必要があります。

サムライがあれば安心?(^^
また煙突が短いのでしっかりと燃焼させるのであればもっと長い方が煙突効果を生んでくれます。
これでも小さなタープやウッドデッキでは十分に威力を発揮してくれます(^^

スポンサーリンク

2.ホンマ製作所クッキングストーブの便利な3つの点!

回数使ってくるうちにこれは便利だなーって思う点が3つあります。
①煙突が横に出せる
多くの薪ストーブが煙突が上部に刺さる様に出来ています。
この方が横に引っ張らない分、煙突効果が無駄にならないというメリットがあるのですが、
外遊び屋のようにタープの下で使う場合はちょっと横に伸ばせた方がタープの下から出しやすいんです。

最初の画像ですが、背面から煙突が出る構造なのがお分かりいただけるかと思います。
煙突を延長すれば、タープ下から煙突を外に出すのが簡単にできる。これが一つの魅力です(^^
ただ横に煙突を出した分高さも伸ばさなければいけませんよ。外遊び屋は1:3くらいでやっています。
1:2という方もおられるのでこの辺りは工夫次第でしょうか。ちなみに横に伸ばすと重心がズレるので対策が必要です。

②料理しやすい天板構造!
クッキングストーブの天板
天板が輪っかになって外れるので、調理したい鍋のサイズに合わせられます。
薪ストーブの上で鍋で置いてコトコト炊くというのが魅力の一つですが、
天板を介してだと、火力が伝わりにくいです。
なのでこの天板を外して直接炎に当てれば、強火が素早く可能になります。
ただ火力が上がっている時に、急に開けると炎が上がっていることがあるので、燃やしている最中には注意してください。

③便利な大きな窓
薪ストーブの魅力の一つに中で燃えている炎を眺めるという事もあります。
このクッキングストーブは窓が大きいので
ホンマ製作所クッキングストーブ
しっかりと炎を眺めることが出来ます。
それだけでなく炉内をオーブンとしてピザなども焼けます。
パン!
なかなか楽しく調理できるのもこの「クッキングストーブ」の魅力です。

3.クッキングストーブの弱点と克服方法!

楽しく遊べるクッキングストーブですが、ちょっと難点が煙突です。
直径100cmは意外と種類が無く、格安の煙突がすくないんです。
ただその数少ない格安品があるのがホームセンターのコメリです。

それだけじゃなく

ガードも格安なのが嬉しいです。
コメリの煙突
外遊び屋も購入しましたが問題なく使用しています。
もう少し横に伸ばそうかとも画策中です(^^
煙突もそこそこ値段がするのですが、コメリさんのお陰で安心して買えます。
ただ・・・保管場所がね??(^^;

 

4.ホンマ製作所クッキングストーブの楽しい遊び!

薪ストーブの前で炎を眺めながらぬくぬくと過ごすのも大きな楽しみの一つですが、
もう一つはその名の通り「料理」でしょう(^^
薪ストーブで熱燗
薪ストーブと鉄瓶で熱燗というのも中々相性が良いですし、
熱燗とイカ
するめを焼きながらの酒たんぽでの熱燗も悪くありません。
ちょっとレトロっぽくて好きなんです(^^

鉄瓶にしてもこの酒たんぽにしても、薪ストーブとレトロって相性がホント良いんですよ。
さらに
薪ストーブで餅を焼く
お餅を焼いたり、
煮込み料理
料理を煮込んだり。
ホント楽しい!眺める、食べる、火をいじる。
これだけで幸せ気分です(^^

 

5.最後に

ホンマ製作所クッキングストーブの2シーズン目に突入したレポートです。
タープ下などでもぬくぬく上着を脱いでってまではいきませんが、案外温かくなります。
かさ張るので持ち運びはちょっと面倒なのはありますが、この薪ストーブでしっかり経験を積んでいきたいと思います。
最終的にはコンパクトになる焚火台が欲しいなぁとは思います。

ちょっと今値上がりしているようです。

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事