スポンサーリンク

外遊び屋です。
カマド型の焚火台の人気は衰えませんね。
その昨今で一番物欲の泉をあふれ出したのは
ユニフレームさんからでた薪グリルsoloでしょう!
一方で火付け役はキャプテンスタッグのカマドスマートグリルでしょう。
値段もお手頃でソロキャンプに使い勝手もよいですからね。
ただ・・・色々な弱点もあったのも事実!
この弱点を克服するべくキャプテンスタッグさんが新アイテム「マルチパネル」を発売!
しかし外遊び屋が使うのは格安品のカマド型焚火台。
ならば・・・格安のカマド型でも使用できるか?この辺りも含めてレビューしていきたいと思います!
外遊び屋の格安品で使えるか?ほぼギャンブル的な購入です(^^

1.カマド型グリルの欠点

これは何度か書いたことがありますが、
もっとも難点だったのは薪を選びすぎる事です。
カマド型焚火台の準備
15センチ以下の薪しか使えません。
これでは燃焼が早い上に、薪の手配が大変です。
なので苦肉の策として・・・
カマド型焚火台で焚火
台を用意する必要があります。
この台が焼き面より高いと火が昇ってくるので注意が必要です。
ステーキとお米
下にしなければいけないんですね。
これが・・・マルチパネルだと解消されるわけです!

スポンサーリンク

2.マルチパネル基本スペック!

キャプテンスタッグのマルチパネルの基本情報から!
幅175×奥行82×高さ15mmのパネルです。
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキューコンロ 焚火台 1台3役 折りたたみ カマド スマートグリル B6型用 マルチパネル 【付属パーツ】 UG-2015
こんな感じ!
マルチパネル開封前
手元にあります。
炭が落ちないようにするためのストッパー。
サイドテーブル、そして薪を置く補助台の3役をこなしてくれます。
取り付け方説明
設置は簡単ですね。
早速組み立てたいと思います!

3.組み立ててみる

これでキャプテンスタッグさんの物なら問題なく装着できるわけですが、
格安品を買ってこれが使えるか??
この検証にも入りたいと思います!
外遊び屋が使うのは

こちら!
2,000円以下でタイムセールだと1,500円程度にもなる
手に入りやすいアイテムなんですね。
これに使えれば・・・問題ないわけです。
では行ってみましょう!
①炭のストッパー
炭のストッパー
これは問題ないです。ただ・・・このアイテムは既についているので
マルチパネルを使用する必要はありません(^^
②サイドテーブル
サイドテーブルに組立
サイドテーブルとして使うにはこの穴で
ストッパー
このストッパーに引っ掛ける訳なのですが・・・
前出の画像で「あれ?」と感じた方もおられるはず。
そう・・・幅が違うのです(^^;
なので・・・残念ながらサイドテーブルとしては使えません・・・。
これは・・・2戦2敗だぞ・・・
③薪置きの補助
しかしもっとも重要なのは薪問題です!
これにしっかりとフィットしてくれれば問題ないわけです。
では早速・・・
届かないパネル
あ・・・装着できません・・・
横の
引っかかるパネルの場所
このでっぱり部分がサイドに引っかかってハマりません。
では切断するか??
いや・・・なんとかしてみましょう!
まずは・・・
最初にパネルをはめる
パネルを最初にはめ込みます。
ここまでは問題なし!
この状態で・・・
片方をはめる
片方をはめます。
そして・・・
反対側をはめる
反対側をはめると・・・

付いたー!!

ピテカントロプスになる時も試したかいがありました!
取り外しは簡単です。
これなら使えそう!

4.薪を置いてみる

実際に安定するかどうか試してみたいと思います。
細めの薪を置いてみます。
多岐を置いてみる
結構安定しています。
30cmくらいの薪でも大丈夫です。
これでかなり薪の使える幅が広がりました。
ならば・・・
ちょっと太めの薪を置いてみる
これも十分に置けます。
これで・・・かなりの薪が対応可能になりました。
使える範囲が増えてきたぞ!!
これは買ったかいあり!!

5.最後に 

これでかなりの薪が対応できるようになりました。
カマド型グリルの出番が増えそうですね。
キャプテンスタッグさん・・・無関係な類似品までカバーしてくれてありがとう。
やはり・・・愛して止まないメーカーさんです(^^
今回購入したのは

キャプテンスタッグさんのマルチパネルです。B6とB5版がありますのでご注意ください。
また外遊び屋が今回検証したのは

こちらです。
格安品の為、仕様が異なることがあります。
試される場合は自己責任で。外遊び屋はなんとかつきました!
出番が広がります(^^

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事