スポンサーリンク

外遊び屋です。
先日購入したピコグリル!
ピコグリル完成
既にお気に入りのアイテムになっています。
ただ・・・焚火はキャンプ場でしかできないので
普段でも使えないかなとおもっていました。
普段使いにはやはり炭でしょう!
炭を使うのともう一つ実験です。
ユニフレームのユニ鉄との相性実験です。
この二つを一気に実験していきたいと思います!

1.実験に至るまで

実験には「普段使いたい」という気持ちが一番の動機ですが、
試しておきたいことがあるんです。
1つ目が燃焼効率です。
先日の焚火で思いの外よく燃える事が分かりました。
ただたまたまなのか(薪がよく乾いていた)性能なのかイマイチ判断が付かなかったんです。
2つ目は次の写真
ホルモン炒め
火から五徳までの距離が結構でるので、アウトドア鉄板を使うにはどうかと思ったんですね。
ヒロシちゃんねるでも薪の上に直置きするのをよく見ますし・・
焚火とスノピ
実際外遊び屋も前回はそう使いました。
なので・・・火力をあげればちゃんと五徳の高さで使えるのか。
この二つを検証したかったんですね。
という事で実験方法としては
炭を使用して良く燃焼するかどうか。
その燃焼で五徳にかけたユニ鉄で調理できるか。実験したいと思います!

スポンサーリンク

2.炭火に着火実験

これは簡単に行きたいと思います。
まずは・・・
ピコグリルで炭火着火
火種を下に置いて炭をつつきながら待っていると・・・
火が回る
よく火が回ってきます。
ちょっと炭の量が心もとなかったのと、
思いの外燃えてくるので炭を足しています。
いや・・・結構燃えます。
七輪などの煙突効果の物は火力も高くよく燃えますが、
ピコグリルは露天に近いので火力調整がちょっと難しいです。
結果的に・・・

めっちゃ燃えました!もはや焚火ですね(^^
もちろん使い終わった後もダメージはなく
ピコグリルは燃焼力がかなり良い!炭火もできる!
ということがよく分かりました。

3.ユニフレーム「ユニ鉄」との相性実験

続いてはキャンプの楽しみお肉を楽しむためのアウトドア鉄板との相性です。
遠火になって火力が出ない可能性を憂慮しています。
ユニ鉄とピコグリル
サイズ的には五徳が無いと置けないサイズです。
ちなみに外遊び屋が使う五徳は自作の「後藤君mini」です。
作り方は
焚き火で活躍!便利な五徳を探して自作編
こちらをご覧ください!
しかし考えようによっては火力が上がらない時にユニ鉄を薪の上に直置きできるサイズですね(
これを炭火でどんどん熱していきます。
そして・・・
ユニ鉄とステーキ
主役登場!
最初はあまり温まっていなかったのでやはり五徳の上では無理かと思いました。
しかし・・・
火力アップ
火力が上がっていくと・・・
ピコグリルでステーキ
徐々に火が通り始めます。
ユニ鉄の利点
徐々に焼けていきます。
分かりにくいかと思いますが、鉄板が波構造なので
出た肉汁や油が肉に再度しみ込むことありません。
これによりお肉の独特の臭いが出にくくなるのもユニ鉄を選んだ要因です(^^
しばらく置いておくと・・・
ステーキ完成
ばっちりと焼けました!
ステーキ焼き加減
焼き加減もいい感じ!
これにより・・・五徳を使っても十分な火力が担保される事と
ユニ鉄との相性も悪くないことがよく分かりました。

旨かった!

ユニ鉄の詳しいレビューは
ユニフレームの新商品!アウトドア鉄板「ユニ鉄」徹底レビュー!
をご覧ください。結構好きなアウトドア鉄板です(^^

4.最後に 

今回はピコグリルの性能実験でしたね。
今回分かったことは
①炭で使用できる
②燃焼効率はかなり良い
③火力をあげれば五徳の高さでも火力不足にならない
④ユニ鉄との相性も良い
の4点です。
ちょっとずつ分かってきたのでピコグリルのレビューも書けそうです(^^
なかなか遊んでくれるアイテムだぞ!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事