スポンサーリンク

外遊び屋です。
最近外遊び屋的に再ブームを迎えているのが、
ステーキとお米
カマド型の焚火台です。
一時期の勢いはない物のまだまだ人気ですね。
ソロキャンプ向けでもあるし、調理もしやすい。
コンパクトに収まるなどのメリットがたくさんですが、
一方で使いにくいところもある癖のある焚火台です。
今回は、この弱点を克服するために少し改造してみたいと思います。
もっともっと使いやすくなればいいな・・・。

1.2つの弱点

カマド型の焚火台で大きく困ることが2つあります。
まず一つ目は焼き面が狭くて薪を選ぶという点です。
カマド型焚火台の準備
小さい薪しか使えないという点です。
そして・・・
カマド型焚火台燃焼効率
燃焼させたときに空気の流れが上手く生まれず
火力が上がりにくい。
この2点です。
これを克服できれば、もっともっと使いやすい焚火台になるはずです(^^

スポンサーリンク

3.カマド型焚火台の薪問題解決

薪問題に関しては先日の記事
キャプスタさんよりカマド型グリルをさらに使えるようにするアイテム発売!
にて詳しく書いております。
概要だけ書くとこのカマド型焚火台の人気の火付け役ともいえるキャプテンスタッグさんより

マルチパネルが発売されています。
これにより
ちょっと太めの薪を置いてみる
大きめの太い薪を置いても安定するようになります。
薪を置いてみる
30㎝程度の物も置けるので使える薪の範囲が大きくなりました。
これで・・・薪問題はとりあえずの解決としています。

3.燃焼問題に取り組む

続いては燃焼問題です。
これは解決策は見えています。
カマド型のサガですが、3方向が囲まれているので空気の流入が弱いんですね。
加えて
カマド型焚火台の下面
下の面はただのトレーになっているので
下からの空気の流入がないんですね。
これを解決すれば・・・火力があがるのでは??
ということで・・・
ドリルとトレー
トレーに穴をあけていきたいと思います。
簡単に綺麗に穴をあける為には・・・
トレーをグリッド化
使い終わった網を使ってグリッド化します。
まぁめちゃくちゃ正確にあける必要性はないので
これを目安に穴をあけます。
トレーに穴をあける
まぁ・・・なんとか規則性が保たれたでしょう(
これで早速実験してみたいと思います。

4.燃焼実験

では早速燃焼実験に入ります。
まずは・・・
燃焼実験①
普通に炭を熾します。
下に着火剤があります。
燃焼実験②
火をつけます。この辺りはまだまだ普通です。
ここから・・・
燃焼実験③
一気に燃え上がります。
これは今までにない燃え方ですね。
効果があると見ています。
せっかく炭を熾しているので、調理するために他で熾した炭も投入です。
燃焼実験④
並べると上昇気流が生まれるのでさらに良く燃えていきます。
これは・・・かなりいい感じ!
燃焼実験⑤
火力が強くて一瞬で焼けます。
いや・・・表面がかりっとして非常に美味しかった!
これは大成功でしょう!!

5.最後に 

思いの外効果があったと思っています。
何度か使いましたが、これまでで最高の火力を出してくれました。
後は使って火力調整できるようになればよいと思います(^^
ちなみに外遊び屋が使っている格安カマド型焚火台は

2,000円を切る商品です。穴をあけたことでの強度はちょっと気になりますが
まぁ大丈夫かなと思っています。でも改造される方は自己責任で(^^
外遊び屋は楽しく遊んでいきたいと思います(^^

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事