スノーピークから始まった!ソロキャンプの渋いアイテム!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
寒さがきびしくなる冬キャンプ!
そんな中で暖かい物を飲むというのはキャンプの楽しみの一つ。
冬のキャンプでやりたいことが
お月見
熱燗!これはお月見の時の画像です。
鉄瓶を・・・しかも熱燗用の鉄瓶を手に入れた今、熱燗を楽しまない選択肢はないでしょう!
そして一つ欲しい物が・・・それがキャンプに安心して持っていけるお猪口です。
最初に思いついたのが

スノーピークのお猪口です。
しかし実はこの世界。かなり奥の深い沼だったことに後々気付くことになります。
今回は外遊び屋が覗き込んだスノーピークから始まったソロキャンを楽しむアイテムを見ていきたいと思います。

1.割れないお猪口を求めた時。入り口にスノーピークが居た!

思いついたらAmazonでキーワード検索が外遊び屋のいつもの常とう手段です。
そして「キャンプ お猪口」このキーワードで検索!
最初に目についたのが

やはりスノーピークのこちらの商品!何度か見た事もあり、悪くない商品。
チタンという事で熱燗を注いでも飲み口が熱くなりにくく、また放熱しにくいメリットもあります。
しかも二重構造??冷酒向きです。ただ今回は冷酒じゃないんだな~。しかもお猪口1つに3,800円はビビります(^^
そんな時に雷に打たれました!

テンマクデザインのぐい飲み!しかも底にmadein燕三条の文字が!銅の錫メッキだそうです。
180ml入る結構大きなタイプです。
値段は2,420円なのですが送料が805円かかる!う~~。店舗が近くにあれば・・・西の悲しいところです。
しかしこれだけじゃありませんよ。

この盃のビジュアル!無骨!コップ的じゃない所がいい!しかもお値段1,555円!
なのに燕三条製!ほら!魅力度上がってきたでしょ?(^^
ダブルウォールじゃないのも無骨で良い!値段も燕三条という点も既に沼にどっぷりと。
そして最後に・・・

欲しい焚火台の一つトークスの製品!値段は1,870円ながら2つセット!
形はシンプル!この感じもいいな~と。狙ってない感が良い!
もちろんチタンです。30mlなところがチビチビ飲むのに良さげです。
これが現在第一候補です。いや、思ったより深いので、まだまだ発掘できそうです(^^

スポンサーリンク

2.こだわりたくなるスキットル!

こうなると日本酒の入れ物にもこだわりたくなります。
現在
ひょうたん
瓢箪もあるのですが、こぼれそうなので、また違った物を!
すれがスキットルです。これが結構面白い!

56mlのキーホルダーのスキットルです。
これ・・・UCOのキャンドルランタンのオイルインサートのオイルの持ち運びにも便利かも(^^
他にも

大体1合入るくらいのスキットル!もうこのまま火にかけてもいいんじゃない?って感じです。
こうなると
4合瓶のサイズで600円とお買い得のボトルでもいいんじゃない?なんてことも考えだします。
いやはや・・・深い!深い!とりあえずこのボトルは水の持ち運びにも買っとくかな(^^

3.最後に 

スノーピークから始まったキャンプで熱燗を飲むアイテム探し。
まだまだ底は深そうです。でも面白い!現在トークスの物が最有力候補ですが

お猪口セットで900円なんて物もあるんです。こりゃまだまだ即断できません(^^;

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事