スポンサーリンク

外遊び屋です。
徐々に各メーカーさんから新製品が出ていますね。
楽しみに限りです。
そんな中で今回はSOTOさんから出た
トーストサンドパン!
昨今キャンプシーンに限らずホットサンドも人気の様です。
そこに満を持して出てきたSOTOさん。
ちょっと遅いかなって思いながらスペックを見たところ
ちょっと欲しくなったのその魅了をかいていきたいと思います。

1.ホットサンドクッカーは美味しい!

まずは流行りのホットサンドから。
キャンプシーンだけでなく美味しいホットサンドが良く紹介されています。
簡単に作れて中の具材を変えると様々な味になります。
外遊び屋が使うのはイタリア商事さんのバウルーです。

焚火にも突っ込める優れものです。
これで・・・

ローストビーフのホットサンドや

雪見大福を使って簡単スィーツホットサンド!
また・・・

ピザなんかも焼いてみたりもできる遊べるアイテムですね。
詳しいレシピは
ホットサンドクッカーを使ったおススメレシピ!パンだけじゃもったいない!

をご覧ください!
魅力的なアイテムですが、
次項ではSOTOさんのホットサンドの魅力です!

スポンサーリンク

2.トーストサンドパンST951

今回SOTOさんから発売されたのは

(出典:SOTOさん公式HPより
見た目はシンプル。ハンドルに奥ゆかしくSOTOさんのロゴが入っているだけ。
このシンプルデザイン嫌いではないですね(^^
ただハンドルが短いのが焚火使用には向かないかなって思いますが・・
セパレートしてフライパンとして使えるのは便利です。
外遊び屋も・・・

焚き火用はセパレートできるように改良してあります。
使いやすくなりますからね(^^
続いて
スペックです。
本体/鉄(底厚1.6mm、窒化加工) 
ハンドル/フェノール樹脂(耐熱温度:140℃) 
ハンドル金具/鉄(クロムメッキ) 
ハンドルフック/ステンレス
注目するのは・・・本体が「鉄」です。
外遊び屋の愛用するバウルーはアルミダイキャストとなっています。
つまり・・・SOTOさんは鉄フライパンと同じ感じになっています。
説明書にもありますが、使用後は水気を飛ばして軽く脂を塗っておく。
メンテナンスも鉄フライパンと同じ。
厚みも1.6㎜と蓄熱性を発揮してくれるには十分な厚さなので
食材をじっくり焼いてくれるでしょう。
時間がかかるというデメリットもありますが・・・
ゆっくりと火が通っていくというのは味の向上につながりますね。
そして・・・お気づきの方も多いと思いますが・・・
鉄製品はIHが使用可能!
既に画像には出ておりますが(^^;
これまでのIH対応は焼き面にぽつぽつとボタンのようなものが付いており
あんまりかっこよく見えなかったんですね。
そこのところをSOTOさんは押さえています。
見た目はかっこよくIH対応!
外遊び屋の家もIHなのでホットサンドにはバーナーをだして
作っていましたがこれなら・・・
簡単ですね!正直この一点だけでもかなり欲しい点です(^^;

3.最後に

次々と出る新製品。
自分のアイテムに愛着がありながら他も欲しくなる・・・。
なんとも人間の業というものを感じます。
とはいえ・・・・製品が優れているのも事実!
鉄製品なのでメンテナンスはしっかりと必要ですね。
IH対応で普段使いが出来、フィールドでは鉄フライパンとしても使える!
SOTOさん・・・新しいバーナーと共に外遊び屋を魅了しすぎです(^^

お値段5,000円程度です。
また・・・手が届いちゃう金額なんだけどな~

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事