格安で無骨!ルーマニア軍放出の軍幕的ポンチョテント!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
オシャレより無骨に憧れつつも、トータルコーディネートできないの外遊び屋。
かっこよく設営出来ないのですが、「無骨」に憧れる以上、興味を持っていたのが軍幕です。
軍幕は高価なイメージがあり、手を出すことがありませんでしたが、
ふとしたきっかけでポーランド軍の軍幕がそれほど高くないと知りました。
ならばと調べ始めたら格安の軍幕的な物はたくさんあることを発見!
吟味を重ねた結果、ルーマニア軍のタープにもなるポンチョを選択しました!
結構無骨な感じで、普段でも使えるんじゃないかと思っています。
早速購入して遊んでみたのでレポートします(^^

1.ルーマニア軍ポンチョの基本スペック!

まず基本スペックから紹介したいと思います。

ルーマニア軍のポンチョは正方形のコットン生地です。
これを折りたたむことによって

ポンチョとして使用できます。むしろマントのイメージですけどね。
帝都大戦に出てきそう(^^

後ろはこんな感じ!折り返しの部分がフードにもなります。
リアルなスナフキンの感じです。
生地自体は180cm×180cm。繰り返すとコットンなので火の粉にもある程度の耐性を発揮してくれます。
重量は1.3kgですが、着ていてもそれほど重くは感じませんでした。
軍の放出品なので、ある程度の臭いと、汚れ、さびなどはあります。
またボタンなども物によっては違う事もあるので、そのあたりが柔軟に捉えてください。

スポンサーリンク

2.ルーマニア軍のポンチョ細部の画像!

外遊び屋の手元に届いたポンチョの細部を見ていきたいと思います。
ルーマニア軍ポンチョ
四隅にハトメがあります。リングとしてはかなり大きく、やや錆びていますが外遊び屋にはこれが味なんです(^^
さらに
ルーマニア軍ポンチョ
何が書いてあるのか分かりませんが、ハンコが押してあります。これもかっこいい!!
ルーマニア軍のポンチョ
ちょっと見づらいですが、ポンチョの端にはボタン穴が均等に開いています。
これを利用すればタープとして色々な形に張れるというメリットもあります。
流石の機能美です(^^
自分の発想次第では色々出来ますね。これはスキルアップしていきたい!!
ただ
ルーマニア軍のポンチョ
ボタン穴はあまりしっかり縫っているわけではありません。
他の場所は比較的綺麗に縫ってありますが、この部分はちょっと不安。
ここにペグを打ってもあまり無理に引っ張らない方がいいでしょう(^^

3.正方形からポンチョに折る方法

最初分からなかったので、外遊び屋なりのアレンジです。正解かどうか分かりませんが
記録的に書いておきます。
ルーマニア軍のポンチョ
まずは正方形!真ん中にボタンがあるのでそれに向けて端から真ん中に折ります。
ルーマニア軍のポンチョ
こんな感じ!
ルーマニア軍のポンチョ
ボタンがちゃんと留められるようにできているので見れば向きも簡単に分かります。
ちなみに長さも2段階に調節できる優れもの!ほんと機能美!
ルーマニア軍のポンチョ
両方から真ん中に向けて折れば既に形になりました。
真ん中でボタンで閉めるのでこれも向きを間違う事はありません。
この状態から被れば失敗しようないですね(^^
ルーマニア軍のポンチョ
ちょうど腕のあたりに切れ目がはいっているのでここから手が出せるようになっています。
ただ首周りにはボタンが無いので
ルーマニア軍のポンチョ
付属している首周りの紐をボタン穴に通すことで閉めることにしました。カラビナでもいいかなと思います。
ルーマニア軍のポンチョ
こんな雰囲気!コットンですが、風除けになるので寒さ対策にも良さそうです。

4.ルーマニア軍ポンチョ外遊び屋的使い方①火の粉対策

このポンチョはコットンで出来ているので、ちょっとした火の粉なら炎上することはありません。
冬場のジャケットや防寒パンツなどはナイロン製で火の粉があたると簡単に穴が開くので
これを羽織って座っておけば、防げるかなと思っています。とくに外遊び屋は地べたスタイルなので
あぐらを組めば足まですっぽりと収まります。風除けにもなるのでかなり便利そうです(^^;

5.ルーマニア軍ポンチョ外遊び屋的使い方②防寒対策

まずはポンチョとして着てみましたが、風を通さないのでかなりあったかいです。
加えて中の熱も閉じ込めてくれるので部屋で来ているとちょっと暑いくらいでした。
ならば!格安ダウン寝袋をこのポンチョで包めばさらに寝袋のスペック以上に温かくなるんじゃないか?
そう考えました!もちろん実験してみます。
この日の温度は
温度計
6度です。11月にしては寒いかな。この温度は外遊び屋の格安ダウンシュラフではかなり寒さを感じる温度です。
温度実験
サーマレストを敷いて
温度実験
ポンチョを正方形で重ねて

寝袋を柏餅のように挟みます。正直どれだけ効果があるかは疑問でしたが、
かなりあったかくなりました。寒さを感じずに眠れたのでこれだけでも全然違いましたね(^^
風を通さないというのはこれほど違う物か?そんなことを感じました。
カヤックキャンプならこれ持って行けば色々寒さ対策で使えそうです(^^

6.ルーマニア軍のポンチョ外遊び屋的使い方③簡易タープ

正方形のコットン生地なので、タープとして使えると便利です。
180×180なのでそれほど期待はできませんがとりあえずダイヤモンド張りをやって見ました。
ルーマニア軍のポンチョ
なんとかサーマレストが収まる程度です。非常時に寝れない事も無いサイズかな。
カヤック時の砂浜での休憩には良さそうです。
気合を入れて、虫がいない寒くない時期ならこれで一泊も悪くはないかも。
見た目もかっこいいのでデイキャンプ中心に使っていけそうです。
でもあくまでも非常時くらいかな~

DDタープ持ってますからね(^^

7.最後に

ルーマニア軍のポンチョの購入レビューでした。
まだまだ使い込んだ後に追記をしていく予定です。
でも5,000円ちょっとで軍幕的な物も手に入る嬉しさと、
考えられている機能美がなんとも手にして嬉しい限りです。

色も二色あるので好みが選べるのも良いところ。

とはいえ画像では色の差は殆ど分かりませんけどね(^^;
夏も冬も使えそうなのでしっかりと遊んでいきたいと思います(^^

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事