キャンプの惨劇!海の流木で涙を見たデイキャンプ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
先日新しいテントの初張りに行ってきました。
OneTigris OUTBACK RETREATのサイド
Aフレームやパップテントの人気の2タイプで使えるかなり楽しいテントです(^^
レビューに関しては「新製品レビュー!パップもAフレームでも使える可変型テント!」をご覧ください。
せっかく張ったんでちょっとデイキャンプも楽しもうと意気込んでいたのですが、待っていたのは海キャンプならではの涙の体験でした。
今回はこの涙の体験を涙ながらに記事にしてみたいと思います。思い出しただけでも涙が出る(涙)

1.設営終了後まさかの薪が!

テント設営も一通り終わり
OUTBACKRETREATのAフレーム張り
Aフレームで楽しむか、
OUTBACKRETREATパップテント
パップテントで楽しむかワクワクしていましたが、
相方の日陰がないとヤダ!という一言でパップテントに。
まぁそりゃそうですよね。
扇風機で涼む
ちょと扇風機で涼んでから薪を拾いに行きます。
良く来る海なので探せば流木があり、焚火の薪に困らない程度は拾えると思っていました。
汗が引いた後に、薪を拾いに出ましたが、無い!
あれ??
いや厳密に言うと、丸太や、運べないような大きなものはあるんです。
しかし・・・手ごろの物がない!
そういえば最近でここに焚火に来る人が増えているのは聞いたぞ。
なんと・・・品切れ状態??
もっと厳密に言うと、タイドラインにはチラホラと流木は流れ着いています。
表面はこの暑さなので乾いていますが、塩気を含む中はおそらく・・・。
とはいえ焚火が出来ないと困るので、生乾きの流木を拾って試してみます。

スポンサーリンク

2.優秀な燃料!竹で焚火を開始

早速焚火を開始します!

景色が良いので気持ちも上がります(^^
薪がかなりの湿気を帯びていることは分かっているので、今回は着火剤で行きます。
加えて着火しやすい竹を最初から使っていくと

簡単に炎が上がりました!
なんだ!結構いけるじゃん!って(^^
しかしこの後に悲劇が始まりました!

3.ひたすら煙に巻かれる焚火と対処法!

気分よく竹をくべ、さらに半生の流木を入れていきます。
竹で炎が上がっている時に入れれば、乾いてそのまま火が着くだろう。
事実無人島キャンプではその手はかなり有効です。
無人島キャンプ
その経験から入ったのですが
焚火から煙
すっごい煙が出る。
火吹き棒で必死に空気を送りますが、流木がくすぶるばかりで、炎にならずに灰になっていきます。
なんとか少しは炎が上がるのですが、空気を送り込むことをやめると炎は消えて煙になってしまいます。

火吹き棒のお陰で何とか火はキープできるもののしんどい。
加えて煙が目に染みる~~( ;∀;)
火吹き棒の長さが60cmあってホント良かったです。40cmだと吹くのも無理でした。
ちなみにキャンプの時なら竹を再度集めて炎を出し、下に流木を置いて強制的に乾燥させる手段を取りますが
この日は残り2時間ほど。時間がかかる方法でなくササっと楽しみたい!
そんな心がどんどん悪い方に向かい涙として自分に跳ね返ってきました。

4.煙の中の料理

それでも火吹き棒は優秀な物で外遊び屋が頑張りさえすれば
煙で調理
何とか炎があがり、調理を可能にしてくれました。
止めた瞬間煙が出る
クッカーを下した瞬間煙がでました。
いや分かっているんですよ。バウルーを直接置いているから、空気の循環が悪くなっていることを。
証拠に
目玉焼き
ホットサンドを下すと炎がちょこっと上がっているでしょ?(^^
このあたりの計算がしっかりできるようになりたいな~。
五徳を使うとよいのですが、何となく直置きの方が火力も強いし、野営感がでるので好きなんですね。
しかしまぁ、何とか時間内にご飯にたどり着けたので良かったです(^^

5.最後に

いやはや、何事も楽をしようとするといけませんね。
時間がなくてもちゃんとした方が結局快適ですね。反省。
この日はかなりスズメバチが飛んでいました。危険を感じるほどではないですが。

今回使ったテントは4面全てにメッシュが付いているので、テントの中に入ってくることはなかったです。
またメッシュなので風通しがよく煙も中でたまらずに外に抜けてよかったです。匂いはそれほどつかなかったので(^^
気休め程度にキャンドルランタンに虫除けオイルも入れていましたが、効果はあったかどうか。

キャンドルランタンに

フラットリフレクターを装着しています。
キャンドルランタン
フラットリフレクターが一時期品切れ状態でしたが、供給が追い付いたようです。良かった良かった!
ちなみにスズメバチに一番聞いたのは焚火の煙かもしれません(^^;
煙が上がるようになって近付いてきませんでしたから。
デイキャンプとはいえ毎回発見があります。今回は涙の回でしたが、楽しかった!(^^

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事