簡単設営の便利なテントでガッツリ海のキャンプ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
暑くなってきたので海キャンプが良い時期になってきました。
海から来る風は海水で冷えているのか、かなり気持ちいいんです。
また今回は前回釣りあげた
カサゴ
カサゴ!
これを再び釣りたいという気持ちもありました!
しかし結構予定のある日・・・出発は4時と結構遅め!
なので今回も安定のめっきり海用になったテントを持って出発です!
海でピッタリな点で砂浜キャンプ!だらキャン▼レポスタートします!

1.ベタ凪を超えていつもの浜に上陸!

前回片づけをしてからまとめたままだったことと、わずか1週間程度での出発だったこともあり
今回は非常に出艇までがスムーズとなりました。
カヤックというのはホント便利で気持ち良い物です。
ちなみに外遊び屋のカヤックは基本的に1日に30~40キロ程度漕ぐことと
2泊3日のキャンプを想定しているので、スタイリッシュなカヤックというよりは
ちょっとずんぐりしたレク艇に近い物です。ポリ艇なのでガシガシ使えるタイプ。
実際FRP艇もシングルは欲しいんですけどね。積載の大きい今のカヤックはかなりお気に入りです。
ちなみに・・・FRPのカヤックなら50~60キロくらい行けると思います。抵抗が違いますからね。
色々あるのでカヤックでキャンプやツーリングしたいって方は専門のお店で相談してくださいね。
正直趣味でやっている方とかではなく、ツアーをやっているショップさんで相談してほしいところ。事故も増えていますので。
ちょっとマニアックな話になりましたが、外遊び屋の物はレク艇ゆえに大きさの割に積載がガッツリ行けます。
この積載キャパがあるので・・・
スーパーシェルターを設営
あまりシビアにならずにタープ機能も持つこちらのスーパーシェルターも楽に積載できます(^^
もう慣れた物なので設営自体はすぐですよ(^^

スポンサーリンク

2.海の事情で設営前にしなければならない事が!

実は設営はちょっと時間を置いてからしております。
というのも・・・ご存知海には満ち引きがあります。
先日魚を釣ったポイントは満潮時には行けなくなるんですね(^^;
岩が沈んでしまうので。
基本は到着と同時に設営と薪の確保をしておきたいのですが、
今回は「食料の確保」という重大ミッションがあるんです。
もたもたしていると確保する努力もできない可能性があるわけで・・・
カヤックを流されない位置まで揚げたら、すぐに釣りの準備です。
いつもは釣りを楽しむために柔らかいロッドを好むのですが、
今回はイカも狙ってやろうとバスロッドを持ってきました。
ちなみにグリップはコルクが好きなのでバリエーションの多いバスロッドの方が
好みにコンパクトロッドがあります。

2,000円程度でもあるんですね。外遊び屋ははるか昔釣具屋さんで購入したものです。
ちなみにロッドよりもリールに重点を置く派です。
ライントラブルで苦労するので(^^
現在使用しているのは
こちら!
アブサン結構好きなんですよね(^^
これで挑みました!
まず最初に釣れたのは・・・
ウキソメバル
ウキソメバル!なのですが・・・
小さい・・・。加えて・・・なんか目がデカい・・・。
とりあえずお帰り頂いて・・・
続いては・・・
小さめのカサゴ
小さなカサゴ・・・。
この後もフグやさらに小型はかかるものの・・・・
食べれるサイズには出会う事が出来ず・・・
満潮に近くになり浜への帰還が困難となりつつあるので撤退となりました。
2連敗が決定となりました(涙)

3.浜辺にはスーパーシェルターも良い

満潮に近いこともあり釣りを終えた後はまず、薪の確保!
最悪テントは日が暮れた後でもなんとか設営出来ますが
薪の確保だけは明るいうちの方が断然楽ですからね。
しっかりと砂浜を歩いて確保した後はテント設営!
今回も設営したのは
スーパーシェルター設営
スーパーシェルター!
既に日暮れが近いので若干画像が暗めです(^^;
今回は流木が長い物があったので角のように立ててみました(^^
跳ね上げがタープ機能を持つのでちょっとした夏日でも多少はしのげますし、
フレームに流木やカヤックの場合はパドルが使えるので、カヤックキャンプに重宝しています。
ただペグは効きにくいのでサンドペグなどが必要になりますが、
外遊び屋はDaisoの5本セット位な物を3セット位持って行ってダブルペグで設営しています。
風が強くなければ大丈夫なんですよ(^^

タープ下の蚊帳的な感じで使えるのでいいですね。
今回もしっかりと役目を果たしてくれました。

アップグレード版は反対側にもメッシュがあって
涼しそうなんですよね・・・。ちょっと気になるけど流石に買い替えはできないなぁ(涙)

4.だらキャン▼レポ続きます

またまただらっと始まっただらキャン▼レポです。
外遊び屋がキャンプにハマったのはカヤックキャンプが始まりなので
こだわりもあるのですが、最近のオートキャンプの影響も受けて
自分のカヤックキャンプのスタイルが変わりつつあるのもまた楽しいところです。
残念ながら釣れなかった釣りですが・・・今後晩御飯も大変なことになります。
正直・・・カヤックキャンプはトラブルばかり!次回は晩御飯で起きた悲劇・・・だと思います(^^;

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事