キャンプの便利アイテム!おうちキャンプで活躍した3つのアイテム!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
おうちキャンプを1.9倍楽しむ方法!も第26弾となりました。
自粛ももう少し頑張ればなんとか・・・というところでしょうか。
外遊び屋もかなりおうちキャンプは楽しんでいますが、
キャンプはまた格別ですからね(^^
そんなおうちキャンプを楽しく支えてくれたのがやっぱり楽しいキャンプ道具です。
今回はおうちキャンプを楽しませてくれた5つのアイテムを紹介します。
これらのアイテムがあったから何とかなったかも・・・。
外遊び屋を救ってくれたアイテムたちです!

1.雰囲気を楽しませてくれたフュアハンドランタン

この「おうちキャンプを1.9倍楽しむ方法!」シリーズで最もよく出てきたのが
庭キャンプの朝食
フュアハンドランタンでしょう。
これを付けるだけでグッと気持ちがキャンプに寄りました。
本気の庭キャンプの時にも・・・
炎を眺める
薪ストーブを炊いて調理していると気のもこれがあるとちょっと気持ちが休まります。
炎を見ると心が落ち着きます。何となく揺らめく炎を見ている時間が良かったですね。
ちなみに・・・
フュアハンドランタン
眺めているだけで感じていたストレスが溶けていく感じでした(^^
この炎にどれだけ癒された事か・・・
加えて・・・

こちらの防虫オイルを入れることである程度の虫除けが期待できます。
虫除けと癒し・・・外遊び屋の自粛をもっとも支えてくれたものですね(^^

オイルランタン・・・もう少し数を増やしたいな~

スポンサーリンク

2.まったり時間を支えてくれたハンモック

今回のまったりの代名詞として存在したのが・・・
ハンモック
ハンモックです。
こちらは元々使っていた自立式ハンモックスタンドに蚊帳付きのハンモックをを探して設置したもの。
これは結構苦労したのでかなり思い入れのおうちキャンプアイテムになりました。
苦労したのはやはりサイズです。
外遊び屋のおうちキャンプライフを楽しませてくれています。
ハンモックからの風景
この中でのお昼寝は最高ですね。
でも・・・購入の際にはハンモックスタンドとハンモックの長さはお気を付けください。
ハンモックスタンドの広さ=ハンモックの長さだとぶら下がりません。
ちょっと短めをおススメします。外遊び屋が購入したのものは250cmで1,700円ほどでした。
詳しいレポートは以下の記事で。長かったため短くした方法なども紹介しております。

3.ミニダッチオーブン!

購入と同時に自粛に入ったので、フィールドで使えたのは1度だけです。
餃子とハンバーグ
キャプテンスタッグさんが今年発売したミニ角型ダッチオーブンです。
フィールドでは2人分にちょうどいいなってサイズでかなり使いやすい印象を持ちました。
ただ重さがあるので車でいけるキャンプかなって思っています。
このミニ角型ダッチオーブンが非常におうちキャンプのキャンプ飯を楽しませてくれました。
大きくないのでちょっとおつまみを作ろう。実験的に何か作ってみよう。
そんな時にぴったりでした。
スペアリブ完成
角型なのでデッドスペースなしにスペアリブが作れました。
もちろん・・・
ダッチオーブンの時間
ダッチオーブンなので上に炭を置くなど調理法もそのままでできます(^^
ローストだけじゃなく・・・
1時間煮た筋肉
牛筋の煮込みを作ったり・・・
角煮完成!
角煮風を作ったり・・・さらにこの作成過程で思いついた
スペアリブ完成
一度火で炙ってスペアリブ風にできることに気がついたり。
詳しい方法は下記の記事で。

こちらの商品も現在品切れ中の様です。
やっぱりみんな考えることは同じなのかな~(^^

4.番外編二次燃焼可能な焚火台!

どうしても炎が見たいという欲求に勝てないというときに役立ってくれたのが
炭で火を熾す
こっちらの二次燃焼可能な焚火台!
炭で使っても炎が上がってくれるんです。
ちょっと炭で使うと炎の赤みが足りない気もするのですが
そこは贅沢を言ってられませんからね(^^
その炎で・・・
割れた卵・・・
朝ご飯を作ったり・・・
キャンティーンで湯を沸かす
湯を沸かしてスープを作ったり・・・
肉の塊を焼く
肉を焼いたりとかなり癒してくれました。
炭なのでほぼ煙は出ませんが、それでもちょっと安心なアイテムでした。
この焚火台もね。買ってすぐに自粛に入ったのでまだフィールドには出ておりません。
早く持って行ってやりたいアイテムです(^^

5.最後に 

ホント個に2か月ほどよく遊んでくれたアイテムです。
おうちキャンプで遊べるって事はフィールドでも活躍してくれるでしょうし、
何よりも今後もキャンプに行けない時の楽しみをくれそうですね(^^
とはいえ・・・先日キャンプに行こうとしたら今月中は閉鎖のところが結構ありました。
キャンプ可能な河川敷にも自粛をお願いする看板もあり、外遊び屋は撤退なりました。
看板を置いた職員さんの気持ちになるとね・・・なんだか。
せっかくの復帰戦はフルスイングで楽しみたいので、無理に入らず開いているところを地道に探したいと思います。
おうちキャンプ・・・これまだまだやっていくんだろうな(^^

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事