キャプテンスタッグのビッグシェラでキャンプ飯に挑戦!湯葉編!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
自粛要請期間中に始めた「おうちキャンプを1.9倍楽しむ方法!」も第25弾です。
このシリーズを通して、キャンプアイテムでどんなことができるか?
また今あるアイテムでどんなキャンプ飯できるか?そんなことを考え直す機会となり
実際に試す事ができました。その分スキルアップしたかな?(^^
今回はその一つ!キャプテンスタッグの大きめのシェラカップを2つ購入しました。
これを使ってさっぱりキャンプ飯!湯葉を作っていきたいと思います。
キャプテンスタッグのビッグなシェラはピッタリサイズでした!

1.簡単湯葉の作り方

湯葉は簡単に作れます。
ホント簡単。無調整豆乳をフライパンやクッカーで温めれば
薄ら膜が張ってくるのでそれをすくえば湯葉の完成です。
ほんとにそれだけで出来るの?って感じですが...できるんですよ。これが!
ほんとに簡単です外遊び屋がいつも使う無調整豆乳は豆腐が出来る豆乳です。豆腐も作ったことがあるので実績のある豆乳。
出来たらワサビ醤油で食べるも良し、ポン酢で食べるもよし。
最高のおつまみになります。
この簡単な湯葉でなぜキャプテンスタッグのシェラカップが2つ必要だったのか?
これは食い道楽の外遊び屋の家の事情がありました。

スポンサーリンク

2.キャプテンスタッグのシェラカップが2つ必要な理由

今回外遊び屋が準備したのはこちらのシェラカップ!

キャプテンスタッグさんのビッグシェラカップです。
630ml容量があり、たっぷりできそうじゃないですか(^^
なにより今後取り皿として鍋などの多い外遊び屋のキャンプを支えてくれそうです。
〆のうどんなどを入れた時にね。大きなシェラの方がいいなって考えたんですよ(^^
まぁ今回の直接的原因は表面積が広くて大きな湯葉が作れそうって所でしたけどね(^^;
実は値段がそこそこなのでユニフレームのちびパンとちょっと悩みました。

場合によっては1,700円くらいで買えることがあるのとさらに広い表面積が期待できるので。
しかし・・・すぐに手に入るのはこちらのビッグシェラだったので、シェラカップを増やしたいという野望もアリ
こちらに決定しました。
またなぜ2つ同時に買ったか?
スタッキングしたかった・・・からではありません(^^;
湯葉は食べる時にちょっと時間がかかります。
豆乳が温まれば次々に幕が出来るとはいえ、やっぱり数分は必要。
加えて自分好みの厚さにしようと思うとそれなりに。まぁこの時間が楽しいわけですけども
2人で一つの容器で作っていると次の自分の順番まで5分弱待つことになります。
ちょっと長いでしょ?加えて相方が早く食べたいかなって思うとちょっと早めにあげちゃうでしょ?(^^
これが1人1つなら・・・自分のペースで出来るから(^^
まぁそれほど高い物でもないので2つ買っちゃえって事で購入でした(^^

3.炭火で湯葉づくりに挑戦!

今回は炭火で湯葉づくりに挑戦です!
マングローブ炭を熾す
早速マングローブ炭を熾します。
いつもはオガ炭をしようしているのですが、今回は火力がそこまで必要じゃないかな?
という事と、直接焼くわけではないのでマングローブ炭でもいいかなって所です。
角型七輪だと十分なスペースがあるのでビッグなシェラも十分置けることから炭火で行う判断となりました(^^

焼き面が広いのは外遊び屋にとってはかなり有難いポイントなんです(^^
丸型七輪と火の上がり方に差は感じないですよ。
マングローブ炭を熾す
良い感じに火が回ってきました(^^
早速・・・
シェラカップを火にかける
シェラカップに豆乳を100mlほど入れて火にかけます。
最初はなかなか温まらないので・・・
豆乳と金麦
喉を潤しながら待ちます。
せっかくなんで・・・
ウィンナーを焼く
ウィンナーも待ち時間に焼きます。
マングローブ炭でも十分に美味しいな・・・。
ちょっと最近マングローブ炭舐めてましたね。原点忘れないようにしないと(^^
そうこう考えていると・・・
湯葉完成!
湯葉が出来ました(^^
ぽん酢につけて食べると・・・ウマイ!!
もう少しガッツリ出もいいかな~っておもったので・・・

湯葉二枚目
ちょっと長めにしてみました。分厚くなると豆の風味倍増!
やるな!豆乳!
他にもできた湯葉を・・・
焼湯葉
炭火で炙って焼湯葉にしてみたり楽しみ方自由です。
最終的には・・・
湯葉煎餅
全部をシェラカップの中で焼いてパリパリの湯葉煎餅となりました!
これもまたウマイ!
いや楽しみ方自由です(^^

4.最後に

新しいシェラカップを買って炭火で湯葉に挑戦でしたが思った以上にうまくいきました!
思った点は2つ
①湯葉を作る容器は人数分あった方が良い!
やっぱり待ち時間はない方がいいですね。作るのも楽しいので自分の物を作っている時にはいいのですが
後に人がいると思うと気を使います。特に焼湯葉などはなるべく分厚い湯葉の方が焼きやすかったので
しっかりと作りたいところ。自分専用の容器があれば・・・楽しいです(^^
②火力は高くても大丈夫!
今回一気に投入が沸騰しないようにちょと火力が落ち着くのを待ってから始めました。
でもどうやら火力が高くても問題なくできるなと。待つ必要はなかったなと思いました。
距離で火力調整できるうえにやはり最初や、豆乳を継ぎ足した時には弱火では次の湯葉ができるまでに
時間がかかります。これを緩和するには多少火力が強くてもいいなって。
焚火でどれだけできるかなという不安もありましたが、今回炭火でやって見たところ
焚火でも全く問題ないことも良く分かりました。
ちょっと広がったキャンプ飯の可能性。家でも楽しめるのでまた挑戦します。
シェラカップも買ったので。でもこのシェラカップ・・・ラーメンドンブリにもよさそうだ(^^

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事