モンベル装備で寒さに挑む!1月の車中泊の寒さ対策!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
明日は車中泊にてキャンプ!の予定です。
毎度ながらの夕方インでのお気軽キャンプなので
いつも通りですが、一月の後半というのは一番冷え込む季節ではないか?
と思います。これがテントならそんなに気にしないのですが、
車中泊ってテントより寒い!
なので・・・今年色々突き詰めてきた車中泊の寒さ対策装備にて挑みたいと思います!
主にモンベルアイテムを集めています!
今回はこの冬準備してきた寒さ対策アイテムの集大成!紹介してこれで明日挑みます!

1.車中泊の寒さ対策!断熱編

まず車中泊の寒さ対策としての第一歩!冷気を車内に入れない断熱編です。
今季分かったこととして断熱は車内に施すよりも、車外から施した方が効果が高いという事。
さらに結露も防げる!ここまでは実感として持ちました。
なので、まずフロントガラスには

こんな感じの物を購入してます。
フロントガラスカバー
これまでも効果を感じたアイテムです。
なのでリアガラスも施したいのですが・・・
ピッタリくる物がない!といことで
100均で
エマーソン スジガネ入りサンシェードMサイズ 遮光 断熱 吸盤不使用 簡単着脱 丈夫で長持ち 600x1300mm EMERSON EM-253
こんなのを購入し、さらにマグネットフックで止めてやろうという作戦です。
これで両方のガラスは覆えるはず。
そして窓には

夏用の網戸を所持していますので、ここにこれまた100均のマットを挟み込む予定です。
これで・・・すべてに窓からの冷気をある程度遮断できるはず!!
ただこれだと車内が真っ暗になるから朝目覚めるように目覚ましはしっかりかけとこう(^^;
キャンプ場ならではの重装備寒さ対策車編ですね(^^

スポンサーリンク

2.車中泊寒さ対策!下からの断熱編

そしてもう一つ寝ている時の下からの冷気!
これにもしっかり対応していきます。
まぁマットを複数枚敷けばフラットも快適になるし、断熱にもなるのですが
マットが分厚くなる分天井が低くなるので中で座れなくなるんですね(^^;
なので・・・なるべくはあまり分厚くならないようにしたい・・・・。
これに対する答えは・・・インフレータブルマットしかない!

こんな奴です。外遊び屋は180㎝の物を使用しています。
実績のあるこいつなら・・・下からの熱も遮断してくれるはずです。
また・・・焚き火用に

Zライトも持って行くので万が一下からの冷気があったら
これをさらに下に引けば十分でしょう!
寒かったら車内に籠る可能性もあるので下の冷気はしっかり遮断したいところです。

3.車中泊の寒さ対策!寝る時編

キャンプは寒いにしろ熱いにしろ「寝れない」というのはしんどい思い出になります。
なので寒くて寝れない・・・なんてことが無いようにしっかり寝る時の対策も!
まずは何はともあれモンベルのバロウバック#1です!
モンベル(mont-bell) 寝袋 バロウバッグ #3 サンライズレッド 右ジップ [最低使用温度1度] 1121273 SURD R/ZIP

画像は#3の物です。今のモンベルの寝袋が品薄というのはホントなんですね。
#1などの厳寒期用の寝袋・・・ネットでは見つけられませんでした。
意外だった・・・・。
とりあえず所持しているこのバロウバック#1とカヤックキャンプ用に買っているモンベルのダウンパンツ!
寒さ対策のダウンセット
そしてダウンとそれを覆うツナギ!この4点で挑んでいきます!

4.車中泊の寒さ対策!補助機編

一応その他にも

モバイルバッテリーで暖かくなるマットも持って行きます。
非常時には役に立ってくれる1,000円程度で買った味方です(^^
さらに車内があったかくなれば当然結露するので、
湿度を抑えるために

除湿機も持って行きます。
詳しい機能は

これらのもので明日挑みます!

5.最後に

これだけ準備すれば大丈夫でしょう!(^^
ホント今までの物を総揃えしました。
かなり気合が入っていますが、気合入れた時に限って用事が終わらないんだよな・・・。
プラスかマイナスかでいうとどちらかと言うと引きがマイナスな外遊び屋。
こんなにウキウキしながら準備していると・・・なんて考えてしまいます(涙)

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事