焚火の達人を目指して!Seriaアイテムで作る携行アイテム!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
先日阿諏訪さんのキャンプ動画を見ているとその土地の石を拾って火打ち金で火を熾し、
石をお土産にするという事をされていました。
さすが無骨オシャレを選奨する?阿諏訪さん。なかなか粋な事をするなぁと影響を受けましたよ(^^
そこでふと思ったのが、確かに火打石と火打ち金を持ってい入るけども
技術不足の外遊び屋・・・ちょとこのセットを敬遠しかけていたかも。
火打ち金ってもっともっと楽しめるアイテムなんじゃないか?
そう思いもっと日常で遊べるレベルまで突き詰めてみよう!
ということで・・・もっと楽しめる火打ち金を目指して遊んでみたいと思います!

1.傾向性を高めるためにSeriaでアイテム購入!

まずは気軽に持ち運べるように携行性を高めよう!
ここから始めます!やはりすぐ出るところにあれば違いますからね(^^
外遊び屋が使うのは
火打ち金
もっともよく火花が飛ぶと評判の吉井本家の火打ち金です。
確かにまだまだ初心者の外遊び屋でもしっかりと火花を散らしてくれます。
まだまだコツを掴みきれていませんけどね(^^;

これだけで持ち運ぼうかと思ったのですが、硬いので色んな所にぶつけると
他の物を傷つけてしまいそうなんです。
という事で毎度大好きなSeriaさんで買ってきました。
スキレットカバー
こちらのスキレットのハンドルカバー!
シリコン製なのでこれに入れていれば周りを傷つけることはないでしょう(^^

スポンサーリンク

2.携行しやすいようにDaiso商品も使う

携行しやすいようにもう少し工夫してみます。
シリコンの入れ物に入れる
穴をあけてDaisoで購入していたカラビナも使てみました。
なかなか・・・悪くないんじゃないかな?
ただ…シリコンにただ穴をあけただけなので強度は非常に不安です(^^;
火打ち金セット
チャークロスと共にこの中に納まりました!
火打ち金は落ちないようにパラコードを編んだものをストラップとして付けて
それをカラビナに連結できるようにしています。
一時期流行しましたパラコードのミサンガのようなものや時計のバンドの要領です。
解けば1m以上の長さになるので緊急時の物としては良いかなと(^^

編み方の本も出ておりますし

既製品もありますね。ちなみにナスDが腕に巻いている影響を受けての作成でした(^^;

3.最後に 

阿諏訪さんの動画に触発されて始めましたが、
現在結構楽しいアクティビティとなっています。
火打石も河原で探していましたが、そのあたりに落ちている石でも
結構火花が出る事が分かりました!
火花が出る石
バラスなどはもう・・・宝に山に見えてきましたから。
また使い捨てになるチャークロスでなく携行しやすく、
再利用可能なチャーロープにも挑戦中!
歩いている途中にふと石を見つけてカチカチやっている姿は
ちょっと奇異に見られることもありますが・・・。
まだまだ普段にだってフィールド化できる局面があるんだなと思います。
こんな発見があるのも初心者の特権ですね(^^
チャーロープももう少し着火が上手になったらアップします(^^

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事