火打石が難しすぎて火が着かない!見といて欲しいヒロシちゃんねる
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンプ好き、または最近キャンプ始めましたよ~って方の多くは
何かしらネットの影響をうけているのでは?
その例が、アニメ「ゆるキャン△」ですかね。
相変わらず凄まじい人気です。
またYouTubeのキャンプ動画です。
外遊び屋も例にもれずどちらも嗜みますが特にヒロシさんの
ヒロシちゃんねるとじゅんいちダビットソンさんの動画にはハマっています。
そんな中ヒロシさんが使う火打石!これによる着火はしびれるほどかっこよく思います。
外遊び屋もぜひやって見たい!ということで火打石を買ってみましたが・・・
思わぬ大苦戦!その理由と苦戦の状況をご紹介です!
いや・・・火打石を購入を検討されている方はこのミスは起こさぬようにお気を付けください。
では開始です!

1.実は安かった火打石

火打石は結構高価な物と思っていました。
全くのイメージですが(^^;
確かヒロシちゃんねる出た時は体験込みの1,000円ですごい小さな石なイメージがあったんですね。
でも先ほど見直すと・・・1,300円でした。
ちなみに買ったのは・・・

ブッシュクラフトさんより発売されている火打石。
何と700円以下なんですね。
こりゃ買ってみる価値はあるな~って

全くの思い付き!

で買ってしまいました。これが・・・試練の始まりです。

スポンサーリンク

2.単体で着かない火打石

外遊び屋の火打石の知識。実は時代劇レベルしか持っていませんでした。
岡っ引きの親分が出張る前におかみさんが清めに鳴らす。
くらいのイメージだったので、火打石同士を打ち合わせれば火花が出るものと思い込んでいました。

浅はか!!俺のバカっ!

到着すると・・・
火打石購入
こんな感じで届きました。なんだか綺麗だなぁ・・・
ここで衝撃的な事実が!
説明書きを見ると・・・
火打石の説明書
「火打石を火打ち金に掠らせるように打ち付けると・・・」
なに???
火打ち金とな????
知りませんでしたよ。
火打石って・・・火打ち金があってこその製品でした。
つまり石だけ持っていても全く意味のない物・・・。
これは・・・勉強不足にもほどがある!!
自らに腹が立つほどのミスです。反省・・・
しかし!ここで引くわけにはいきません!
なんせ・・・火打石があるんですから!!

3.代用品を探す!

ならば手元にあるもので何とか代用できないか?
という事で持ってきた第一弾!
金槌
金槌!間違えてコンクリートを打った時に火花が散ったような気が・・・
早速試しましたが・・・火打石を小さくしただけでした。
これは火打石によくないという事で中断。
次に試したのが・・・
100均のやすり
一説に100均のやすりでも火花が散るという事で買ってきました。
もうね・・・素直に火打ち金買えよって思いましたが
そんなに待てないので、とりあえず火花が出したかったんです!
これで試してみると・・・

また石が欠けた・・・

ドンドン小さくなる火打石・・・
ここはこの代用品がうんぬんよりも自分の腕不足なので・・・
ちゃんと火打ち金を購入しようと決断しました。

4.意外と高価な火打ち金

さ・・・ここでびっくりしたのが火打ち金って意外と高価なんです。
いやホントイメージですが、火打石っていうくらいだから石が主役で金はそれほど・・・
って思っちゃったんですよね。
ただ・・・火打ち金って結構専門的な技術で作られている伝統工芸なわけです。
そりゃそうか・・・おのずと値段は上がるので・・・

1,800円ほどで購入しました!
火打石の倍以上!しかしこれでひがつくなら・・・

5.火打ち金到着!

やっとのことで火打ち金が到着しました!
火打ち金到着
遠い道のりでした。
火打ち金サイズ感
サイズ感としてはこんな感じ!これで無事に火が着くはずです。
火打ち金と火打石
このセットがやっと整ったのでもう間違いない!!
火打石に打ち付ける
こんな感じで行けばいいはず!!
よし!
チャークロス設置
チャークロスを設置していざ勝負!!

火が飛ばね~~~~!
火花全くでない~~~!!

なんで動画を色々見れども全くピンとこない・・・
これは困った・・・

6.最終的に役に立ったのはヒロシちゃんねる

困り果てて、原点ともいえるヒロシちゃんねるの火打石の回を見直しました。
「外遊び屋には火打石は使いこなせねぇ・・・さすがだよ。ヒロシさん・・・。」
なんてことを思いながら眺めていました。
すると・・・
「マグネシウムをナイフで削るとは逆なんです。石で火打ち金を削るんです」
なぬ!!
それだ!!!!!
外遊び屋は「石」を削るイメージでした。
なので・・・
火打ち金の面
横の面を打ち付けていたんですね!
これを削るのなら全くの角で勝負するべきでしょう!
ここで納得いきました。チャークロスは手前に持っているのですが、
火打石を削った場合外側に火花が散るのになって思っていたんです。
これが火打ち金を削るイメージなら・・・
確かに火花は手前に飛びます。
しまった・・・そういうことか!!
(この辺りの文章は外遊び屋の脳内の会話がもとになっているので
一般的に理解しづらいと思います。すみません。でも腑に落ちた瞬間なのでどうしても書きたかったんです!)

7.極論的に必要なかった火打石

結局ね・・・。
火打石って色々種類があって、特にこの火打石である必要性はありませんでした。
というのも火打石の一種に「黒曜石」があったんです。
黒曜石・・・なんだか記憶があるぞ・・・!
黒曜石のナイフ
あ・・・そういえば持っていた黒曜石ナイフ・・・
どうやらこれで十分だったようです。
なんてこった・・・
ちなみに黒曜石のナイフは結構優れもの。
詳しいレビューは
ジブリ映画でも出てる?伝統の黒曜石ナイフを使ってみた!

8.最後に

まだうまく火花は散らせませんが、かなり掴んできました。
独学というか勉強不足はホントに時間とお金を要しました。
ただ言えることは!

この時間が楽しいんです!

掛かった金額は3,000円程度。でもこの3,000円でどれだけ楽しめたか!!
これからももっともっと楽しめるはず!
しっかり着火できるようになります。
でも黒曜石のナイフ持って火打ち金で火をつける・・・
外遊び屋はいったい何を目指しているんだ・・・
楽しければいいのさ!

最終的に一番勉強になった火打石動画はヒロシちゃんねるでした。

ヒロシさん!ありがとう!!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事