スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
すっかりオリジナリティあふれるメーカーに生まれ変わったDODさん。
ドッペルギャンガーという名前も好きでしたけど(^^
最近の痒いところに手が届く商品や攻めた商品を次々と出してくれる
嬉しいメーカーさんですね。
そのDODさんより新しいマットが発売になりました。
マットに関しては大分満足しているのでそんなに驚くことはないと思っていたのですが、
「さすが」の一言でした。
今回はDODさんより発売された「ソトネノサソイ」をご紹介です。
思わず食いついた点など挙げていきます。

1.基本情報

DODさんの新商品「ソトネノサソイ」の基本情報です。
まず基本的にはインフレータブルマットです。
使用時にバルブを開いて空気を入れて膨らませてしようするスタンダードな物ですね。
これだけでは魅力を感じることはなかったでしょう。
サイズもあるのでとりあえず共通点です。
①厚さ4.5㎝
マットの厚さが4.5㎝です。外遊び屋の持つモンベルさんの商品は2.5㎝です。
2.5㎝でも十分ですが4.5㎝になるとかなり分厚くなります。
また芯材が入っているのでふわふわ浮いている感じはないですね。
②長さ192㎝
180㎝も多い中で少し長いですね。身長の高い方にも対応してくれますね。
またカマボコテントのインナーマットぴったりに設計されているので
カマボコテントを使用している方にはありがたいサイズです。
ちなみに外遊び屋がソロで使うテントクロノスドーム2型は230×130なので
十分に入ります。
③滑り止め機能付き
これも嬉しい機能です。テントとマットは相性によってはかなり滑ります。
斜面などでは知らないうちにマットがズレている事も・・・。
それを防止してくれる機能が付いています。マットを敷き詰めなくても
止まってくれそうですね。
④その他の機能
他にも他のマットとの連結するためのボタン、またこれを利用した楽な収納。
そして空気を抜いてコンパクトにできるコンプレッション機能などもあります。
流石DODさん普通では来ませんね。
ただ!!
もっと面白い機能が付いています!
これが無ければ・・・特に紹介することが無かったでしょう!
続いては魅力のご紹介!

スポンサーリンク

2.なんとシーツ付き!

インナーマットをテントに敷いてその上に更にレジャーシートなどを保護のために敷く方も多いでしょう。
実際インフレータブルの場合アイテムの角でひっかくと穴があいて致命傷になります。
外遊び屋も・・・

避けちゃったことがありますからね。
しかしこのソトネノサソイは・・・

シーツ付きなんです。

(出典:DODさん公式HPより)
シーツの素材は触り心地の良いポリコットン!
加えてポリコットンは破損しづらい素材です。
火の粉がかかってもすぐに穴があくことが無いし破れにくい。
これが既についているというのはありがたい!
そして・・・
「洗濯可能!!」
キャンプで使うアイテムはなかなか洗濯し辛い物。
マットの上に敷くシートも洗濯になると大変ですが
シーツなら洗うのも簡単!清潔空間が担保できますね。
この機能・・・外遊び屋は脱帽しました。
まさかこんなところまで気を配ってくれるとは・・・
清潔感あるキャンプは女性も参加しやすくなりますからね(^^

3.嬉しい3つのサイズ

基本的にはDODさんのカマボコテントにフィットするようにできています。
しかしそれだけではありません。
このソトネノサソイはSMLと3つの幅から選べます。
S=60㎝標準的ちょっと幅広サイズ
M=115㎝セミダブルサイズ
L=140㎝たっぷりゆっくりサイズ
とテントに合わせて使用できますね。
長さは192ですよ。
外遊び屋のクロノスドームならMを使用するとテントの大部分をカバーしてくれます。
欲しいサイズに合わせて組合すこともできる嬉しいですね。

4.注意点

注意する点もありますね。
自動膨張なので、長期間使わないと膨張するのに時間がかかったり膨らみ方が弱くなります。
そんな時に口で吹き込む!っていうのは良くありません。
ちょっと前まではスタンダードでしたけどね。
息を吹き込むと水蒸気が入って中のウレタンに湿り気を与えます。
これは劣化が進む一方です。なので自動膨張を使用して膨らむのが甘くなった場合は
ポンプを購入して使用してください。結果的には安くなると思います。
ただポンプも給気口の形がまちまちですからね。
DODさんもこれなら合いますよってのを教えてくれると助かるな~

5.最後に 

今回は新発売のDODさんのソトネノサソイをご紹介しました。
外遊び屋は先日焚火の周りで使いたいとサーマレストのZレストを購入しました。
そこまでのタフさはないと思いますが、シーツ一枚でかなり丈夫にもなります。
さらに清潔感が保てるというのもありがたい話!
まさかキャンプマットにシーツをつけてくるとは・・・脱帽です!
お値段は

Sサイズが6000円程度
Mサイズで9000円程度
Lサイズで10,000円ちょっとですから・・・サイズが許すならLの方がお得ですかね(^^
でも外遊び屋のサイズ・・・Mなんですよね・・・

2019年4月23日追記

シーツの代わりにインナーシュラフをつけてはどうかと考えました。

こんな奴ですね。
幅が色々ありますが、マットサイズが55~60程度ですかね。
シュラフも色々70㎝程度が一般ですかね。
しっくりとハマる物がちょっと見つかっていません。
また裏面は要らないので、ちょっとこの案には無理がありました。
結局・・・
上からかけた方が代用としては現実味があるかな。
引き続き調べていきます!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

スポンサーリンク

 



おすすめの記事