アウトドアで100%役に立つアイテム!レジャーシート集
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
ゴールデンウィークなどでアウトドアの機会が増えてきます。
キャンプ、バーベキュー、ピクニックなどなど。
そんな時にあると便利なアイテムは多々あります。
キャンプ経験者ならスグに思い浮かぶアイテムが3つや4つ・・・10以上・・・
すぐ出てくると思います。
今回はその中でも「レジャーシート」
え?それはそうでしょってなると思いますが、
外遊び屋カヤックキャンプでも活躍しているので
ちょこっと持っていると便利です。その用途などを含めてご紹介です。

1.便利な用途

レジャーシートって言うとアウトドア中に座ったり、寝転んだりそれだけで便利です。
今はレジャーシートも様々で断熱やクッション性の良い物もあります。
が、しかし!
外遊び屋がこのレジャーシートを必ず持っていたい理由は・・・

荷物置き場

なんです。

これはカヤックキャンプでの一幕。
カヤックキャンプの場合カヤックの中にパッキングしてある荷物を
一度表に出さないと設営が出来ません。
この時に砂浜に置くと・・・この後の全てが砂だらけになります。
これを避けるために、レジャーシートがあるとかなり便利です。
加えて突然の雨にも荷物を濡らさないカバーにすることができるし
敷いて使う以外にも出番が多いです。
なので・・・高機能クッション性の高い物とは別にシートがあると便利です。

スポンサーリンク

2.値段で選ぶならODグリーン

もう・・・値段で選ぶならODグリーンです。

こちらのシートですね。
基本的にはちょっと丈夫なブルーシートです。
でも色が目立たないのでキャンプする方はホントによく使われています。
Twitterの写真で良く見かけますからね(^^
なんせお値段が180×180のサイズでAmazonさんで400円ほどです。

なんと300円でも販売しています。すごいなコレ・・・
サイズも2.7×1.8や2.7×3.6などなどサイズもたっぷりです。
無論値段は変わってきますよ。それでも3.6×5.4でも2000円未満と
破格に安いです。この安さに甘えて荒い使いが簡単になります。
焚火の近くでごろ寝にガンガン使っています。
薪が爆ぜるので穴がたくさん開いていますが・・・全く気になりません。
こういった扱いが出来るのもありがたい。
ちなみにカヤックの時にはデッキに乗せておいても傷まないのが嬉しい。
とりあえず安価でサイトの色を邪魔しない物を探す場合にはコレですね。
ブルーシートは結構高価なのに安っぽく見えますから。

3.機能性ならオールウェザーブランケット

NASAが開発した防水防風のシートです。
裏地がアルミなので最悪コレで包まれば体も暖まれます。
ちなみに知り合いのモンベル店員さんからの超おススメ商品。
大きさが152×213でなので四人程度は楽に座れます。
色もブルー、オレンジ、オリーブ、レッドの4種類あるのでサイトイメージに合わせられますね。
お値段も2000円程度なので結構お求めやすい!使い方もバリエーションたくさん。
四隅にハトメがあるので固定できます。タープとしても使えるんですね。

4.サイズで選ぶならコレ!達

今回この記事を書く原動力となった商品です。

なにが便利って収納サイズですよ。
そのサイズなんと10㎝×10cm!
ちょっとしたスマホ程度の大きさになります。
それでも広げると約140×110㎝と結構使いやすい大きさですね。
日陰も作れる、シートにもなる大きさ。それがこの収納サイズ!
いやいいなぁって思っていたら・・・さらに小さい物も。
ホントにスマホサイズなんですよ・・・。
これは車に常備したくなるアイテムです。
いやぁ・・・魅力的ですね。

5.最後に 

今回取り上げたのはキャンプでもバーベキューでも真ん中に来るものでありません。
どちらかというと脚光を浴びないアイテムですが、これがあると便利!
まさに縁の下の力持ちです。
1つ忍ばせておいてもいいですね(^^

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事