キャンプに持って行って正解!3つの活躍アイテム!
スポンサーリンク
Pocket

こんばんは!
外遊び屋です。
先ほどキャンプから帰って参りました。
今回は日本海!これを堪能したかったんですね。
外遊び屋の日本海と言えば漁火!
海の遠くに見える漁船の灯りを焚火越しに楽しみたかったんですね。
漁火
水平線にある灯りが見えるとよいのですが。
波の音と秋の声。最高な夜でした。
なにより
秋のキャンプ飯
戻り鰹のタタキ(自作)そしてうちわエビの炭焼きに塩ゆで、刺身と食欲の秋にぴったりなキャンプでした。
楽しかった~!
そんな楽しかったキャンプで、活躍してくれた3つのアイテムを紹介です。
超速報でいきます(^^

1 やっぱり便利!離れたサイトにコロコロ!アウトドアワゴン!

今回は駐車場からサイトまでが徒歩10分程度あるちょっと離れたキャンプ場でした。
加えて身軽なソロキャンプではなくデュオキャンプなので荷物は多めです。
その時に役に立ったのが

アウトドアワゴン!外遊び屋宅には2台あります。普段は倉庫のお邪魔な存在です。
このお気に入りのキャンプ場の為に2台持っています。
しかし便利ですね。タイヤが大きいの芝生にめり込まないから引きやすいんです。
大きめ、耐荷重もあるので安心して使えます。

自転車に使うこんなネットを使用することで、満載しても大丈夫!
ただね。
乗せすぎると重くなるので力のない型と、体重の無い方には引っ張るのが大変になりますよ。
乗せ過ぎは注意です(^^

スポンサーリンク

2 安眠に軽量!コンパクトになるインフレータブルマット!

外遊び屋は焚火の前で横になるので、マットはウレタンマットを使用しています。
外遊び屋はサーマレストを使用していますが、どうせ焚火が爆ぜて傷だらけになることを考えると

格安の物でも良いと思います。
サーマレストは両面がコーティングされているので、カヤックのデッキでも積めるので選んでいますが、カヤックに関係なければこれで十分かなと思います。
ただもう少し快適に眠りたいときにはコンパクトなインフレータブルマットが便利です。

焚火の横では穴が開くので使えませんがテント内にこれを置いてその上にマットを敷けば、ふかふかの快適ベットに早変わりです。
これは良かったですね。横を向いても肩は痛くならないし、マットで浮いている感じもなくなったしで最高の寝心地でした。
コンパクトなのもいいところですね。

このタイプも気持ちよかったですよ。
キャンプの快眠は大事ですからね。コット運ぶより楽ですね(^^

3 明るいLEDランタン!

先日提供でいただいたこんぱくとなLEDランタン!
LEDランタン
明るい上に点灯時間が長いんです。
これ一つでテント内は十分明るかったです。寒くなった時のおこもりキャンプにも良さげです。

4 最後に

今回活躍してくれたキャンプギアたちでした。
よく頑張ってくれましたよ。いやどれもですけどね(^^
また詳しいレポートは後日書きますが、やっぱりキャンプって楽しいです。

今日は悲しいニュースを見てしまったので、このあと激飲みします。

ではおやすみなさい!

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事