ソロにおススメな5選?気になる焚火台!ロケットストーブの世界!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
焚火が好きですね。なんとなく焚火をして帰ってくると体が正常化されている気がします。
今回はちょっと変わったロケットストーブや焚火台たちです。
ロケットストーブは一度手を出してみたいと思いながら見ているのですが、見るほどに陥る疑問!
「ロケットストーブ」の定義とは??
なんて気になることはとりあえず置いといて面白い物にあることは違いないですね。
しかしこのロケットストーブ!いま面白い事が沢山起きています。
いや新商品が凄い!今
回気になるロケットストーブや焚火台を5つ紹介!いやロケットストーブと言っていいのかな??焚火台と共に紹介します。
すごいです。

1 文字通り見た目がロケット!!

まずは見ていただきましょう!

いやこれはどう見てもロケットストーブですね。
色々な疑問が解けた気がしました。これ作った人いい発想だな~って思いました。

コンパクト収納できない物のサイズは
●サイズ:直径160xd330xH400
●重量:2Kg
●本体径:直径163mm
●最大薪長さ:250mm
とそれほど大きくはないんですよね。オートキャンプのネタ枠として良さそうなんです。
しかもね。

4,400円とコンパクトに収めてきた~ってお値段です。
これひとと被らないので、ちょっと人と違った焚火台を使いたいって方にピッタリかもしれませんね。
おもしろい!

スポンサーリンク

2 透明ガラスで燃焼しているところが見える!

つづいてこのタイプ増えているように思いますね。
CMPCTR 薪ストーブ ミニ卓上薪ストーブ小型テーブル ソロテント調理 煙突付き ステンレス鋼 コンパクト焚き火台 BBQ 調理 暖炉 折りたたみ ミニ 多用途
薪ストーブと紹介されていますが、ロケットストーブかなぁと思います。
煙突の上で調理するって所が(^^;
火が見えるところが魅力的だし、お値段もお安めの物が出てきています。
サイズ:12.6 x 20 x 30 cm
重量: 1.8 キログラム
まぁ持ち運べないレベルではないですかね。家で使いたいなぁと思いますが、煙突を延長するのは難しそうですね。
ロケットストーブって炎は見えても燃焼しているポイントって見えないんですよね。
これはガラスなので横から見えるのがいいなぁと思っています。

値段は1万円とちょっとお高めかな。でもSoomloomが8千円位で出していた気もします。
これから値下がりが始まるかな(^^

3 二次燃焼可能なカプセル宇宙船?

ぱっと見でドラえもんに出てきたことあるようなと思ってしまいました。カプセル宇宙船っぽい(^^

こちらのロケットストーブ!コンパクトにはなりませんが、

そのまま持ち運べる様になっています。ちょっと大きそうだなと思いますが、

こちらの画像を見るとそうでもなさそうです。
できれば二次燃焼を起こして炎が出ている雰囲気の写真もあればよかったのですが、紹介されていませんでした。
何となく煙突効果だけなのかなと思っています。とはいえ
●サイズ:直径22cm ×高さ24.5cm
●重量:約1.6kg
とそれほど負担なく持ち運べるサイズです。
ソロストーブのタイタンが13L x 13W x 20.1H cmなのでちょっと大きいかな。

薪の追加などは楽そうなので、かなり重しりと思っています。見かけ含めて(^^
しかもお値段が

頑張れば買えない事のない設定です。これも面白い!(^^

4 これは欲しい!炎が綺麗に上がりそう!

これは最近欲しいなぁと思っている焚火台です。

この形状!
ロケットストーブと家な事もないし、カマド型と言えない事もない焚火台です。
高さがあり、少し山形なので綺麗に炎が上がりそうなんですよね。そして薪の追加が下から!
使ってみたいな~って思います。

クッカーも2つくらい並べて置けそうなサイズかん。
使いやすそうな上に

小さくなります。
●サイズ:27.94cm×22.86cm×20.32cm
●重量:約2.5kg
しかもお値段が

6,600円!なるほど!納得の御値段です。
これはぜひ使ってみたいな~!

5 最後に

あれ?ひとつ足りてない??
ってわかっていますよ。正直どう紹介して良い難しいと思いながら、是非見ていただきたいと思った焚火台!

これです。
花びら型?ここまでくるとオリジナル??
いやもうわかりません!ただ3方から薪が足せるのって何気に使いやすいんじゃないのかって思っています。
値段も4,000円以下です。なんかすごい世界になったな~。そんな感じですかね。
焚き火台の世界はスゴイ事になっていきそうです。

でも高騰しているかと思えば、それほどでもない物も多いので、選択肢が増えていいですね(^^

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事