スポンサーリンク

外遊び屋です。
温かくなってきました。
こうなると薪ストーブの話題が少なくなります。
しかし欲しい物リストから消えているわけではありません。
いずれ来る冬に向けてまた欲しくなるのは事実ですよね。
ウォッチは欠かせません。
とそんな時に・・・DODさんの昨年発売されたメラテレビ!
こちらが思った以上に安価になっております。
おっ!ある意味チャンス??
今回はまずメラテレビの外遊び屋が欲しくなっている点をご紹介。
そのあと口コミなどの分析をしてみたいと思います。

1.メラテレビの魅力

2018年10月に発売されたメラテレビ。
話題のDODさんより新商品として注目を浴びました。
その外遊び屋的魅力が・・・

(出典:DODさん公式HPより)
「炎をテレビのように眺めながら薪ストーブを楽しめる」
これですね。
焚火で炎を見るのが大好きなのは外遊び屋だけでないはず。
薪ストーブで大きく炎が見えるのは魅力的ですね。
さらに・・・

格納がオールインワンと持ち運びに便利なんですね。
また積載や家での収納にも便利ですからね。
これもちょっと魅力です・・・
また

この形もなんだか好きですね。昔のロボットみたいで(^^
友人には「焼却炉じゃんっ」って言われましたけどね。
基本スペックを追います。
メラテレビは2種類準備されています
大きさで9型と16型ですね。
まずは9型
収納サイズ:W37.5×D28×H33cm
使用サイズ:W32×D24×H199cm
重さ:10.7kg
続いて16型
収納サイズ:W57.5×D29×H33cm
使用サイズ:W53×D24×H191cm
重さ:16.1kg
そして
共通事項
本体:ステンレス・ガラス
付属キャリーケース:ポリエステル
となっております。
まぁ40cmの薪まで使えるか、30㎝までの薪になるか・・・
そのあたりの違いかな~くらいとしか思っていません(^^

スポンサーリンク

2.値段の変化

ここで問題になるのがお値段ですね。
ウォッチしていたのですが・・・
値段の下がり方が半端ないです。
まずは発売当初
9型:30,888円
16型:42,120円
となっておりました。
現在は

9型:19,800円
さらに
16型:28,800円
どちらも一万円以上の値下がりです。
いったい何があったのか・・・

3.ちょっと悪い口コミ

ちょこっとAmazonさんの口コミを覗いてみました。
あんまり評判がよくないのですが・・・
2極化といったところでしょうか。
指摘されている点を挙げると
・隙間がおおくて煙が出る
・熱変形する
・燃焼効率が悪い
といったところですね。
しかし・・・
・値段の割には遊べる
・口コミほど使い勝手が悪くない
などもあり擁護する意見もあります。
数的には9型が★4以上46% ★2以下54% ★3無し
とややアンチが優勢ですが結論を出すにはサンプルが足りないかな。

4.最後に 

口コミの評判が値下がりの全てではないとは思いますが、
アウトドア用品の大幅値下がりって珍しいなって思ってます。
でも・・・9型が19,800円っていうのは・・・買ってもいいかな。
そんな値段になってきました。
もちろんAmazonなどの口コミはしっかり読むことをおススメします。
焚火台の一つとしてあっても良いかと思っています。
一方で・・・テンマクさんの「とん火」が今年再販?って情報を
みーこパパさんも言っておられたのでそちらに予算を取っておくべきなのかも迷います。
う~~~ん。確かとん火は17,000円前後だった気が・・・
ちょっと悩んでおこう・・・。
メラテレビ?フィールドでもですが庭のデッキでも使えそうで欲しいんですよね。
楽天も値下がり傾向ですね。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事