スポンサーリンク

外遊び屋です。
皆様・・・最初のキャンプ飯って何でしたか?
外遊び屋は・・・物心ついてからの記憶にあものは・・・

カレーです

幼い時の記憶はないので何とも言えませんが、
なんせ仕事としてアウトドアの世界に入ったので、
いきなり最初が野外体験のリーダー。
そのままカレーとなったわけです。
こんなことを思いだしたのも・・・

キャンプ始めたいんだけど・・・
ご飯って何作るのが楽でいい??
なんて連絡をもらってなんだか新鮮な気持ちになったからです(^^
今回はおススメ・・・というか定番とおススメアイテムを交えて
書いていきたいと思います。

1.基本方針

さて恒例の基本方針です。
最初のキャンプでキャンプ飯に力を入れることは
外遊び屋的にはあまりおススメしていません。
というのも設営から火熾しまで、すべてが順調にいくとは限りません。
なので、正直最初はバーベキューくらいが良いと思います。
食材も切って持って行って炭さえ起きれば食べれますから。
なので・・・
最初のキャンプ飯としては手間のかからない物を
考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

2.ダッチオーブン

やはりキャンプと言えばダッチオーブン!
これをどうしても使いたいって方も多いはず。
キャンプ雑誌にはテントの前にはダッチがぶら下がっている
っていうのが定番だったことがありますからね。
ダッチオーブンを開けた時に出てくる鳥一羽など

それはそれは気分も良く美味しいですからね。
味付などはニンニクとクレージーソルトをたっぷりかけて
野菜を放り込めばできるのですが・・・
焼き上がりに1時間ほどかかりますね。
なので・・・最初の一品にはちょっと時間がかかりますね。
ということで・・・
スタンダードにカレーはどうでしょう?
ダッチオーブンだと圧力がかかって
野菜にも火が通りやすいですからね。
しかも・・・

4皿分程度作るに丁度いいサイズの20cmなら2,000円程度なので
最初のキャンプクッカーとしては良いと思います。
無論外遊び屋的には

ステンレス製をおススメします。
何故なら・・・シーズニング不要だけでなく・・・
食材を入れっぱなしにしていても錆びない!
これってかなり便利です。

3.囲炉裏鍋

続いては

囲炉裏鍋!
夏でも汗をかきながらのキムチ鍋は美味しいし、
鍋なら食材も準備していけますし、最悪ガスコンロでも
調理出来ます。またご飯を炊かなくてもうどんを入れる等
他のステップが省けますからね。
それに・・・焚火でも・・・雰囲気のあるキャンプ飯になりますからね。
むろんダッチや他のクッカーでもいいんですが・・・

1800円程度ですからね。
ちょっとかっといて家での鍋にも使うのもいい味が出ます。
ただ鋳鉄なので食材の入れっぱなしは錆びる原因になります。
でも・・・ダッチオーブンと違って使用する人が幅広いため
普通のダッチオーブンより錆びにくい・・・気がします。
ちなみに

格安品もあるのでそのあたりも検討ですね(^^
囲炉裏鍋は吊るして楽しいですからね(^^

4.焼き魚

ちょっとハードルが上がるかな~。

こちらの焼き網です!
普通のバーベキュー網でいいじゃんって思うかもしれませんが、
経験者の方ならお分かりの通り魚を綺麗に焼くのはかなり難しい!
網に皮がくっついて最悪身までボロボロになります。
それが・・・めっちゃきれいに焼けます!
しかも魚を焼くのは時間がかからないので
早めに食べれるうえに・・・

地元の新鮮食材を食べやすい!
っていうメリットもあります。

お値段も1000円以下で買えるます。
両面焼くのが簡単なんで・・・

イカ焼きなんかも簡単です。
結構ね・・・楽しいんですよ(^^

5.最後に

と外遊び屋なりに考えてみましたが、
諸兄の皆様はどんな料理を勧められますかね~。
とりあえず・・・やっぱり今回はカレーを進めておきます。
ダッチオーブンあれば料理も広がるし、家でもローストが出来ますからね(^^
キャンプアイテムはフィールドだけじゃもったいないですから(^^

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事