初めての冬キャンプに便利!荷物をコンパクト化できるギアとコツ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
冬キャンプは虫も人も少なく、焚火が楽しめる時期!
夏がアウトドアのメインとしている方も多いですが、この時期しかしなキャンパーも多いハイシーズンがやってきました。
そしてキャンプの情報発信が多い2022年!冬からキャンプ始めようかという方も多いです。
冬キャンプは楽しい一方で、寒さ対策に気を使わなければなりません。
その結果悩みとなるのが荷物の巨大化(^^;
今回はこの荷物の巨大化をちょこっと解決!コンパクト化できるギアとコツを紹介していきたいと思います。
シーカヤックでのキャンプも愛する外遊び屋。
寒い時期にも大きな荷物をキャンプに押し込まなければいけません。
その経験から便利な物を紹介していきたいと思います!

1 寝袋をコンパクトに!アウトドア用圧縮袋!

さて一番かさ張ると言っても過言でないかと思います。
寝袋!
冬用寝袋はとにかく大きい!!
外遊び屋の使う寝袋はモンベルのバロウバック#1で快適温度が-8℃の物です。
素材が化繊なので大きさが約15ℓ!∅22×44cmと巨大です(^^;
もちろんこれをコンパクトにするためにダウンに買い替えるという選択肢があります。
ただメンテナンスが大変なダウンはめんどくさがり屋の外遊び屋には合わず、またカヤックに乗せる事が大きいので濡れる可能性が高いので、水気に弱いダウンはあまりスタイルに合いません。
カヤックキャンプに限らずテント内が結露することが多いので水気との相性の悪いダウンはちょっと面倒です。

何より!

同じ快適温度で値段が半分以下で押さえらえる化繊は手の届きやすい寝袋です。
大きくなりがちな寝袋をある程度コンパクトにすることが出来ればダウンを買うよりもメリットが大きくなります。
そこで大活躍しているのが
OUTDOORSTANDARD アウトドア 専用 圧縮袋 テント タープ シュラフ キャンプ用品 圧縮バッグ COMPACK (3枚セット)
アウトドア用の圧縮袋です。安心の日本製です(^^
これが便利!
先ほど紹介した外遊び屋が使っている巨大な寝袋バロウバック!
寝袋
この大きさです。
これを
寝袋
袋にいれて、ジップをして空気を押し出すだけで
コンパクトになる寝袋
3分の2以下の大きさになります。
もっと押し込めばさらに小さくなります。
空気穴が逆止弁になっているのでふたを閉めて袋を絞っていくだけで簡単にコンパクトになります。
日本製で袋もしっかりしているので、上に乗って空気を押し出せば簡単です。
コンパクトになるだけでなく、カヤックなどは防水バック代わりとして入れて置けるし、寝袋が濡れてもこれに入れておけば、周りの物を濡らす心配がありません。
かなり頑丈で外遊び屋は2シーズン愛用しています。
これが意外と安価でAmazonでも

2,000円!
楽天でも同じく

送料込みで2,000円で販売されています。かなり手の出やすい金額!
寝袋だけでなく、着替えやマクラ、テントやタープ生地なんかもコンパクト化出来るので使いようによってはかなり荷物が小さくなります。

5枚セットなどもあるので、多くなるだけ1枚当たりの単価は安くなります。
今持っている物を小さくしたい、荷物を減らすために荷物を買い替えるのもちょっとという時に検討してみてください。

スポンサーリンク

2 余分を減らして、適量の持ち運び!

長年外遊び屋を困らせていたものがありました。
それがオイルランタンのオイルです。

現在トランギアのフューエルボトルを壊れながらも愛用しています。
カッコいいんですよね。
しかし!
キャンプの夜明け
UCOのオイル化したキャンドルランタンにはこのサイズのオイルは要らないんですよね。
明るさ的には雰囲気出しにピッタリのUCOのキャンドルランタン!

オイルインサートキャンドルを使う事で、キャンドルを用意しなくても使う事が出来ますし、やや明るい感じになります。
小さいオイルランタンと化すので、お気に入りの使い方です。

格安でも販売しているので、数も揃えやすいのです。
この中に燃料を入れて持ち運ぶと液漏れすることがあるので、できれば空で持ち運びたいんですね。
ただこれだけの為にこのボトルを持ち運ぶのは大きい!
ということで今回から
Seria オイルボトル
Seriaのボトルを使用し始めました。
凝れば便利でコンパクトです。4回分くらい入るので2泊くらい対応してくれます。
作りが心配なので圧迫を受けないん所にパッキングしましたが、このサイズなのでホントコンパクトです。
楽ちん(^^
UCOキャンドルランタン
キャンドルの残量や、風により内部にロウが散って固着する心配もないので安心して使えます。
燃料がコンパクトになったことで、今年の燃料入れはこちらを使うかな(^^
UCOキャンドルランタン
雰囲気がいいんですよね。キャンドルランタン!

購入時には是非フラットリフレクターも一緒に(^^

3 最後に

ちょっと荷物がコンパクトになる方法を紹介しました。
他にも
ソロドーム
テントなどはフレームと分けることで、隙間に押し込めたり、テント生地の方だけを先ほどの圧縮袋に入れて小さくすることができるので、ザックに収納するときにも便利ですよ。
同じような事ですが、カヤックのパッキング術にも書いています。
キャンプギアをコンパクトに!シーカヤックガイドのパッキング術!
ちょっとでも荷物を小さくしたい方の為に。
外遊び屋も今年はカヤックを真冬も出ますのでもう少し小さくしたいなと思っています。

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事