ソロキャンプのこだわりの道具!アウトドアナイフ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
ソロキャンプは自分の好みのことが出来る楽しい時間です。
寝る時間も料理も自由ですが、持って行く道具も自由です。
自分のスタイルに合わせて選んだこだわりの道具!これで遊ぶ時間がなんとも楽しい!
こだわりの道具は色々ありますが、今回ちょっと気になるアウトドアナイフを上げてみたいと思います。
現在外遊び屋は薪割りには

土佐打ちの共柄鉈や
地方特有のキャンプアイテム!Twitterで教わった「共柄鉈」と研ぎ方!
調理にも使えるユニフレームのブッシュクラフトナイフを使用しています。

ユニフレーム新商品!「ブッシュクラフトナイフ」使用レポート!
王道に近いこの二つとはちょっと違った色合いの物が気になっています。
詳しく見ていきたいと思います!

1.調理に特化したい!KZM ポケットクリーバー!

ユニフレームのブッシュクラフトナイフも悪くないのですが、調理するときには刃厚が薄い方がやりやすいのも確かなんですね。
なのでちょっとアウトドアの包丁が欲しいなぁとは思っていました。

スノーピークのマナイタセットも考えたのですが、ここまで本格的な包丁でなくてもいいなと。
そんな時に見つけたのが

小さなクリーバー!中華包丁のようなものでしょうかね。

専用のケースに収まるのでちょっとかっこいい!

カラビナで吊るすのも悪くないなぁと思っています。
焚火会の阿諏訪さんが使っている包丁もこんな感じだったような気がします。


使い安いのかな~。
魚など骨の大きなものを捌くにはちょうど良さそうなんですよね。
無人島キャンプにぴったりかな(^^

4,000円位と買えない値段ではないかな~(^^

スポンサーリンク

2.小さくてかわいい!ユニフレームのちび鉈!

続いては長らく気になっているユニフレームの可愛い鉈です。

全長なんと18.5cm!
手のひらサイズです。
いや実際使えるかどうかは微妙と言えば微妙です。

しかしこの見た目!なんとも可愛い!
最初に書いた通りソロキャンプって自由じゃないですか!
なので火がなかなかつかない火打石を使うのもいいし、必要無くてもフェザーを作ったりするのも楽しい時間!
そう思うと、ただ道具を使いたいという衝動で作業をするのも悪くないんじゃないかな~って思っています。
ただし!お値段はちょっと可愛いとは言い難い11,000円!
ここをどうとるかですよね~!ロマン枠と見るか、ちょっとロマンには高いとするか。
悩みどころです。

3.最後に 

個人的にアウトドアナイフって先がとがっていない所が魅力です。
作業に特化した職人のアイテムってイメージです。
かつて映画の影響でランボーナイフに憧れを持ちましたが、今はあのやる気満々な感じよりもいぶし銀的な職人の技に惹かれます。
年を取ったからかな(^^;
でも無駄と言われても、その道具を使う時間を楽しみたい!
それだって悪くなさそうじゃないですか。
う~ん!どちらも欲しいけど、検討します(^^;

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事