コスパで選ぶファミリーキャンプのテント!2022年!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
大型のファミリーキャンプのテントにはあまり興味なかったのですが、先日アウトドアショップで見て感動しました。
やっぱりブーム前とは違うな~。コスパスゴイ!
大きすぎるのと手間がかかる事、また形も似通っていた事から初期から興味を無くし
重装備テント設営
もっぱらモンベルのムーンライト7型を愛用していました。
設営が1人で10分もあれば立つので全く不満の無いテントです(^^
モンベルのムーンライトに学ぶ簡単テントを選ぶコツ!
しかしこれも2019年の記事!時代も変わっているようです。
今回実際触ってきた中で、「これはコスパいいなぁ」と思ったテントを紹介したいと思います!
いろいろあったのでとりあえず2ルーム以外です。

1.ファミリーキャンプのテントのコスパを考える!

単に値段が安いからコスパ良い!とはしたくないのがコスパというもの。
コストと能力が釣り合ってこその「コスパ」ではないかと思いました。
というのも外遊び屋はコンパクトなソロ用テントをいくつか持っています。
20,000円から2,000円程度の物ですが、やっぱり2000円の物と20,000円の物では当然違いが出ます。
安い物は生地が弱く水漏れしたり、フレームが脆く設営時や風で壊れてしまう事がありました。
ソロキャンプなら自分が我慢すればいいのですが、大事な家族と行くファミリーキャンプ!
テントが脆く壊れても最悪の思い出になるばかりです。
また気軽に気分で決めれるソロキャンプとは違い、家族みんなの日程を調整して確保した時間!
ちょっとした荒天なら、キャンプに行きたいともうのも人情!
なのでそれなりの信頼が置けるテントが良いのではないかと思っています。
それを含めて2つほど見てきたものを感想と共に書きたいと思います!

スポンサーリンク

2.広い前室!コールマン ウエザーマスター!

最初にびっくりしました!

コールマンのウエザーマスター!
色合いも良いのですが、フライが2重になっていて中に熱気が籠りにくいテントです。
これはお店のスタッフさんの腕もあると思うのですが、綺麗に張れていたのでテント生地が非常に綺麗に見えました。
テカリなど安っぽさもなく、しっかりしたものでした。
ポールに若干の不安はある物のそこはコールマンという信頼のブランドが作っているので、ある程度の強度は期待できそうです。
もちろん不安があると言っても華奢な感じはありません。
風ではある程度揺れるな~って感じの不安くらいです。

広めの前室もあるので家族四人なら十分なスペースがあります。
また色も「ザ★コールマン」という色でなく落ち着いているのもいいですね。
うまく使えばタープは必要無いので、これはいいなぁと思いました。
いやむしろファミリーテントって面白いな~って気持ちにさせてくれたテントですね。
お値段も5万円を切ります。これは凄いな~って思いました。
見た目も実用性も高そうです。
いわゆる2ルームではないのですが、色々遊べそうです。

 

3.ファミリーテントのコスパ最強?スノーピークエントリーパック!

存在自体はかなり前から知っていました!スノピのエントリーパック!
とはいえ今更エントリーパックも必要ないよなぁと思っていましたが、テント単体と考えてもアリだなと思いました。
それが

こちら!
タープも良い形で連結しやすそうというのもありますが

この前室がたっぷりと取れるテントが良いですね。
実際今までよく見てなかったので、アメニティドームだと思っていました。

しかし実際には

ヴォールトだったんですね!テント単体でも33,000円とスノーピークとしては手が出しやすい価格です。

シェルターとしても使えて、十分なスペースがあるのもちょっと欲しいなぁと思うところ。
庭に常設したい!4人でも十分なスペースがあるそうです。
ちなみにタープとポールのセットだと60,000円位!
スノーピークがこの値段で出してくるってすごいなと思いました。

4.最後に 

先日もツーバーナーを久しぶりに見てその進化ぶりに目を見張るものがありました!
いらない?キャンプのツーバーナーが進化!目から鱗の4選!
今回のテントもびっくりしましたね!生地もしっかりしているし、ショックコードなども以前より断然良いです。
そのうえで安いって・・・。まだ2ルームテントも見てきているので、それも詳しくレポートしたいと思います!

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事