いらない?キャンプのツーバーナーが進化!目から鱗の4選!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンプと言えば焚火派で、予備でシングルバーナーを持って行くくらいでツーバーナーは必要無いかなと思っていました。
その理由としてはツーバーナーは重くてかさばる!収納、設営時に置き場所に困るといったイメージでした。
というのも外遊び屋がイメージしているのは

王道のコールマンの物や

ユニフレームの物でオシャレキャンパーさんが持つものと思っていました。
それから幾年か時間が流れ、興味もほとんど持っていませんでしたが、最近その進化には驚きました。
オシャレキャンパーじゃなくても持って行っていいんじゃないか?
雨キャンプもこれを持ちこんで料理しても楽しいんではないか?価値観が変わりましたね。
そのきっかけとなった4台のツーバーナーコンロを見ていきたいと思います。
いや、スタイリッシュな物やかっこいい物が増えましたね!

1.スタイリッシュの始まり?プリムスのオンジャ!

数年前に見てびっくりしたツーバーナーです。
外遊び屋が初めてツーバーナーを欲しいと思ったものかもしれません。

プリムスのオンジャ!
これはびっくりしましたね!先ほどに挙げた王道の2つとは全く違う形状!
ふたを開けて風防にするのがツーバーナーと思っていましたが、この発想はありませんでした。

収納は43×14×30cmと小さいという訳ではありませんが、かっこいいなぁと思うのは事実!(^^
このスタイリッシュさ!感動しましたね~!
ちょっとしたテーブルに置けるサイズで、場所も取らないのも良いです。
お値段は25000円位!検討できる範囲かな~!

しかしこれだけではないんですね!コンパクトになるものも出ています!

スポンサーリンク

2.さらにスタイリッシュになったプリムスのキンジャ!

オンジャの次はキンジャです(^^
これは先日お店で見かけてびっくりしました!

更にスタイリッシュになりました!プリムスすごいな~!
形状としては王道型に近いのですが、ガスが1本で使えます。
最初「うそでしょ?」と思いました。今までのガスは火口ごとにガスが1本必要と思っていました。
それが1本!なので見た目も非常にスタイリッシュになりました。
黒を使っているのもかっこいいですね。

収納サイズも47.5×29.5×7.8cmとかなり薄くなり、これなら邪魔になりにくいかもと思わせてくれます。
いやかっこいい!ただお値段は35,000円くらい!かっこいいけどちょっと手が出づらい価格かなぁ。

 

3.シンプルさが魅力!SOTOのレギュレーター2バーナー GRID!

プリムスが続きましたが続いてはSOTOです。
ガスに強いメーカーですが、それほどスタイリッシュなイメージはありませんでした。
しかし、この期待を裏切られましたね~!

このシンプルさです!

風防も外せるので、シンプルなコンロにできます。
必要な方向だけという事もできる汎用性の広さもいいですし、シンプルな分焚火リフレクターを使ってもいいなぁとも思いました。
何より

CB缶の使えるツーバーナーというのがありがたい!
手軽にガスの補給が出来ますし、キャンプ以外でも使うので汎用性が高いですね(^^
また

オプションパーツで調理場を広くすることもできます。
これ便利そうだな~って思いましたね。
収納サイズは468×251×116mm!そのまま持ち運ぶタイプなので、ちょっとケースは欲しくなりますね(^^;
お値段は27,000円くらい!安くは無いですが、この感じ好きだな~って思いました。

4.見た目がかっこいい!アラジンカセットコンロ!

これまではスタイリッシュでしたが、今回は重量版です。
しかし実際に手に取って見てきましたが、これはかっこいいと思いました!

大きいです。かさ張りそうです。収納大変そうです。
でもかっこいい!この重量感!堂々とした出立!感動しました。
まさにお店の中で目に留まったアイテムです。
また見た目だけでなく

CB缶が使用できるうえに、火力の違うコンロとなっています。
これすごいな~!使い勝手が良さそうですね!

ガスが鉄板の下に来ないので輻射熱を気にせずに使えるのも便利そうです。
これはヘビーなキャンプなどではかなり活躍しそうです。

確かに大きくと重いです。それでも魅力に感じてしまう一品!う~んいいなぁ!
お値段25,000円くらい!う~ん!魅力!!