テンマクデザイン新発売!「テンゲルコンパクト」!ソロドーム以上?
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
テンマクデザインより新しいテントが発表されました。
「テンゲルコンパクト」と「テンゲルコンパクトライト」!
既に発売されているテンゲルスタンダードの軽量版のようです。
そのテンゲルスタンダードが

こんな感じのテントです。
ちょっとオガワのステイシーのような感じですね。

ただ一方で

前室もありバンドックのソロドームやコールマンのツーリングドームにも近く見えます。
今回バンドックのソロドームと比較しながら、軽量になったテンゲルのスペックにも迫りたいと思います。
20,000円以下で買えるテントとしてはかなり魅力的です(^^

1.テンマクデザイン「テンゲルコンパクト」と「ソロドーム」比較!

ソロドームはヒロシさんも使っていたコンパクトになるバンドックより発売されているテントです。
外遊び屋も
ソロドーム
購入しました!カヤックに積載できるサイズで楽しみです(^^
BUNDOK(バンドック)ソロドーム!ファーストインプレッション!
これとテンゲルコンパクトを比較していきたいと思います。
●設営サイズ
テンゲルコンパクト:210×280×115cm
ソロドーム:200×150×110cm
●インナーテントサイズ
テンゲルコンパクト:205×120×108cm
ソロドーム:200×90×100cm
こうしていると中の広さが30㎝ほど違いますね。これはゆとりを持って過ごせるサイズです。
設営サイズが大きく違うのは前室を広くするためのフレームがテンゲルコンパクトにはあるのでその分前室と後室が広く取れます。
ソロドームよりツーリングドームの方が比較に良かったかな(^^;
●収納サイズ
テンゲルコンパクト:50×直径18cm
ソロドーム:/38×15×15cm
ここはソロドームの方がコンパクトになります。ポールが1本多いので仕方ありませんが、それでもこのサイズになるんだと、ちょとびっくりです。
ただ外遊び屋的にカヤックの積載を考えると50㎝はちょっと大きすぎるかな。
●重量
テンゲルコンパクト:4.13kg
ソロドーム:1.88kg
これは大きくソロドームが軽くなっていますが、フレームが多く、生地も多い。そしてサイドウォールまであるので仕方ないですね。
決して無駄に重いわけではありません。意味のある重さです。でもカヤックはやっぱり無理かな。
ただ全体的にコンパクトで携行しやすいテントであることは良く分かります。広いですしね(^^

スポンサーリンク

2.テンマクデザイン「テンゲルコンパクト」の魅力!

テンゲルスタンダードには食いつかなかったのですが、このコンパクトに魅力をかなり覚えています。
その理由が

(出典:テンマクデザイン公式HPより)
サイドウォールがが付いています。
キャノピーをタープとして使いたいので、このサイドウォールは日よけにも雨除けにも便利です。
さらに

(出典:テンマクデザイン公式HPより)
出入りにメインをあけなくてもサイドから出入りできるんです。
冬場の寒い時に開け広げなくても出入りできるのは面倒でないのでいいなぁと思います。
前室が広いので出入りも簡単そうだし(^^
この2点!かなり魅力的である上に、現在発表されている価格は19,800円!さらに魅力的です。
ただ色が・・・(^^;

3.最後に 

テンマクデザインのテンゲルコンパクト!なかなか考えてあるな~って思います。
前室が広いので車で行くソロキャンプにはいいなぁと思っています。

コールマンのツーリングドームとも近いようで明確な差もありますし

もちろんソロドームとも違いますね。
面白いし、値段もお求めやすいですが、色がな~~(^^;

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事