今すぐできるキャンプの寒さ対策と2022年キャンプアイテム紹介!
スポンサーリンク
Pocket

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。
外遊び屋です。
今朝も寒い朝となりました。
比較的温暖な瀬戸内海沿岸も予想気温0度と冷え込んでいます。
まぁこの寒さの中寝袋でぬくぬく、顔だけ寒いという体験も嫌いではないんですね(^^
それでも寒さに困っている方!
ペットボトルなども湯たんぽの代わりになりますので、湯を沸かす事が出来れば試してみてください。
また寝袋の中に着替えなどを入れるて体との密着をあげることで保温力も若干上げることがあります。
足元や肩口、あとジッパーのところなどに入れてみると少し寒さが緩和することもあるので試してみてください。
その他の今すぐできる寒さ対策は「今すぐできる!極寒キャンプの寒さ対策!温かさを逃さない工夫!」をご覧ください。
また0度までの外遊び屋の寒さ対策のお話は「冬キャンプの0度まで耐える寒さ対策!手軽にできる対策と注意点!」をご覧ください。
さて今回は寒さ対策と2022年のキャンプギアの紹介です。今年のキャンプを組み立てる上で重要になるアイテムを紹介です。

1.2022年基本となる3つのテント!

キャンプの居住空間を確保してくれるテント!
今年は3つのテントを中心に組み立てていきたいと思います!
主力となるのは
Onetigris
OnetigrisのOUTBACKRETREATかなと思います。
二人でも十分使える広い居住性と
Onetigrisのテント設営
前後左右がメッシュになって高い通気性で涼しくできる暑い時期には欠かせないテントです。
デュオキャンプでも活躍してくれるのでやはりこれが基本になってくるかなぁと思います。

またソロキャンプでは寒い時期には
設営
テンマクデザインの廃版パップテントの炎幕DXのEVOかなと思います。
居住空間が広いのとスカート付きなので結構暖かかったんですね。
大きくてかさばるので、時間が取れるキャンプの問いに使いたいテントです。
キャノピーが広く焚き火の前で横になれるのも大きな魅力です。
最近は

煙突穴とインナーテント付きでポリコットンのテントが20,000円を切っていますからね。
パップテントも2022年もっと便利になるのかなと思います。
そして3つ目は無人島キャンプや夕方以降に入る時に使いたい
バンドックソロドーム
バンドックのソロドームです。
まだ使用回数は2回ですが、コンパクトになり設営がこんなに簡単なテントは初めてですね。
キャノピーがあるのも夜露に濡れにくいので重宝しそうです。
中はちょっと狭いですがソロでこじんまりするキャンプにはちょうどいいかな。
荷物を減らして挑まないと、夜に収納しきれませんが、これをきっかけに所持品を見直そうと思います(^^

スポンサーリンク

2.2022年基本としたい焚火台!

焚火台コレクターである外遊び屋ですが、今年は4つの焚火台を基本に組み立てたいなと思っています。
まずはやっぱり欠かせない
焚火
ピコグリルですね。軽量コンパクト、さらに薪を選ばない汎用性の高さは頼りになる一台です。
去年はロストルが劣化して壊れて買い替えたので今年もハードに使える心強いアイテムです。
無人島キャンプにはやはり欠かせない焚火台かな。
ピコグリル398は壊れても安心?!新しい火床のフィット感を検証!

そして昨年手に入れて使いこみたいなと思っている焚火台が
竹の風防!
ウルフアンドグリズリーのファイヤーセーフです。
この直火感覚なのに高い燃焼効率には正直ハマりました!
焚き火で魚を焼く
周りに魚を立てて焼くのも楽しいですし
囲炉裏鍋
Ujackのマルチ五徳がと相性もいいので、じっくり焚火を楽しむときにはピッタリだなと思っています。
またサイズも大きいので
囲炉裏スタイルで調理
薪を選ばないのも魅力の一つです。
直火感覚をたのしめる焚火台で、コンパクトにもなるのでしっかり使い込みたいですね(^^
直火感覚を味わう!ウルフアンドグリズリーのファイヤーセーフ!