安すぎ?8tailの「GOD. PUP」は冬も無骨キャンプできるテント?
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
中途半端な無骨キャンパーも僭称しております(^^
いや無骨に憧れながら、無骨に慣れない軟弱者ですが、無骨はかっこいいなぁと思います。
その無骨アイテムにパップテントがあるのですが、外遊び屋が使用するのは
テントの写真
テンマクデザインの廃版になった炎幕DXEVOです。
キャノピーがコットンなので収納は大きいですが、サイドウォールが日差しや風を遮ってくれるのでありがたいテントです。
廃版決定時のセールで20,000円位だったと思います。
しかしアウトドアブームの現在!もっと安価でかっこいい無骨パップテントが発売されおりました!
もう被るので買えませんが、かっこいいので詳しく見ていきたいと思います!8tail の「GOD. PUP」というパップテント!
冬キャンプにピッタリそうですよ!

1.謎なメーカー「8tail 」!

まず「8tail」というメーカーですが、少しGoogleで検索しましたが、詳しい情報がキャッチできませんでした。
しかし

一万円台でカーサイドタープを出していたり

ほぼ一万円でインナーテントとグランドシートまでついたパップテントを出しています。
これは楽しそうですね。楽天の会社概要だと大阪にあるメーカーさんの様です。
今まで知らなかったけど結構楽しそうなメーカーかもしれません。
ちょっと注目していこうかな。でも今回のGOD.PUPは楽天にはありませんでした。
Amazon限定??

スポンサーリンク

2.8tail GOD. PUPの魅力!

まず全景はこちらです。
8tail GOD. PUP ゴッドパップ サイドウォール付き ベンチレーション 軍幕テント パップテント スカート付 焚火 難燃 遮光 撥水
サイドウォール付きのパップテントです。
このサイドウォールが様々に変化できます。

(出典:Amazon8tail GOD. PUP商品ページより)
取り外しはもちろんサイドを完全に開いてしまうなど、その場の環境、気温で変化させられます。
自分のアイディアとスキル次第で色々な事が出来そうです。
また何より魅力を感じたのが最初の画像にもあるように換気口があるんです。
直径が11cmの丸い穴です。これって・・・煙突出せそうじゃん!!
狭いので設置は難しいですがフルオープンならここから煙突を出して薪ストーブも使えそうです。
薪ストーブでタープ泊といったイメージですかね。なんとも魅力です(^^
さらにこのGOD.PUPの素材はポリコットンです。
夏場は比較的濃い影を落とし、冬場は結露しにくいと言われる素材。いや結露はしますけどね。
加えて瞬間的な焚火の爆ぜた炭くらいなら穴が開きにくいという特性もあります。
今キャンプ界隈ではよく使われている素材ですが、これを使うと若干値が上がる傾向があります。
それでもこのテントは

なんと17,580円!なんとも魅力的なお値段です。
ポリコットンでこの値段のパップというのでテンション上がりますがこれだけではありません!

3.8tail GOD. PUPの充実セット!

ポリコットンでサイドウォールが変幻自在!また色々使えそうな換気口があり、比較的安価!
これだけでも十分な魅力なのですがセット内容もすごいです。

(出典:Amazon8tail GOD. PUP商品ページより)
【製品詳細】サイズ:フライ/約360×190×110cm インナー/約190×85×100cm
材質:フライ/コットン混紡生地(ポリエステル65% 綿35% 撥水加工 )
インナー/ポリエステルメッシュ
フロア/210Tポリエステル PU3000mm
ポール/スチール
付属品:ペグ・ロープ・エンドキャップ・メインポール・サブポール・収納ケース 重量:約6.6kg
なんとインナーテントだけじゃなくフロアシートも付いています。
それだけでもすごいな~って思いますが、ポールとサブポール付きです。
これだけついて18,000円切ってくるんですからすごいな~って思いました。
現在のテントを持っていなければ購入していたでしょうね!

4.最後に 

8tailのGODPUPというパップテントを見てきました。
機能も楽しそうだし、セット内容も充実しており、価格も安い!
いやホント一度見てみたい!とりあえず後輩君にも勧めておきたいテントですね。

17,580円!今のテントに何かあった時は検討したいと思いますが、パップテントはあるのでとりあえず

ソロドームに注視しておきます。しかし・・・いい物いっぱい出てきますね!アウトドアブームに感謝です(^^

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事